>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況

過去ログ(吸入パック、アイスクリーム、燻製など食べ物関係)

更新日:




牛乳パックの開けづらさについて

DSC01567

世の中は常に進歩しています。
一般消費財でもつい数年前には考え付きもしなかった製品がどんどん市販化されてくるわけです。そんな中、全く進歩しない、というかテクノロジーの進化から置いてきぼりを喰らった製品もやはり存在するわけです。



具体的に言うと、牛乳パック。あのフタの開けづらさはなんとかならないものでしょうか。一般に、ぼくは手先が器用だと世間では評されていますが、あのフタだけは苦手です。
焼きそばUFOもターボ湯切りになり、天そばどんべえも後のせサクサク天ぷらになったのに、牛乳パックだけはずっと昔のスタイルのままです。
否、見た目や構造はそのままでも張り合わせ技術の進歩で開けやすくなっているのかも・・・とも考えますが、やはり開けてみると昔のままです。とくにグリコの製品が開けにくいと思います。

モナカ

001

なんでもグリコから究極のアイスモナカが発売されたとのことで、早速購入してきました。食べている最中にアイスが溶け出してモナカ部分に染み込み、ふにゃふにゃになってしまうのを防ぐ為モナカ裏側に徹底的にチョコをコーティングして隙間を無くしたという製品です。

そんなワケで仕事帰りにコンビニへ直行したのですが、コンビニの扉に「猫もらってください」の張り紙が。成猫2匹なのですが、とても大人しくてひとなつっこいそうです。我が家で引き取ろうと思ったのですが、今居る猫と引き取った成猫との折り合いが付かなければ家の中が血の海になったりしてお互い不幸ですので、苦慮の末断念しました。

きっと転勤だか何かで猫と暮らせない事情に陥り、断腸の思いで手放すのだと思います。猫のことを考えない人間はいとも簡単に猫を捨てたりしますし、こうやって張り紙をするということは、真剣に手放す猫の将来を考えているのだと思うのです。

つい先日、人間と猫が一緒に埋葬された9500年前の墓が発掘されたりしていますが、猫と人間はそうやって有史以来深い関係にあったようです。そういえば、つい数年前までイギリスでは給料(猫缶)をもらって仕事(ねずみ捕り)をしていた、公に認められた公務員(猫)がいたそうですね。勤務先の衛生事情が改善してきたおかげで今では職を失い、年金生活を送っているそうですが・・・。

とにかく、猫が人間に対して出来ることはたくさんあり、我々人間が猫の為に出来ることもたくさんあるわけです(その逆~受ける被害もまた然り)。人間と共に暮らす猫はその人間により恐ろしく生活に差が出ることが想像され、できるだけ理解のある方の手にこの2匹が渡ることを願います。コンビニの扉を開けるほんの0コンマ数秒の間にそんなことを考えてしまいました。アイスモナカですか?ええ、美味しかったですよ。

白くま最新情報

bq3

ファミリーマートで「しろくまパフェ」なるものを発見しました。これはアイスでないのですが、ぼく個人的にはイマイチだと思っています。現在「しろくま」は非常にたくさんのメーカーさんが製造していますが、現在のところマイチャート1位はブッチ切りで昨年に引き続きセブンイレブン「和風しろくま」です(ハーゲンダッツに匹敵する高価格帯商品です。買うときに躊躇してしまいます)。今年は猛暑のため、例年に無くアイスの類が売れているそうですが、セブンイレブンのアイス売り上げベストテンを入手してきました。

1位 実たっぷりのアイスバー(パイン)

2位 ふんわりかき氷 いちご

3位 ワッフルバニラコーン

4位 和の匠 旨みあずき

5位 ワッフルコーン カプチーノ&ミルク

6位 練乳ミルク かき氷

7位 チョコもなか ジャンボ

8位 クーリッシュ(バニラ)

9位 和風しろくま

10位 パルフェキャラメルマキアート


自家製燻製器を作ってみる

a0013382_17484171

以前(といっても3年ほど前)にボクスターのシールド用に購入しておいたアルミテープや銅板、その他素材が余っているので活用方法を考えてみました。そのほかにも他の車のフロントグリルにでも使おうと思っていた金属ネット、ステンレスのパイプなどが余っています。そんなわけで、スモークグリルを作ってみました。車とは全く無関係ですし、スモークにも全く興味が無いのですが、なんとなく成り行きです。

ナイキの靴の空箱にアルミテープを貼って内面をシールド、下には炭とチップを置くトレイ。トレイの下にはこれも余っていたタイルを敷いています。炭周辺には熱対策としてアルミ板を仕込みました。遮熱版の要領ですね。箱の側面にはステンレスパイプを貫通、その上にネットを置いてウインナーやチーズを燻製にする予定です。

台湾料理について考える

a0013382_22431466

台湾の料理は、いわゆるぼくたちが思っている「中華」とは異なるように思います。ぼくは、基本的に現地に入ると現地の人と同じ食べ物を摂るようにしています。で、現地の食堂に入るとテーブルの上に調味料が(日本と同じように)置いてあり、赤酢や黒酢が置いてありました。そういえば日本でも黒酢が流行ったのに最近はあまり話しすら聞かないな、と思ったりします。

ぼくも日本で黒酢を買ってきて使ったりしましたが、いまひとつなじめずに、ぼくの中における黒酢ブームはそのままフェードアウトしてしまいました。とにかく体に良さそうではあるので、ここ台湾でも出てきた料理にその黒酢をかけて食べたのですが、これがまたイケルのですね。やはりその国の調味料というものはその国の料理にあわせて使うものであり、たとえそれ単体が美味しいとしても日本の料理にヨソの国の調味料をそおのまま使うのはあまり合わない、と感じました。今回試した黒酢などは、台湾のオイリーでソルティーな料理にかけると非常にさわやかなハーモニーを奏でて料理・酢ともに味がひきたつのですが、もともとヘルシーな日本料理に台湾の黒酢を使っても双方の価値を損なうのみである、ということです。トマトやチーズ単体よりも両方を一緒に食べたり、ある種のワインとある種の料理を一緒に食べる方がより美味しい、というのと同じですね。現地のビールも現地の料理と気候に合わせて作られているので、現地で、現地の料理とともに食べるのが正しいと思います。

そういえば以前、外国人(欧米人)と商談をするのに、こじゃれた中華レストランに入ったことがあります。
お店はこじゃれているものの、そこはやはり中華料理店なので、出てくる料理はやはり中華です。隣のテーブルにも中国人と白人2人が座り、なんとなく「商談している風」ではありました。
彼らはコース料理をたのんだようで次々と料理が出てくるのですが、料理が運ばれてきたときの白人のリアクションが面白いのですね。見るからにエグい料理が出てくると、彼は一瞬フリーズしてしまうのです。その料理がエグければエグいほどフリーズする時間が長く、それは彼の精神的ショックをあらわすバロメーターでもありました。よく外国人が路上でパントマイムをしているときに人形のフリをしたりしますが、あんな感じですね。白人にとって、中華は素材や調理法が解せないものも多く、やはり白人との商談の際は中華を避けるべきだと思います。

a0013382_12522644

画像は「新竹」という地域のお店、この辺りはビーフン発祥の地ということで、たくさんのビーフン屋さんがあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●コラム/近況

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.