>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●その他自動車関係(欧州車)

過去ログ(以前に乗っていた車やバイクについて)

更新日:


以前に乗っていたBMW Z3について

a0013382_23175727

BMWの偉大なる失敗作、6気筒2リッターバージョンのZ3です。
まるで2000年ミレニアム記念のように1999~2000年の1年間しか販売されませんでしたが、実際のところ直線ではどうしようもなく遅かったです。



もともとZ3はロングノーズですが、この6気筒モデルはさらに鼻先が重いためにノーズを大きく振ってカーブを曲がるかのような印象があります。
シャシはE30からのキャリーオーバーなので進化の早い現代においては化石級でしたが、ロードホールディング性については申し分なく、ずいぶん小気味良いコーナリングが可能だったように思います。

重量配分を前後50:50に見せかけるためにリヤバンパー内(オーバーハング・・・)に鉄の塊(30kgくらい)を取り付けるなどしており、さらにバッテリーが燃えたり、ステアリングがロックしたり、スロットルバタフライがイカれて度々CPUが回転数を2000回転までに制限するなど(トルクが無いの2000回転では坂道発進ができない・・・)、ぼくがBMW不信に陥った一台です。良い思い出はありませんが、今でもスタイルは大好きです。

昔乗っていたバイク~スズキ・スカイウエイブ タイプS

a0013382_1715779 (1)

昔の車両第2弾は「スズキ・スカイウエイブ」。これは1年未満で売却、といった短命な車両でした。
スカイウエイブはバッテリーが弱いことで有名でしたが、ぼくが購入した時期はモデル末期でもあり、バッテリー容量も大きくなっていたので「まあ大丈夫だろう」という感じで購入しました。

本当は当時モデルチェンジしていたマジェスティ(黄色)が欲しかったのですがマジェスティは非常に人気があって値引きがなく、値引き幅の大きいスカイウエイブを購入した、といういきさつがあります。グレードはストリートっぽい「タイプS」、もちろん当時乗っていた「ボクスターS」にちなんだものです。このグレードはボディカラーが白か黒しかなく、はじめに乗ったマジェスティの初期カラーが白だったこともあって、雰囲気を変えるために黒を選びました。
マジェスティよりもホイールベースが長く、タイヤサイズが1インチ大きく、サスの容量も大きく、特にリヤサス形式もスポーツバイクと同様であったりして走りに関しては言うことなしでした。買うときも安かったですが、売るときもまた安く、「安物買いの銭失い」の典型であったと反省しています。


以前乗っていたバイク~ヤマハ・マジェスティ

a0013382_8142570

今までの車(バイク)シリーズというものをやってみます。自分の名義にして乗ったものだけをUPしてみます。

第一弾は、「ヤマハ・マジェスティSV」。これは本当に良く乗りました。今まで一番長く乗った乗り物は「ホンダ・ライブディオZX」の8年間ですが、これは歴代2位、約4年乗っています。購入当時乗っていたフェアレディ300ZXにあわせてパールホワイトを購入、その後ボクスターにあわせて外装をイエローに変更してあります。HID・LEDをフル投入し、フィラメントを使った発光体を一掃した画期的な車両でした。とんでもなく改造しましたが、全て自分で行ったために非常に安上がりでした。走行距離が伸びすぎ、メンテ費用が大きくなってきたので、スカイウエイブへと買い換えました。歴代バイクの中ではもっとも気に入っていた車両です。

a0013382_8143830


以前に乗っていた車~日産フェアレディZ(Z32)

a0013382_17545260

昔の車第4弾は「日産フェアレディZ(AT)」。所有期間は4年弱、走行距離は24000kmくらい。非常に珍しい「プラチナホワイト・パール」という青みがかった白で、初期のやや黄色っぽいパールホワイトとは異なります。ぼくがZを購入した時期は95年、登場より6年ほど経過していたので販売台数も少なく、特にこの色は購入当時で15台ほどしか登録されていなかったそうです。

「白&スムース」にこだわった車両で、樹脂パーツ(ウオッシャーノズル、バンパーフェイス、ミラーベースなど)をボディ同色塗装、パワーアンテナ、リヤワイパーを外してカギ穴とともにスムージングを行いました。レンズ類も全てクリア化(ワンオフもあり)、コンピューター、吸気・排気、車高調、ボディ補強、強化ATなどひととおり手を入れてあります。日産がGT-Rとともにはじめて造った280馬力車両でもあり、しかしそれまでの日産車の部品を流用したり設計技術も従来のものであったのでボディや駆動系がそのパワーに耐えることができずパワーをロスしたり、パワーが車を蝕む傾向がありました。ボディ補強はウレタン注入、前後タワーバー、エポキシ接着などを行いましたが、補強する度に、衝撃が補強して無い部分へと逃げて行き、逆効果になったのを憶えています。車は一線を超えて改造してはいけない、ということを学びました。

内装は家具に使う皮を使って赤(ちょっと濃い目)へと張替え、樹脂パーツはガンメタに塗装してあります。とくにシート座面・バックレストにはギャザーを入れたり刺繍を入れたりして高級感を出そうとしました。当時はまだ出現していなかった「スポコン」の走りのような感じですね。ホイールは最終的にBBS-LM18インチ(ゴールド)に落ち着きました。できれば当時限定であったF1エディション(リムまでゴールド)にしたかったのですが金銭的理由で断念しています。日産社は、今も昔もBBSが良く似合いますね。

以前に乗っていたポルシェ・ボクスターS(986)について

a0013382_1811388

昔の車第8弾は「ポルシェ・ボクスターS(6MT)」。
こちらも5年は乗るつもりだったのに、実際は2年7ヶ月で手放してしまいました。しかしながら4輪としてはフェアレディZに次いで長い期間所有した車になります。あらゆる面で優れていて、それはぼくが期待した以上のものでした。この車を通して様々な方と知り合うことができましたし、この車はぼくの人生に少なからぬ影響を与えたといえます。

ミドシップレイアウトに起因するバランスの良さはフラットな乗り心地、スムースなコーナリングなどあらゆる面で有利に働き、しかも前後に大きなトランクを備えた便利な車でした。
ポルシェは不思議なもので、いったん所有してみると身のまわりの車すべてをポルシェ車にしたくなったり、次々にポルシェを買い換えたくなったり、ポルシェ社の術中にはまっているとしか思えない行動を取るようになったりします。この車を買うときはまさか車検を通さずにカレラに買い換えるとは思いませんでした。全ては予想を超える車を開発・発表し続けるポルシェ社のマーケティングによるものですが、恐ろしいです。

ポルシェを買うという行為は、ある種特別な行為といえます。まず一般的に高価です。そしてカイエンを除いては2人が満足に座れる程度の車ですし、電動可倒式ドアミラーもありません。同じ価格帯の車と比べると、豪華系装備は非常にプアです。しかしながらポルシェはぼくらの心を捉えて離しませんし、ポルシェを自分の車として所有してみないとわからない世界もまた存在します。
最近はアストンマーティンやレンジローバーに触れる機会が多いのですが、カレラを基準にして考えると、手作業による部分が多く高価な素材をふんだんに使ったアストン、レンジは比較的安く思えます。もちろんポルシェはそういった部分よりも見えない部分にお金をかけていることは100も承知ですが、時々自分は「ポルシェ社のカモではないのか」と考えることもあります。

そういったとき、ぼくは必ずあるコラムにあった、このセリフを思い出します。

「自分としては、エリートのカモであるような気がしています」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●その他自動車関係(欧州車)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.