>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況

過去ログ(駄文関係)

更新日:




ヒゲ

DSC02156

ぼくはヒゲが比較的濃いです。
ですので、剃った後なんかは剃り跡が青々していることもあり、ちょっとイマイチです。そんなこともあってヒゲは2~3日伸ばしておいた方がかえって自然に見えると自分では考えていますので、ぼくは3~4日に一度しかヒゲを剃りません。そういった理由もあって、ぼくと会った日によっては「ヒゲが伸びた状態のぼく」しか知らない人や「ヒゲが伸びていない状態のぼく」しか知らない人もいるわけです。



ちなみに中国では「ヒゲ」は非常に嫌われるみたいで皆きれいに剃っています。しかしですよ。
一方、地域によっては女性がワキ毛を剃ることはまだまだ常識化していないようで、ワキ毛を伸ばしている(というか伸びたまま放っている)女性も珍しくありません。
ぼくが良く行く地域は華南ですので温暖な気候であり、女性はノースリーブを着用していることも多いのですが、それでもワキ毛が伸びたままの女性を見かけます。で、先日、そんなワキ毛を伸ばしている女性から「ヒゲは不潔なので剃ってください」と指摘を受けました。
「オメーに言われたくねーよ!」とか思ったのですが、結局、次の日にヒゲを剃りました。

人生の折り返し地点

IMG_0332

村上春樹の短編に、30歳の誕生日を人生の折り返し地点として定める男の話があります。
ぼくがはじめてこの短編を読んだ時は18歳で、30歳などとうていやってくるはずも無い未来のように思ったものです。仮にぼくだったら、とそのとき思いました。

ぼくは何歳で人生を折り返すだろう。いろいろと考えたあげく、ぼくは35歳で人生を折り返すことにしました。早いもので昨年の12月でぼくは35歳になり、従ってすでに自分の人生を折り返したことになります。実際にぼくが折り返しを意識したのは誕生日の2ヶ月ほど前、昨年10月、そこにはひとつだけ大きな意識の変化がありました。
ぼくは色々とあって、「あえて紳士ではないこと」を行動規範のうちのひとつに定めていましたが、同じようにまたいろいろあって、「紳士たること」にチェンジオブマインドしました。
おかげでぼくの行動はずいぶん変わったと自分では考えていますが、傍から見ると自分が思ったほど変わっていないか、もしくは全く変化がないのかもしれません。

changing man

b2

人は変わってゆきます。正確に言うと、「ほとんどの」人が変わってゆきます。「高校教師なんかやってらんねえ」とか言ってラディカルな楽曲を発表したスティングも凡庸になってしまいました。

「Time makes me change」と歌ったデビッド・ボウイはかつて時代の先を行き、時代に追いつかれ、そして今や時代に追い抜かれてしまいました。
しかしミック・ジャガーはいつまで経っても彼のままです。
エアロスミスもそうですね。時代に迎合し、また時代と共に、年齢と共に変わってしまった人たちは時代に取り残され、時代を無視してずっと変わらなかった(変えようとしなかった)人たちは時代を超えてもなお支持をあつめる。妙なものです。

無価値な人間

DSC04427

社員を雇ったり、派遣社員を探すときには実際に会う前にまず履歴書や経歴書を見るわけですが、けっこう皆いろいろと資格を持っているのですね。

知らない人間を判断するにはまずスペックを見る以外には無く、そういった紙切れで人間を判断してしまうのは大変に申し訳ないのですが、やはりそれ以外に判断基準が無いのが現状です。もちろん資格を持っていても人間的に問題のある人もいますし、資格を持っていなくても優れた人間はたくさんいます。
資格を持っていても応用力が無ければその資格の意味をフルに発揮できませんし、そうなると無資格でも応用力のある人間の方が良かったりします。人間が人間を判断するのは難しく、そこにはある種の責任が伴うなあ、そんなことを色々と考えていたのですが、ふと「自分自身を紙切れに換算するとどうなのか?」と思いました。ぼくは現実問題として人に誇れる資格をなにひとつ持っていないので、紙切れにしてしまうと「無価値な人間」となってしまうのですね。

when I look back my ordinary, ordinary life

a0013382_2315272

ときどき、人生全てをリセットして出直したくなるときがあります。今まで築いてきたもの、身の回りにあるもの、そんなもの全てを捨てて出直すわけです。非常に大きなリスクを伴うのですが、別の人生を生きてみてもいいんじゃないか、そう考えることもあります。

昔、電車で通勤していた頃、良く考えたものです。
このまま会社へ行く電車に乗らずに反対のプラットフォームへ行って違う電車に乗り、行けるところまで行く。そしてヤミで他人の戸籍を手に入れて、他人になりすまして一生を送る。そこには別の人生が待っているのだろうか。

電車の座席について

電車に乗ったりすると、席が空いていることがあります。ぼくは、基本的に電車では席に座りません。もしもぼくが席に座った直後にお年寄りやハンディキャップを持った人が乗ってきたら?席を譲らなくてはなりませんね。そこまでは普通だと思います。

ですが、ぼくはいつもその先を考えるのです。席を譲るのはどのタイミングが良いのだろう?今立つと、目の前にいるオバハンが飛んできて席を取り、本来席を譲ってあげたかったオバアチャンを座らせることができないのではないか?オバアチャンがぼくの近くに来るまで待つべきだ、いやでもぼくより先に他の人が席を譲ったら?ぼくはきっと自己嫌悪に陥るだろう。なぜもっと早く席を立たなかったのか、と。いや、第一席を譲って断られたら?元の席に戻るわけにもゆかないし、すごすごと移動するのも恥ずかしい。そんな考えが一瞬のうちに頭を駆け巡ったりして、実際にそんな思いをするのなら、いっそのこと立ったままでいようと思うのです。

ちょっとしたことで、人を見る目が変わる件

DSC03563

ちょっとしたことで、人を見る目が変わることってありますよね。
以前、そういった出来事を書きましたが、再びそのような事があったので書いてみます。

ぼくはその時中国にいたのですが、ベンチに座ったときに隣にいたオバハンがずっとぼくを見ているのです。ぼくは良く中国人から好奇の目で見られることがあるので当初はあまり気にしていませんでしたが、オバハンはついにぼくに話しかけてきました。
はっきり言って「オバハンといえばこれしかない」というくらいの典型的オバハンです。案の定中国語ですので、言っていることが良くわかりません。

そこでぼくは「すみません、中国語はよくわからないんです」と中国語で答えたのですが、そうするとオバハンは流暢な英語に切り替え、「電話をしたいが公衆電話が壊れている(中国では良くある)ので、携帯電話を貸してもらえないだろうか」と聞いてきました。仕事で英語を使う環境の人はともかく、すっかりナメきっていた通常のオバハンが英語を、しかも流暢に話すことなどありえないので、ぼくはかなり驚きました。

話をきいてみると彼女は現在ロスに住んでいる台湾人で家族を尋ねて中国にやってきたということであり、さらには日本語(植民地の関係だと思う)まで流暢に話していました。、見た目普通のオバハンが3ヶ国語をあやつるとは、してやられた感でいっぱいです。

英語名

a0013382_11402149

以前、格好良い英語名を考案しようとしたが面倒なのでやめた、といった話を書いたような気もします。
ぼくは海外では「JUN」で通すことが多いですが、それも「JUNE」とよく間違えられ、「女性の名前みたいだ」と言われるということも書いたように思います。そしてやはり、というかその間違いは収まる気配はなく、逆に拡大傾向にあります(ちゃんと名刺にもEメールの署名にも「JUN」と書いてある)。

そんなわけで、再び英語名を考えようと思います。ぼくのイニシャルは「J」なので、「JAY」などはどうでしょうか。ちょっとフランクすぎるような気がします。ちなみにぼくの名前は英語圏の人には発音しにくく、縮めて「JJ」と呼ばれた事もありますが、実際のぼくの名前に似たような発音では「JONES」「GEORGE」などがあります。このうち、「JONES」はファミリーネームに多そうなこと、さらにありふれた姓であることから「月並みな」という意味も持ち合わせていますので、ちょっと嫌です。「GEORGE」については6世紀までの英国王の名前でもあり格式が高そうですが、「ジョージ・ブッシュ」を連想させますね。「JEREMY」なんかはどうかな?と思うのですが、発音によっては「ジェイミー」と間違えられる可能性もあります。そんなわけで、英語名をひきつづき考えることにします。
アジアの人には、なぜかフランスっぽい名前(クリオとかカミーユとか)を付けている人も多いですが、イタリア系の名前を付けている人はまだ見たことがありません。

人間の変化について考える

dsc00824

人間の変化についての考察です。皆子供の頃にはいろいろな夢を持っています。しかし、皆が皆とも必ずしもそれを実現できているわけではありません。経済的な問題もあり、能力の問題もあり、それは仕方のないことです。

ぼくが思うのは、いつ人は「オッサン」になり「オバハン」になるのか、ということです。男性でいえば「オッサン」の典型は酒やタバコや飲み屋通いやゴルフ、といったところでしょう。子供の頃は酒やタバコなど美味しいとは思わないはずですし、野球選手になりたいという夢を持つ子供は多いですが大人になったら「飲み屋通い」をするのが夢だ、という子供は皆無だと思います。しかし現実はどうでしょうか。

ほとんどの人(男性)は酒を飲んでタバコを吸って、飲み屋でくだらないダジャレとか下ネタを言ったりするわけです。夢を果たせないのはまあ仕方がない、しかしなぜ子供の頃にはまさかそうなるとは想像だにしなかった大人になってしまうのか?この変化の要件のひとつとして、「味覚の変化」があげられると思います。味覚の変化による行動半径・出没地域の変化、それに伴う生活スタイル(夜型への移行)の変化、体型の変化が現れるのではないでしょうか。

モチベーション

a0013382_23312576

何のために仕事をするのか、とふと考えることがあります。ぼくはお金には執着心が無く、お酒や食べ物にもほとんどこだわりが無く、地位や名誉にも全く興味がありませんので「とにかく自分が思うように生きることができれば」それで良いと思います。

他人の人生に関与したくはありませんし、自分の人生にもあまり関わって欲しくないと考えているので、仕事は自分自身のため、ということになります。ぼくは物欲が強いので、ぼくを支えているのはほぼ「物欲」のみではないか、と考えることもあるのですが、とにかく欲しいものは欲しい、と思うのが現状です。とにかく今年も物欲を開放して仕事のモチベーションを高めようと思います。
*スケールが小さいですが、ぼくが考えるお金持ちの定義とは、「欲しいCDを欲しいときに欲しいだけ買える」というものです(CDも枚数を買うと結構お金がかかるのです)。

プロスティテュート

IMG_0366 のコピー

先日、プロスティテュートの話が出ましたが、もともとこの言葉には「才能を売る」という意味があるそうです。仕事も自分の能力を切り売りして貨幣に変換しているわけですし、「自分を売る」という意味では、売春も他の仕事も内容に違いはあれど同じようなものかもしれません。

何の曲だったか忘れましたが「きみは働きたくはないけれど、王様のような暮らしがしたいんだね?」という歌詞があったのをふと思い出しました。売春を肯定するわけでもありませんし、ぼく自信受け入れるわけではありませんが、何もせずに「ああしたい、こうしたい」と言うだけの人に比べると売春をしている人々というのはバイタリティーがありますし、尊敬できると(仮にぼくが女性であったとして、到底それはできそうにもないし、できそうにないことをやっているという意味で)思います。

怒りっぽい人について考える

DSC032789

怒りっぽい人っていますよね。
なぜ彼ら、彼女らはすぐ怒るのか?ぼくなりに考えてみました。思うに、彼ら(彼女ら)はあまりに期待したり求めたりしすぎているのではないでしょうか。自分が何かアクションを起こし、そのリアクションが期待したものではなかった、求めたものではなかったときに「怒る」という感情が芽生えると思うのですね。

期待したほど喜んでくれなかった、期待したほどウマい料理が出てこなかった、期待したほどお金をもらえなかった、期待した返事が返ってこなかった、そういった場合に怒るのだと思います。相手やモノに対する期待や見返りの要求度が高いほど、思ったほどのリアクションが返ってこないときに「裏切られた」ような心境になるのではないでしょうか。反対に怒らない人、というのは人やモノに過度の期待をしない人なのでしょうね。

対人関係について考える

DSC01780

世の中には色々な人がいて、ぼくは対人関係を築くのが苦手でもあります。ぼくから見ると、対人関係上の種別は大きく分けて2種類しかありません。
「ぼくを制限する人」と「ぼくを制限しない人」です。

●ぼくを制限する人
これは一般に、自分の価値観や判断基準が最適かつ絶対的だと信じて疑わない人(他人も自分と同じような考え方をすると思っている)です。自分のものさしでものごとを測る人ですね。オレはこうなのになぜお前はこうではないのか、とか、オレはこのやり方が一番良いと思ってる、だからお前もこの方法でやれ、とか、あたしはこう考えているのになぜあなたは同じように感じないの、とか、そういったことをぼくに押し付ける人々です。こういった人々は自分と他人とが違うということを根本的に理解していません。自分と違う環境や立場というものを想像できないのですね。例えば、体育の教師が(彼はもちろん体育大学とかを出ているので運動が得意)逆上がりのできない子供に「なんでそんなことも出来ないんだ!」と怒るようなものです。ぼくはこういった人々に会うと、まるで自分の心を牢獄に入れられたような気がするのです。自分の能力を基準にぼくを判断するので、結果としてぼくを制限していることになるのですね。

●ぼくを制限しない人
こういった人々は一般的に心が広く、人間個々の違いを良く理解した人々です。自分に出来ることや出来ないこと、逆に他人が出来ることや出来ないことの見極めができる人々ですので、ぼくの属性というものを理解してつきあってくれる人たちですね。ぼくが他人と違う行動や考え方を採るからといって「理解できない」と腹をたてることもありませんし、ぼくが取る行動、(あえて)取らない行動についても、自分の価値観のみで判断して言及することが無い人々です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●コラム/近況
-

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.