>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況 ●旅行や観光など

過去ログ(中国関係)~1

更新日:

中国の格差社会について

a0013382_1042141

所得格差が拡がりゆく中国。この国のお金持ちは世界トップクラスですが、貧困層もまた世界トップクラスです。
華々しい発展が報道される一方、そのひずみが地域を揺るがすのも事実です。有害物質の垂れ流し、汚職、圧政、そういったものです。マイクロソフトがネット上の「自由」などのキーワードに対し中国政府の検閲に協力していることも話題になりました。書き込みの自由すら奪われ、ぼくのこのブログも中国発であったなら即閉鎖です(けして中国を非難しているわけではありません。ぼくの感じた不条理を少しでも知ってもらい、世間に理解を問うためです)。



古来中国では政府から人民が搾取されるという構造が続いており、そのため家族の結びつきが強いように思います。自分たちを守るのは国ではなく家族、といった思想なのでしょうか。子供は以前の(農業中心の)日本と同様に「稼ぎ手」でしかありません。ですので、力のある男の子が好まれ、女の子は生まれても「間引き」される傾向にあり(一人っ子政策のため)、そのため男女比は完全に自然の法則から逸脱してしまっています。女性の売り手市場になっているわけですが、このあたりがプライドの高いといわれる上海女性を創出する原因になっているとも考えられます(もちろん全ての上海女性のプライドが高いわけではないですよ)。
農村部においては、子供は大きくなると「出稼ぎ」に出て実家へ送金をするケースも多いです。10代の女の子が都心部で働き、父より多くの収入を得ていることも珍しくありません。(父=月収1000元、娘=月収1500元、とか)しかし引越し(住民票の移転)は認められていないので、あくまでも本当の「出稼ぎ」です。出稼ぎついでに稼ぎの良い都会の男性でも見つけることができれば良いのですが、都市戸籍と農民戸籍の人間が結婚すると両方とも農民戸籍になり様々な差別(就職など)が発生するため、都市戸籍を持つ人は農民戸籍の人とは結婚したがらないようです。
野麦峠みたいに村丸ごと出稼ぎ、みたいなパターンも工場においては良く見かけます。引越しが認められないので、その村の人は皆おなじ苗字というのも多いみたいですね。
あまりにも制限が多く、希望を持つことができないのが中国、それがぼくが感じた「出口の無い闇」です。将来に対しては明るい展望を持てず、人民は報道ばかりが先行する中国の華々しさに取り残されてゆく焦りや苛立ち、どうしようもない閉塞感を抱いて過ごしているように思います。この環境では刹那的になるのも無理は無く、外国人からお金を搾取する方向へ安易に流れるのも無理はありません。彼らは数千円で人殺しを請け負うことすらためらいは感じないでしょう。
とにかく働き口が欲しい中国人、子供は稼ぎ手として必要だが生んでる暇が無いのも現状で、養子縁組も多いそうです。兄弟が普通に別の家庭で暮らしていたりして驚くこともあります。

中国は世界の工場として有名ですが、やはり現在は「会社」ではなく「工場」の域を出ません。そこには「経営」といった概念が希薄だからです。計画性が無いのです。市場のキャパシティを考慮するということをせず、人気商品の模倣品を作れるだけ作り、余ったら叩き売りをする。いったいその商品を買う人間がどれだけいるのかも考えずに思いっきり作ります。競争が激しいのでライバルよりも少しでも早く、少しでも多く。そういった思いがあるのでしょう。
自動車産業にしても中国メーカーは先を考えずにどんどん作るので商品の値崩れが激しく、それを狙う層も出現しました。また、パクリの域を逸脱したコピー(設計図自体が流出しているとしか思えない)も多いです。とにかく全てにおいて刹那的、そんな中においては日本や欧米の企業は瞬間的な競争についてゆけないというのが現状でもあります。
とにかく円やドルは強いパワーも持ちますので、中国企業は外貨獲得のために輸出を図ります(輸出の比率が高い企業は法人税が安くなるので国策ともとれる)。中国国内で物を販売しても平均所得の低さに起因して思うように売り上げを稼げず、内需よりも外国へ販売したがるのも当然ですね。

不思議なのは04年の統計ですが都市住民一人当たりの平均年収は132000円くらい、農民に至っては41000円くらいということですが、そんな人たちでも5~6万円くらいの携帯電話を頻繁に買い換えているのですね。なにか副収入でもあるのでしょうか。

国民性の違いといえば中国と韓国。中国人は古くから世界に出てチャイナタウンを築き上げ、そこへ定住しています。しかし北や南の人たちは外国で稼いだお金を本国へ送金していますよね。国家から逃れて新天地を求めた中国人、自国へ送金するために国を出た北や南の人。この差がぼくにとっては不思議なのです。

中国と、そこで成功するチャンスについて考える

DSC03059

なんだかんだとネタにしている中国ですが、ぼくがはじめて中国を訪れたのは15年前です。それまでに訪れた国は米国、イギリス、フランス、イタリア、スイス、マレーシア、ポルトガル、韓国、その他いろいろあったと思いますが、とにかくぼくが訪れた中で中国はいちばん衝撃を受けた国でした。

それはカルチャーショックの域を脱していて、少なからずぼく自身に変化をもたらしたと言えます。
それは、女性がワキ毛を剃っていなかったりとか、それなのにぼくが不精ヒゲを生やしているとすごく批判されたりとか、そういったことではありません。

人びとに対する社会的チャンスの少なさ、しかしそのチャンスを掴もうとする貪欲さ、またチャンスをあきらめた人びとの絶望感、そういったものが目に見えるような濃度で渦巻く様に驚いたのですね。
現在、日本は世界有数の安定した国であり、それは、誰が何といおうとその通りです。
自ら職に就くことを放棄して気ままなアルバイト生活を送ったり、せっかく学校に入っても出席しなかったり、もはや当たり前の現象と化してしまった事実が日本にはあります。

一方中国では、働きたくても職が無く、学びたくても学校に行けない(未だに戸籍で差別されて入学拒否されるケースもある)、従って職を見つけることが出来ない、という恐怖の循環があります。

トイレも水道も無いコンテナの中にスシ詰めになって数日間、生死と隣り合わせの状況で、さらに日本に何のアテもない状況でも密入国してくるのは、やはり彼らの国ではあまりにチャンスが少なく絶望ばかりが存在するからではないか、と思うのです。

中国の道端でレンガを積んでいる人はあたかも生まれてからずっとそうしているかのようにレンガを積んでいて、駐車場の警備係は今日も明日も、その先も永遠にそうしてるのが当然のようにそこにいて、まったく希望というものを失っているかのようにただ単に毎日を過ごしているかのように自分の目に映ったのですね。

もちろん職種のことを言っているのではなく、業務を遂行するのに、それをより効率的に行おうとか、そういった意思(向上心)が全く感じられず、ただただ現実をそのまま受け入れているようにしか見えなかったのです。
今日と同じ日がまたやってきて、それを死ぬまで続けてゆくしかないのだ、そういったあきらめにも似た雰囲気を彼らから感じずにはいられませんでした。

一方、チャンスを掴もうと貪欲な人々もいます。
つまり社会的成功を狙う人々ですが、輸出のウエイトが高い中国においては国内の産業に携わるよりも輸出に携わり、外貨を獲得するのが最も手早い方法だと言えます。

ここで重要なのが「語学」の習得。
もちろん語学の習得は義務教育で習う範囲では不十分なので、別に学校に通うことになりますが、これが結構費用がかかります。仕事を持たない学生や、また仕事をはじめたばかりの人びとがそういった学校に通うのは大変なことだと思います。(日本とは異なり、どの企業も即戦力となる人間を必要としているので、一般的に会社に入ってから学ぶような悠長なマネはできないみたいです)

ぼくが知っている中国の人は当然ビジネス関係の人ばかりですので、日本語や英語、またはその両方(中国語を入れると3ヶ国語)を話す人が多いでようですね。
語学力を身に付ければ中国では圧倒的優位な立場に登ることが出来ますので、女性が語学を習得して第一線で活躍する姿も良く見ます。

そこで、ぼくはある女性に語学の習得には幾らくらいかかったのか、と聞いたことがあります。
返ってきた答えは予想を上回る金額で、それでは金銭的に大変だったのでは、とさらにぼくは質問を返しました。
それに対する答えもまた想像を超えるもので、「からだを売ったお金で学校に通った」といものでした。「将来結婚するだろうけれど、そのことは(結婚相手には)死んでも口にしないし、墓まで持ってゆく」とも。

このとき、ぼくはすごく自分を恥ずかしく思ったんですね。軽々しく訊いてしまったこともそうでしたが、学べる環境やチャンスを掴める環境にいながらも、たいして努力しなかった自分がすごく恥ずかしかったのです。ぼくにはその女性にとって、また一般的な女性にとってプロスティテュートがどの程度の意味合いを持つのかわかりませんが(たぶん一生わからないと思う)、彼女の中では「社会的成功」のプライオリティの方が高かった、ということになります。

ぼくは逆に彼女から「あなたは何をひきかえにして生きてきたのか。なにか犠牲にしたものはあるのか」と訊かれるのではないかと内心ひやひやしましたが、その場はそれ以上の会話はありませんでした。日本は努力すれば何でも手に入る国であるとぼくは思っていますし、彼女もまた、ぼく以上にそう感じていたと思います。彼女はその努力をしていないぼくを見下し、また責めるかのような目つきでぼくを見ていたからです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●コラム/近況, ●旅行や観光など

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.