>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況 >中国

過去ログ(日常系)

更新日:




ポーラック

IMG_0306

中国でポーランド人に話しかけられました。
ホテルのエレベーターに乗ったとたんに先方が話しかけてきたのですが、「日本から来たのか?」「そうです、そちらは?」「いやオレはポーランドから」という会話の後に、いきなりポーランド人が「毎日何食べてんの?」と聞いてきました。



通常イキナリそんなことを尋ねる人もありえないので、何かの聞き間違いかな、と思い「食事のことですか?」と確認してみると「そうだ」と言います。どうやら中国の料理が徹底的に合わないらしく、毎日の食事に辟易している、ということでした。ついては日本食を食べに行きたいのだがメニューや食べ方がわからないので一緒に付き合ってくれないか、ということでした。
忙しかったので断りましたが、初対面の人間にその人の食事のことをたずねるくらいなので、相当に困っていたのだと思います。
「ポーランドから」と聞いたときにぼくは思わず「ポーラック?」と聞き返しそうになったのですが、映画「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」でミッキー・ロークの「アイアム ア ポーラック」というセリフを「オレは田舎者だ」と訳している場面がありましたので、もしかすると「ポーラック」は「ジャップ」のように差別語なのかな、と思い止めておきました。

ジム近況

DSC02134

今でも飽きずにジムへ通っているので、マッスル増加傾向です。
ぼくは知らない人と話すのが億劫(一連の儀礼的会話が面倒)なので、ipodを使用しながら黙々とトレーニングを続けています。

そうやってジム全体を眺めながらトレーニングしていると、色々な人間模様が見えてきます。インストラクターにも人気、不人気があって、特定のインストラクターにはやたら多くの客がついていたりするのですね。
その人がインストラクターを務める回のエアロビクス(ぼくはエアロは受けません)などはもう大変、皆ハァハァしすぎで鏡が曇ったり、床も汗や湿気で濡れて、燃え尽きるほどヒート!してしまい、それで滑ったお客さんが救急車で運ばれたりしています。
そのほかではジムに来る若い女の子さん目当てのエロガッパ(定年退職したくらいの高齢男性が多い)がやたら女の子さんに手を出して見事に撃沈されたり、ジムのある場所が高級住宅街に近いために縦巻きカールの有閑マダム軍団が押し寄せたり、外国人も多くて中には「コイツの踵落とし喰らったら絶対死ぬ」といようなK-1ファイターみたいなのがいたり、様々です。

リサイクルセンター

IMG_0915

市が運営するリサイクルセンターというものがあります。

どういうものかというと、市民が不要になって持ち込んだもの(回収も行う)を無料で引き取り、またそれらを必要な別の市民に無料で引き渡す、というものです。

で、早速(何かもらいに)行って来ました。そうしたらあるわあるわ、不用品の山。特にベビーカーや食器棚などが多かったですが、本やレコードも多かったです。とりあえず自分では買うことのあまりないシェイクスピア、メルビィルなど、そしてレコードはTOTOやボストン、マーク・ゴールデンバーグやクラッシュがあったのでもらってきました。その他ではわけのわからない計測機器やバイク用のショックを引き取ってきました。他人から見ればゴミの山でも、ぼくから見ると宝の山のようです。

リサイクルセンターに行ったときにたくさんの本があり、そのほとんどは10年以上前のものばかりでした。タイトルを見ると「ゴルバチョフ失脚」「1992年~10年後の日本はこうなっている!」「1990年~これからの10年世界はこう動く」など政治・経済に関するものが多く、中には10年くらい前に現在の予想をしている本などがたくさんありました。

もらって帰って読んでみようかと思いましたが、なんとなくがっかりしそうなので止めました。そういえば、以前「トロイ」を観て、その後「タイムライン」を観たのですが、トロイは紀元前(ですよね?)、タイムラインは紀元後1350年くらいが舞台になるのに、建物や衣装など「ほとんどトロイのころと進歩してねーじゃん!」と思いました。トロイの時代から千数百年もの間、ほとんど変わらなかったものがその後数百年でここまで来てしまったのですね。そう思うと今までの10年の変化を10年前の人は予想できたのか、またこれからの10年の変化を今の誰が予測できるのか、そう思います。

通っているジムについて

a0013382_1917122

ぼくの通うジム(というか多分どこでもそうだと思いますが)はコミュニケーションの場としても機能しているらしく、あちこちでたむろしたり、くっちゃべりながらマシンを使用している人が見受けられます。

このジムは営利追求主義なので会員数が多く、なかなかお目当てのマシンすら使えない状況なので、ぼくにとってはこの状況は相当にいらだつものでもあります。ヲイ、インストラクター、奴等をなんとかしろYO!ジムっていうのはもっとこう、殺伐としてないといけねーんだYO!とか思うのですがそう思うのはぼくだけではないらしく、よく同じ考えを持ったお客さんがインストラクターやジムのスタッフにクレームを入れたりしています。ジムのお客さんは「暇なので井戸端会議を兼ねてきた和気あいあい派」と「ひたすら体力の向上や体型の改善に取り組むストイック派」とに大別されるように思います。もちろん正統派は後者ですが、現在のところ後者の方が少数派なので肩身の狭い思いをしているのが現状です。

季節感

a0013382_23401032

ぼくは、春先によく中国へ出張します。地域としては香港・華南になりますが、このあたりは日本よりも暑いので、現地ではずっとTシャツで過ごし、強い日差しに耐えるのです。

そして日本へ帰ってきますが、この時期まだ日本は肌寒く、とてもTシャツで過ごすことはできません。つまり「暑いところから寒いところへ帰ってきた」ということですが、奇妙なもので「時差ボケ」ならぬ「時期ボケ」が発生するのです。真夏のような日差しから、肌寒い日々へと環境が変わるので、まるで秋になってしまったかのような錯覚を覚えるのです。日本はこれから夏本番ですが、ぼくの心はもう秋です。


ホームラン

DSC00931

ある学校の横を車で走っていたのですが、その学校のグラウンドでは野球の試合を行っていました。
で、道路を見ると野球のボールがコロコロと転がっていたのです。学校は道路と隣接しているので打球などがグラウンドを越えないよう相当高めに金網で囲んであったのですが、どうも軽々とその金網を越えてしまったようです。

「スゲーな、これ打ったヤツはメジャー確実!」とか思っていたのですが、ふと道路前方を見るとちょうどハザードを出してAMGメルセデスが路肩に停車するところでした。停車したメルセデスから男性が降りてきて、しきりにルーフを気にしています。どうやらこのメルセデスを打球が直撃したようです。少しぼくの車の位置がずれていたらと思うと、恐ろしいです。

こんな夢を見た~ペアルック

b2

先日の「英語で話していた」夢に続き、今度は中国語で話していた夢を見ました。非常に短いものでしたが、忘れないうちに書いておきます。

夢の中では、ぼくはワンルームマンションで一人暮らしをしているようです。

そこへ女性(中国人)がたずねてきます。チャイムが鳴ったのでドアを開けるとそこへその女性が立っていて、ぼくがドアを開けるとその女性はずかずかと部屋の中へ入ってきます。まるでいつもそうしているかのように。そして、その後からショボい男性もついて入ってきます。これがまた見るからにショボい。
女性のほうは身長170cmくらい、背が高いです。相当に髪を短くカットしていて、それをねじってつまんで立たせたりしてモデルっぽいルックスです。それに対して男性は身長165cmくらい、モッサリした垢抜けない髪型をしています。ぼくが女性に「(その男性は)誰?」とたずねるとその女性は「私の彼氏(友達、と言ったかもしれない。中国語で”友達”と”彼氏”は一文字違い)」と言うのです。
なんだよ、彼氏なんか連れて来るなよ、とか思ったのを覚えているので、親しいだれかのメタファーだったのかもしれません。なるほど、確かに彼らは上には白いニット(女性はノースリーブ)、下は黒いパンツ(女性はスカート)、ペアルックっぽい服装をしています。その後も女性はぼくの部屋の中をうろつきながら、なにか中国語らしき言語で喋っていますがぼくには理解できません。

*夢はここで終わりますが、わけのわからない夢でした。


カルティエの新作発表パーティーに行ってきた

a0013382_1801763

カルティエのパーティーについてです。
普段は花崗岩だか何かわからない、単なる黒い建物であるカルティエ・ブティックですが、この日は違いました。営業を午後6時で切り上げ、8時からパーティー・タイムです。外壁をピンクにライトアップし、あきらかに「何か違う」雰囲気をかもし出しています。ブティックの面する御堂筋にはレンジ・ローバー、メルセデスSクラス、SL、アルファ・ロメオ、マセラーティ、ジャガーなど平日の夜にしては珍しい車が溢れていました(ぼくはもちろんエレメントです。

あの車は一見ランク不明なのでこういった場でも気後れすることがありません)。レセプションに向かうと担当さんがいらっしゃって、ぼくの名前を呼びます。なぜか担当さんはぼくの名前をおぼえていて、いつも「XX様、いらっしゃいませ」とか「XX様、いつもお世話になります」など必ず名前を付けて呼ぶのですね。そういえば、先日のレクサスでも同じように名前で顧客に対し呼びかけていました。ぼくはそう言われるたびに「きっと、この中では最も消費金額が低いんだろうなあ」と恐縮してしまいます。
ブティック内は専用の照明やプロジェクターなどを搬入していて、ちょっとしたハイソなパーティー会場と化しています。生バンドも入っていてちょっとラテン系のノリでした。

来ている客層としては若い婦女子が8割を占めているようで、ぼくが想定していたような老夫婦はいませんでした。男性も非常に少数です。しかし、皆どうしてパーティードレスなどを持っているのでしょうね。皆さんパーティー以外では着ることがないと思われるドレスで着飾っていらっしゃいます。もしかすると、お金持ちの人たちはぼくの知らないところで連日パーティーを繰り返しているのかもしれません。もちろんこういった格好で電車に乗って会場に来ることはできず、従って送迎つきでいらっしゃっているものと思います。

驚いたのが知り合いが会場内にいたことです。良く見かける人なのですが、どこで会ったのか思い出せない、そう考えていたのですが先方もあきらかにぼくを見ていますので、知り合いであることは間違いありません。
そうだ、スポーツクラブにいつもいる人じゃないのか?どうやらそうみたいです。ジム奥の「本気コーナー」でいつもウエイトトレーニングを行っている人でした。ぼくはいつもスポーツクラブでは、ランエボに乗っているあの人みたいに「頭タオル(しかも白)」にジム用の破れたTシャツと半パン姿ですので、先方からすると頭タオルとカルティエブティックがどうしても結びつかなかったのかもしれません。

食べ物や飲み物はロイヤルホテルかどこかのケータリングのようで、非常に美味しかったです(ここはときどき、買い物(冷やかし)中にあちこちのホテルのオードブルをサーブしてくれることがある)。正直食べ物には期待していなかったのですが、いや凄く美味しかった。ヴィシソワーズが絶品でした。この日はブティック5周年にあわせたタンクシリーズのイベントでして、今までのタンクシリーズの展示やタンクの文字盤をモチーフにした樹脂製の名刺を作ってくれるサービス(もちろん作ってもらった)、女性は新作(かな?)タンクウオッチを身に付けてプロカメラウーマンが撮影してくれるサービスなど盛りだくさんでしたが、個人的には同じくタンクをモチーフにしたケーキがインパクト大かつウマかったです。

a0013382_1802566

これは税抜きで7500万円だそうです。消費税だけで375万円という驚愕のプライスですが、宝石や貴金属というのはそれなりの存在感というか「重み」がありますので、買える人にとってはけして高いものではないのでしょう。

非常に良い経験をさせていただいたので、今度何か買うことがあればカルティエにしよう、そう思った夜でした。ちなみにこういったパーティー会場に乗り付ける車として似合うのは、やはりフェラーリやマセラーティ(濃いメタリックが良さそう)、ジャガー(XKコンバーチブルで内装が白だとベター)だと思いました。「質実剛健イメージ」の強いメルセデス、ポルシェでは華やかさに欠けるなあ、と実感した次第です。以外やマッチするのがレンジローバー(現行)。ブラックをビカビカに磨き上げて乗りつけるのが良さそうです。イタリアの伊達や英国の伝統は、自動車工学的には無駄であっても、こういった場でこそ映えるのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●コラム/近況, >中国

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.