>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況

過去ログ(高級ホテル、幸福度ランキング、生活費など時事ネタ系)

更新日:




東京にて高級ホテル乱立

a0013382_22251857

東京で、ここ数年の間に超高級ホテルが相次いで開業するそうです。ペニンシュラホテルに至ってはなんと全室6万円以上!とんでもない価格設定です。誰が泊まるんだYO!といいたいところですが、結構泊まる人はいるのではないでしょうか。



台湾でいつもぼくが泊まるホテルはだいたい1泊7000円くらい(繁忙期なのでこれでも高い)ですが、すぐ近くのハイアットは安い部屋でも同じ時期は5万円~ということです。そのあたりの屋台でチャーハンを食べると一皿80円くらいですが、ハイアットのバーではビール1杯1500円くらいします。

日本ではあまり考えられませんが、台湾では一般人向けの施設と外国人向け施設とでは根本的に価格・性格が異なり、お互いそれぞれのテリトリーの外に出ないように思います。つまり現地人は外国人向けの高級施設には立ち入らず、外国人は現地人向けの夜市などには出向かない、ということですね。それぞれの「身分」に合った価格設定の施設を利用するといった感じです。ハイアットはやたら周囲に比較して高価であると言う印象を受け、周囲と価格のアンバランスさが目立ち、現地の人たちはこんな高級ホテルだれが泊まるんだYO!と思っているに違いありませんが、それでもぼくが行く時期はハイアットにはたくさん人が泊まっていますし、バーは満員です。

ペニンシュラの1泊6万円は、ぼくには到底出せる額ではありませんが、台湾のケースと同じように、それをポンと出せる人も多く存在するのだと思います。所得水準が日本平均よりも高い地区はたくさん存在するのです。日本は所得水準が高レベルで均一化し、高級なものがもはや高級ではなくなってきています。そこへもってさらに「高級」なものを持ち込もうというだけの話ですね。
高価なものにお金を払う、という行為はぼくのような貧民から見ると非常にもったいないように感じますが、それを払えるだけの所得を持つ人にとっては十分「価格に見合う」行為なのでしょう。高価なモノや高いサービスにお金を遣いたいが、それらが存在しないのでお金を遣えない、という人たちはたくさんいると思います。


生活ランキング

a0013382_23383170

日本における生活の豊かさは世界9位だそうです。
どうもこの調査項目・結果を見ると、社会保障の手厚い国が上位にあるようです。別の記事によれば4位カナダ、5位オランダ、8位アメリカ。アジアでは香港・シンガポールが23位。個人的にはスイスの順位が気になります。

さらに、社会保障が異様に充実しているとされるキューバなどはどうなんでしょうか。それはさておいてカボベルデってどこよ?という感じですよね。
【ジュネーブ共同】国連開発計画(UNDP)は、2004年版の「人間開発報告書」を発表した。平均寿命や就学率、成人の識字率、1人当たり国内総生産(GDP)などから割り出し、国民生活の豊かさを示す「人間開発指数」で、日本は5年連続の9位だった。1位は4年連続でノルウェー。2位はスウェーデン、3位はオーストラリア。対象は世界177カ国。女性の社会進出度で、日本は38位と前年の44位から順位を上げたが、議会の女性議員比率(9・9%)でジンバブエ(10%)に次ぐ101位、賃金の男女比でカボベルデに次ぐ100位(女性の賃金が男性の46%)など、調査対象5項目中4項目で低迷。推定年収だけが19位(1万6978ドル)と上位を維持した。(共同通信)】


出生率

a0013382_11595575

出生率の低下が叫ばれているわけですが、このままでは色々な弊害が出てくることが想定されるようです。ぼく個人の意見としては、急に人間が減るわけではないので社会構造も順次それに対応してゆくことを想定しており、そんなに気にはしていません。

しかしながら、ヨーロッパの先進国では同じ問題に直面し、それらを相当に大きな問題として取り上げる国もあるそうです。外国では移民はごく一般的なものであり、人口減少の解決策として「日本は移民を積極的に受け入れるべきだ」という意見も在日外国人からあがっているそうです。なんでも、かつてアメリカは80年代後半に外国からの安価な(違法)労働力の流入に悩まされて純粋なアメリカ人による生産・消費が低下してしまい、国力を下げたことがあるそうです。で、アメリカはどうしたかというと、外国人を排除することをやめて外国人を受け入れる政策を取った結果、アメリカ全体としてのGNPも増加し現在の景気に至る、ということでした。確かに、スポーツでもアメリカは外国人選手に対して寛容ですね。大きな賞でもその外国人が優秀であれば獲得できますし、記録に挑戦することもできます。しかし、日本では外国人選手が日本人の持つ記録に挑戦することすらままならぬことがあるようです。

幸福度

DSC01072

日本では、男性よりも女性の方が幸せの度合いが高い傾向にあるそうです。一般に海外では、日本は「男性優位社会」と受け止められており、それはある意味そうではありますが、イコール男性の立場が強いわけではありません。

海外の人たちはそこをうまく理解できず、「男性優位社会=女性が抑圧されている」と考えているフシがあります。
そこでぼくは思うのです。オイオイちょっと待ってくださいよ、と。ガソリンスタンドでも映画館でも「レディースデー」なるものはありますが、「メンズデー」というのは無いですよね。電車でも「男性専用車両」というのは存在しません、いや、あったら逆にキモイか・・・。
とにかく下の論評にもあるように、男性は社会的に優位であることとひきかえに、その責任が非常に重いです。
例えばですよ、女子が「いやん。重くて持てない」と言えば、ぼくら男子が荷物を持つしかないわけです。同じ事を男子が口にするのは認められません。失敗は許されない、上司の命令には絶対服従、家庭内で最終的に責任を負うのは自分、という追い詰められた状況があります。男は男でけっこうツライんだよ、そう思うことがあります。

【[東京 ロイター] 日本では、男性よりも女性の方が「幸せ」の度合いが高い傾向にある、歳を取るにつれ「幸せ度」は低くなる……これらは大阪大学の筒井義郎教授が行った調査により明らかになったことだ。またその結果は「ある程度の幸せはお金で買える」ことを示唆するものだった。
4,224人を対象に行った調査で、大多数は自分の人生に満足していると答えたが、わずか13%が幸せの度合いについて、「0~10段階評価」の4以下であると答えた。また、筒井教授のレポートでは、日本は男性優位な社会であり、その社会的責任の大きさから男性の方が女性よりもわずかに「不幸せ」であると思っている人が多いとされている。収入が増えるにつれ、個人の「幸せ度」が上昇する傾向にあり、ある一定の収入に達すると収入と幸福感が正比例しないことも分かった。
「収入に満足すると、別な要因が”幸せ度”に影響してくると考えられます」と、筒井教授はロイターに語った。】

生活費の高い都市ランキング

DSC02685

生活費の高さについて、あいかわらず日本が上位を占めている、というニュースです。どういった判断材料を基準にしているのかわかりませんが、ずっと前に見た内容では「土地・コーヒー代・交通機関の料金」が主な基準であったように思います。たしかに日本はそれらが高いですが、それ以外の工業生産品(車・家電)はずいぶん安いと思います。

工業品の主なメーカーが日本にあるのがその理由ですが、日本と同じものを海外で買おうと思うとかなり割高です。そういった要素や、所得水準に対する比率も加味して計算しなおすと日本はずっと下位に来るのでは、と思います。それはそれで様々な問題(車は必需品なのか、また海外にも家電メーカーはあるetc.)も含んでいるので、客観的な数値を出すのは実に難しいものだと思います。
もはや世界中で普及している携帯をひとつの基準として「所得に対する携帯電話購入費用レシオ」など算出すると面白そうですね。

【世界で最も生活費が高い都市は昨年に続き東京で、2位は大阪-。米調査会社マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングが20日発表した世界144都市の生活費ランキングで、日本の2都市が上位を独占した。ドルに対する円高進行などが生活費を押し上げ、大阪は昨年の4位から上昇。5位はソウルで、上位5都市のうち3都市をアジア勢が占めた。3位はロンドン、4位はモスクワ。中国は北京が昨年の11位から19位に、上海が16位から30位にそれぞれ後退。同社は、中国の人民元が事実上ドルに固定され、割安な水準になっていることが影響したと分析している。このほか上位は、ジュネーブ(6位)、チューリヒ(7位)香港(8位)など。】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●コラム/近況
-,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.