>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●動物など

過去ログ(動物関係)

更新日:

アメショー

a0013382_20263870

ぼくの夢には動物が良くでてきて、しかもぼくと普通に会話したりすることが多いのですが、先日もやはりトマト(家猫)が夢に出てきました。
なんでも英会話教室を開きたいらしく、
「トマちゃん英会話教室を始めるだ!」
とかのたまうのです。



「日本語もそんなに訛ってるのに大丈夫なのか?だいたい英語なんて話せないだろ?」
とぼくが言うのですが、
「大丈夫だべ!トマちゃんアメショーだべ!だから英語くらい話せるだ!まいにちがエブリデーだべ!!」
どうもアメリカンショートヘアーが混じっているというだけで英語が話せると思っているらしいです。
トマトは夢の中だけではなく現実でも万事この調子です。

我が家の猫さんについて

a0013382_23421623

ウチには、華子とトマトという猫がいます。色が濃い方が華子、薄い方がトマトです。華子は、ずいぶんひどくいじめられて死にかけていたところをぼくが引き取ってきた猫です。

ぼくが現場を見つけたときにはほぼ体力を奪われていて、せめて死ぬときくらいは暖かいところで死なせてあげようと思って拾ってきたのです。生まれたのは推定1991年なのでもうかなりの高齢ですが、結局一命をとりとめて今まで病気ひとつせず、まいにち元気に過ごしています。人に乱暴に扱われたせいで他の人間に対しては攻撃的です(ここをごらんの方でも何名か噛まれた方がいらっしゃると思います。スミマセン・・・)

が、ぼくの行くところへはどこでも一緒についてきて一緒に風呂に入ったり(お湯にはつかりませんが)、一緒に布団で寝たりしています。華子は色・柄が悪く見栄えが悪いので、以前は周囲からも「捨てろ」とか「家の中には入れるな」とかいろいろ言われましたが、ぼくは引き取ってきた当初から一貫して華子をとてもたいせつにしています。

華子は華子で、なぜかぼくのことを自分の息子と思っているらしく色々と持ってきてくれたり、毛づくろいのつもりかぼくのことをなめたりしています。色・柄が悪いぶん頭はたいへんに良く、ぼくの言葉をだいたい理解していると思われます。ぼくが大切にしているものには触れませんし、しないように言ったことはほとんど憶えているようです。

猫カフェ

a0013382_23201347

最近、「猫カフェ」なるものが流行っているそうです。「犬カフェ」とは異なり、はじめからお店に居る猫さんを相手に過ごすタイプのお店です。お店によってはその日出勤している猫さんのパネルがあったりするそうですが、客層としては意外や男性の一人客が多いそうです。一説によると、明るく健康的な、文字通りのカフェタイプから照明を落とした「ラウンジ」たいぷまで様々あるらしいです。

この猫カフェ、大阪に有名なお店があるとのことですが、ぼくは十三(駅名です)にも猫さんが店内にたくさんいる料理屋があるのを知っています。このお店、カウンターがあるのですがカウンターの上に猫さんがいたり、給湯ポットの上に猫さんが座っていたり、レジのところにも他の猫さんがいたりします。存在があまりに普通(居ることが当然)で、それぞれの猫さんにはそれぞれのテリトリーがあるらしく皆持ち場を離れず動かない(備品と一体化している)ので、猫さんがいることに気付かないお客さんも居るそうです。いったい何匹お店に居るのか、隠れキャラもいるのか、それは不明です。普段よほど美味しいものを貰っているのだと思いますが、出された料理に手をつけることはありません。久しぶりに思い出しましたが、近いうちに訪れようと思います。

ねこ近況

a0013382_23532164

トマト(家猫)が顔に怪我をしました。目の下、鼻の横あたりなのですが、血が固まっています。
本人は全く気にする様子も無く、毛も抜けていないのですが、皮膚病かもしれません。トマトは良く不注意から(警戒心が無い)怪我をするので、怪我をしないような物の置き方を考えたりと、なかなか大変です。
怪我をしてからは心配なので、求められるままに抱きかかえたりしているのですが(甘えん坊)、最近は抱き癖がついてしまったようで一度抱き上げるとなかなか降りず(そのまま寝ようとする)困っています。

怪我か皮膚病か良くわからないまま病院へ言ったのですが、病院で毛を刈られて帰ってきました。
以前からモコモコしていると思ってはいたのですが、毛の厚みが5mmくらいあったみたいです。
なにか鼻の周りについて、それでかぶれたのかもしれませんし、毛の厚みがあるだけに内側にカビのようなものが生えてしまったのかもしれません。とにかく不憫で仕方がないのですが、今後の成り行きを見守るしかなさそうです。
*華子は13年くらいの間、怪我も病気も一切なく、元気に暮らしています(正確に言うと、トマトに噛まれて一度出血しています)。


ねこぶくろ

11852845444_1310021e20_z

今年のクリスマスですが、猫へのプレゼントは「ねこぶくろ」もしくは「ハンモック」を考えております。
「ねこぶくろ」ですが、これは文字通り猫が入る袋なのですね。狭いところや暖かいところ、肌触りの良い場所を好む猫の習性を利用した画期的な商品と言え、できれば取っ手が付いていて、猫を入れたまま持ち運べると良いと思います。ハンモックに関しては、自作しようと思ったのですが材料費よりもすでに出来合いの製品の方が安そうなので、既製品に落ち着きそうです。

「ねこぶくろ」だとすでに一匹入っているところに無理やり「ちょっと入れてー」とかもう一匹が入ろうとしたり、ハンモックだとやはり一匹が寝ているところに「一緒に寝かせてー」とか言ってもう一匹が無理に上ろうとして二匹とも落ちたりする様子が目に浮かぶようなので、対策の検討が必要です。


動物の危機察知能力

a0013382_18572261

スマトラ沖地震でも動物さんたちはさっさと逃げてしまい、動物の犠牲が無かった、というのは既報ですね。世界中のあちこちで「地震予知システムを開発した」と発表する売名行為サイエンティストが多いですが、その多くは誤差があまりに大きく、実用性が無いようです。動物の機器察知能力というのは太古より知られていますし、動物は身近な生き物でもあり、動物園も各都市にはほとんど存在するので、ここはひとつ、動物の機器察知能力そのもの、もしくは危険が迫ったときの行動を体系化し、それを察知する研究を進めてみてはどうでしょうか。こんなニュースも。

【橿原市昆虫館学芸員が確認 昨年9月の紀伊半島南東沖クツワムシが地震予知? 昨年九月の紀伊半島南東沖地震の直前、奈良県橿原市の香久山でにぎやかに鳴いていたクツワムシが一斉に鳴きやんでいたことを、橿原市昆虫館(同市南山町)の学芸員が確認した。人間では分からないごく微弱な揺れか、地震に伴って放出される電磁波を感じた可能性があるといい、興味深い現象として注目されそうだ。(産経新聞)】


猫さんの性格を考える

a0013382_1757078

猫によって性格が異なるのはもちろんですが、種別によってもおおまかに性格をカテゴライズすることができます。アメリカンショートヘアーに代表されるある種の猫は、「ウケを狙う」のが非常に好きで、常に相手にしていないと機嫌を損ねることがあります。

このような特徴的な傾向を理解していないと(かまって欲しいのに放っておいたりすると)、飼い主と猫との間に深い溝が出来てしまいます。ウチのトマトは常に構われていないと気が済まないタチなのですが、そこで気になるのがトマトの兄弟をもらって行った人たちです。
ぼくがトマトを引き取りに行ったときにちょうどトマトの兄弟をもらってゆく人たちがいて、どうもその人たちの話を聞いていると猫を飼うのははじめてとのことで、おそらくトマトと同じ気性を備えているであろうトマトの兄弟とうまく付き合っていけているのか、ということです。愛情不足によるお漏らしやヒステリーをうっとうしく思ってしかりつけると、猫はさらにヒステリックになってそれを繰り返してしまいますので、状況が改善されることがないのです。育児ノイローゼや、児童虐待と同じような現象ですね。


猫さん近況

a0013382_1113666

医療ミスであわや糖尿というところだったトマトですが、依然として顔に湿疹のような怪我のようなものができたり、治ったりしています。体じゅうを点検しましたが、この症状が出るのは顔だけで、ちなみにこの湿疹だか怪我だかを触っても痛がらず、本人も痒がったり気にしたりしていないようです。

体内部に起因するものかとも思ったりしますが今のところ簡単な検査では異常なし、カビや細菌も採取した皮膚からは発見されていないとあって全く原因不明です。症状が出ている部分は顔を洗うときなどにトマトの手が触れる場所なので、手についたなにかが顔に移って、それにかぶれたりしているのかもしれませんし、顔をなにかにこすりつけた際にできたものかもしれませんし、自傷行為かもしれませんし、原因を特定できません。同居猫には同様の症状は見られません。


猫の虐待問題について考える

DSC01354

悲惨なニュースです。地域猫の殺害が相次いでいるそうです。かつて住んでいたあたりにも猫を保護する人たちがいて、その人たちは常に猫のために食べ物を持ち歩いたりして野良猫の世話をするのですが、そういった人たちの親切な行いを無にしてしまう行為です。ただしこれは猫好きの立場から一方的に物事を見ることはできません。

猫を嫌う人たちもいますし、そういった人たちとも折り合いをつける必要があります。野良猫は元来、人間に慣れていませんので人間を見るとすぐに逃げる習性があります。しかしながら、野良猫に食べ物をあげ続けると猫たちは「人間は親切だ」という風に解釈するようになります。人間を見ても、だんだん逃げなくなってゆくのですね。そうなると悪意のある人たちにとって野良猫は格好の標的になります。食べ物をもらえると思って近づいてゆくと捕まってしまったり、毒物を与えられたりする可能性があります。そういった理由もあり、ぼくは緊急時(野良猫が怪我で動けないとか)を除いては自発的に、つまりこちらから野良猫に食べ物を与えることはしません(ぼくの家まで食べ物をもらいにやってくる場合には食べ物を与えますし、雨の日は雨宿りできるようにガレージのシャッターをすこし開けておきます)。ぼくが食べ物をあげたために、他の人に対しても食べ物をもらえると思って近づいてゆき、結果その人に殺されてしまった、という悲しい事態を避けるためです。こういったニュースがクローズアップされることもありますが、きっとこれはごく一部をマスコミが拡大解釈して報道しているものとも考えられ、そう考えると一部の事件ばかりを見て給餌行為が危険だと判断し、大勢のおなかをすかせた野良猫に食べ物をあたえないというぼくの行為は全体的に見ると間違っているのかもしれません。いったい何が正しいのかぼくにはわかりませんが、とにかく簡単に命を奪う行為だけはやめていただきたいと思います。輪廻転生とか、業とかいったものを信じるわけではありませんが、そのような(弱い立場のものを一方的に殺すような)行いをする人は現世か、来世か、必ず報いを受けるとぼくは思っています。どうして人間は一部の人間や動物と理解しあうことができないのだろうか、と考えます。人類の歴史は戦争の歴史でもあります。

【野良猫に不妊手術などをした上で、住民がえさやふんの始末などをする“地域猫”運動が盛んなさいたま市で、猫の虐待が相次いでいる。猫を嫌う住民の反発が背景にあり、「迷惑が掛からないよう努力している」という市民団体との溝は埋まらないままだ。1月13日、さいたま市浦和区のマンションをすみかにしていた地域猫のムサシが死んだ。毒物を食べたとみられ、苦しんだ形跡があった。世話をしていた民間非営利団体(NPO)「アニマルサポートメイト」の残間真紀さんは「穏やかな子だったのに…」と涙を見せた。ムサシが殺された周辺では、住民数人から「えさをやるから増える」と苦情が絶えなかった。近くに住む男性は「ふんが汚いし、発情期はうるさい」とまゆをひそめる。同会によると、さいたま市内ではほかにも1匹が毒殺され、アイスピックで足を貫かれたり、ゴルフクラブで頭を割られるなどの被害も相次いでいるという。】

トマト(家猫)近況

a0013382_18163018

トマトは、はにかみ屋さんなので、こっそり甘えたりします。露骨に甘えることはせず少し離れたところで転がってみたりしてウケを狙うのです。そんなトマトですが、最近は異常食欲ぎみ(天高く馬肥ゆる秋ですね)で、やたらと猫缶を欲しがります。やたらと太ると健康を害するので少し食事を制限しているのですが、これがまた悲しそうな声で猫缶を欲しいと訴えるのですね。じっとこちらを見つめながら、実にひもじそうに鳴きます(実際、ドライフードやかつお、にぼしをお腹いっぱい食べているのでひもじい筈はないのですが)。その上、転がってウケを狙い何とか猫缶をもらおうとするのですが、こういった状況は、ぼくにある物語を思い出させます。

だれもが子供の頃に聞いたことがあると思います。戦争中の上野動物園で少しでも食いブチを減らす(もしくは動物園が破壊された時に猛獣が町に放たれるのを避けるためかも)ために象を毒殺しようとするものの、象の賢さゆえそれも敵わず、しかし餓死を待つしかなくて、悲しそうに訴えたり一生懸命に芸をして食べ物をもらおうとする、あの象たちの物語です。なんかその場の飼育係の方たちの気持ちが痛いほど良く分かるのですが、仮にぼくがその飼育係であったなら、耐え切れず何か食べ物を与えていたと思います。なぜなら、ぼくはトマトの悲痛な心の叫びに耐えることができず、「ホレホレ、たんとお食べ」と言ってすぐに猫缶をあげてしまうからです。

猫さん仕様

a0013382_18254418

我が家は猫さん仕様のものが多いです、猫さんの行動をまいにち観察し、性格を考慮して過ごしやすいように備品を揃えたり作っているわけです。猫さんが物を取りやすいように物の配置を決め、怪我をしないような家具を選び、危険が少ないように配慮されています。

華子が死んでしまって早3ヶ月、一日たりとも華子のことを考えない日はありません。華子は、スプレーの音が嫌いでした。ヘアスプレーや、デオドラントや、シェービングフォームを出すときの、あの「プシュー」という音が怖かったのです。そんな理由から、ぼくは「プシュー」と音が出るものはいっさい使いませんでした。華子が少しでもストレスを感じないですむようにと思ったのです。また、華子はカサカサというビニール袋の音を聞くと、ぼくがコンビニで猫缶を買ってきたものと思い込んですぐにやってきました。実際に猫缶を買ってきたときは良いのですが、そうでないときはすごくがっかりした表情をするのが気の毒で、ぼくは華子をがっかりさせたくなくて、猫缶が無いときは極力カサカサという音をたてないようにしたものです。他にもたくさん、華子の為に行ってきた習慣がありますが、ぼくは今でもその習慣を守り続けています。

*画像は、ずいぶん前にレジンでつくった華子の置物。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●動物など

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.