>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●ファッションや小物、ガジェット系

過去ログ(ファッション関係)

更新日:




クロムハーツについて考える

a0013382_10204863

雑誌やTVでは「男性用化粧品や男性用下着が大人気!」などとよく報道され、消費の主権が女性から男性へと移ってきているような言い方がなされています。
化粧品には興味がありませんが、以前から下着にはコダワル方だったので時々下着を買いに行ったりするのですが、百貨店の下着売り場には男性客というものをほとんど見かけません。



やはり頼まれて買いに来た主婦やプレゼントを物色するうら若き婦女子ばかりで、そんな光景を目にすると「ここは神聖な男性用下着売り場だぜ!女子供が来ていいところじゃないZE!」などと思うのですが、報道とは裏腹に男性用下着シーンの「盛り上がり」というものを全く感じることができません。

実際に人気というものは大してなさそうであり、それを裏付けるように専門店は出来ては潰れ、を繰り返して、今では一番豊富な品揃えをしているのは大阪では梅田大丸百貨店となってしまいました。ブランド自体も、さまざまなところが参入しては撤退を繰り返しているので製品寿命も短く、気に入ったものがあっても、次に同じものを買いに行ったときにはすでに廃番(ブランドそのものも)になっていた、というケースも多々あります。

そんな中で統一されたアイデンテティーを持ちひたすらシェアを拡げるポール・スミス、版権元が移り変わりながらも最近になり方向性を見出したDKNYが現在のところ最大勢力かと思いますが、そんな中強力なニューカマー、「クロムハーツ」が登場しました。
クロムハーツといえばアレです、ぼくも何点かシルバー製品を持っているのでやはり気になります。早速チェックしてみたところ、なんか普通な下着に「ユリ紋」のタグが付いただけで、一見しただけでは「クロムハーツ」さが感じられません。
ロゴを入れたりすると、Tシャツなどと被ってくるので版権元のしがらみもあるのだと思いますが、これからの展開に期待です。

ペイントジーンズ

a0013382_1223532

最近(というかここ1年ほど)ぼくはペイントジーンズに凝っているわけですが、そろそろ既製品では飽き足らなくなってきたのでオリジナルを作ってみることにしました。そこで、まず

1)絵を描いてみる
とりあえず、絵を描いてみました。ぼくとしてはバスキア風を狙ったのですが、妻は「猫にしか見えない」と言います。←失敗
2)ランダムにペンキをつけてみる
手元にあった油性ペンキを適当にぶっかけてみます。しかし、ペンキが薄かったのか、生地に吸い込まれてしまってうまく色が乗りません。結果、生地に吸い込まれたペンキが固まってバリバリになり、履きにくくなってしまいました。←これも失敗
マルジェラに端を発するであろう衣類へのペイントですが、これらファクトリーものは生地の裏側までペイントが浸透していないので、察するにどうも特殊なペイントを使用していると思われます。とにかく失敗してしまったジーンズですが、いっそのことローラーで全面ペイントでもしてみようかと思います。

セイコー・エアプロの価格が高騰中

a0013382_23144621

エアプロが高騰しています。
とにかくぼくはエアプロが好きなので適正価格であれば購入するようにしているのですが、ここ半年で2倍ほどに価格が上がってしまったように思います。使いやすいのはミッドエアですが、やはり初期の塗装モデルが美しいですね。

ちなみにロボエアは対象外です。エアプロは意外と寿命が長く、96年頃まで販売されていました。その期間には最初の長野オリンピックはじめカステルバジャック、ガンダム、ファイナルファンタジー、ウイリアムズ他多くのコラボモデルが作られています。コラボモデルは変えることができる部分全ての色を変えてみました、という感じでチグハグな印象のものが多く、ぼくは標準モデルのみしか購入していません。

イーグルス

IMG_1016

イーグルス来日です。彼らの年齢や健康状態、今までの来日ペース、グループ内の不和を考えるともはや最後の来日と考えても良いでしょう。ぼくにとってのイーグルスは、「ホテル・カリフォルニア」でもなく、「呪われた夜」でもなく、「テイク・イット・イージー」でもなく、「ライフ・イン・ザ・ファストレーン」です。
だれが何と言おうとぼくはこれです。「ヤツは頑固者で、だけど残酷なほどハンサムで、彼女は信じられないほど美しかった。」これです。ぼくの車のCDチェンジャーにはイーグルスのライブ盤が常に入っていて、車に乗ると必ず聴きます。ジムでも(iPODで)イーグルスを聴きます。

イーグルスにはふたつの個性があって、それはもちろんドン・ヘンリーとグレン・フライなのですが、非常にギリギリの線でバランスしていたと思います。それぞれソロになるとドン・ヘンリーは「ニューヨーク・ミニッツ」のような社会的で内省的な曲(この曲を聴いてぼくは証券会社へ就職を決めたようなものです)、グレン・フライは「トゥルー・ラブ(一度フェードアウトするところがイカス)」のような土臭いソウルナンバー、と見事に個性が出るくらいなのですが、それがイーグルス内でなんとか調和を保っていたのですね。彼らはたぶん史上最も多くのディスクを売ったグループだと思います。

ビースティ・ボーイズ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビースティ・ボーイズが人気です。
デビュー当時は今度DefJamから白人ラップグループがデビューするぜ!というウワサが凄い勢いで駆け回り、当時DJの真似事なんかしていたぼくも「マジかYO!ディスク仕込まないと!」とかあせったものです。

白人ラッパーは今でも珍しいくらいなので当時は驚きの存在でした。それからはヴァニラアイス、スノーなど出てきましたが生き残っているのはビースティだけですね。DefJam創世記のメンツでも生き残っているのはビースティ、LLクールJ(最近は俳優業ばかりですが)くらいのものだと思います。

なんといっても当時最強だったのはランDMC、すごく苦労してフランス物のアディダス・スーパースターを入手し、それ以後も何足かはきつぶしながらも必ず1足は持ち続けています。話がそれましたが、ビースティが特徴的だったのはその詩の内容でした。

黒人ラッパーがやり場のない怒りやどうにもならない日常に対する不満を音楽にのせてブチ撒けていたのと対照的にビースティは「ママン!オレのエロ本捨てるなYO!」とか青少年がかかえる些細な日常の問題を軽妙に、斜に構えて流していたところが支持を集めたのだと思います。その後は微妙にNewアルバムごとにキャラクターを変えてみたりして新鮮味を保ちつつ現在に至りますが、いまや彼らはかつてそうであった「ビースティ」でも「ボーイズ」でもないように思います。やはり、ぼくはデビュー当時の彼らが好きでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●ファッションや小物、ガジェット系
-

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.