>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●自動車関連ニュース・ネタなど

過去ログ(自動車関係)~2

更新日:




自動車ディーラー

b14

家の近所には日産のディーラーが数件あるのですが、どこも対応的にはイマイチ満足がゆくとは言い切れません。
Zロードスターが出たときも、キューブ・コンランが出たときも、ムラーノが出たときも、案内をくれるように頼んでおいたのですが、どこからも案内は来ませんでした。できれば発売前に「こんなん出ますよー。いつごろに展示車来ますよー」的アナウンスが欲しかったです。



その点、統廃合のためにもう無くなってしまったものの、以前Zを購入したディーラーはヌカリがありませんでした。ぼくは比較的「営業さんで車を選ぶ」傾向があります(多少値引きが少なくても、家から遠くても、後々付き合えそうな方を選びます)。さらに衝動買いをする傾向があるので、比較的付き合いのあるディーラーでひょっこり買ったりすることがあります。

種類が増えた4WDについて考える

DSC04420

最近は、デカい四駆が増えました。その中でも数種類に大別することができると思います。

ぼくが考えた四駆の区分
1.ハリアー、ムラーノなどに代表されるオサレ系四駆
これは、サラリと乗りこなすタイプが多いですね。時折ハリアーをレクサス仕様にしたりして、次に挙げる「ラグジー系」とクロスオーバーする層も存在します。ある意味ハリアーはラグジー四駆のハシリとも言えるのですが、今ではすっかりアメリカン四駆に株を奪われつつあります。国産車だけに「ただ単に乗ってるだけ」という層も存在するので、そういった方々と差別化を図るのが難しそうです。

2.ハマー、キャデラックやリンカーン(の四駆)をプチカスタムしたラグジー系
やはり、「DUB」のステッカーは外せませんね。ぼくは行ったことがなにので恐縮ですが、なんとなく西海岸の香りがするような気がします。20インチ以上のとんでもなく大きいメッキホイールを履かせたりしています。まだパーツも少なく改造費が高いので皆そんなに改造してはいませんが、この手の車は「命かけてます」風よりもアクセサリー感覚で軽く乗るのがイケてるように感じます。
3.ランクルの人たち
現在は1,2が大量に出現したので、少し影が薄くなりつつあります。ランクルの中でも自分の方向性を模索しラグジーな人たちやリフトアップな人たちがいらっしゃいますね。
4.ボルボX90、BMW X3・5、カイエン、トゥアレグなど外車勢
このあたりは、やはり家族を持っておられる方で、さらに経済的余裕があり、アクティブなライフスタイルの方々が多いように思います。が、まだ分類できるほど特定のタイプが集中しているわけではないとも思います。しかしながら、わざわざ高価なヨーロッパ製四駆を選んでいるので、それなりの嗜好をお持ちなのだと思います。

ムラーノやハリアーはサイズが現実的で実際に欲しいですが、やはり個人的な嗜好としては(2)です。ブラック(ソリッド)のボディカラーで、合法的な範囲でウインドウもブラックにして、22インチくらいのメッキホイールを入れたいです。こういった車が最新のアイデンテティで建てられたディオールのビルの前に停まっているのを見ると、異様に格好良いように感じます。ハマーなどは900万円前後ながら、「スーパーカー級」のインパクトがありますよね。そのようなハマーからぼくが降りてくる姿を想像すると、あまりに似合わないのですこし可笑しいです。


VWトゥアレグ

VWトゥアレグのカタログをWEB上で請求しました。ディーラーまで出向けば良いのですが、ぼくがルポを購入したディーラーは残念ながら閉鎖されてしまい、新たに対応してくれているディーラーとはどうもウマが合わないのです。WEB上でカタログを請求すると、様々な入力項目があります。とくに、「購入予定時期」などは必須ですね。

そして、「今乗っている車」もかならず存在する項目で、もちろん「今乗っている車」の項目はには愛車ルポを選択します。この項目はプルダウンメニューになっていますので、「メーカー」を選ぶと自動的にそのメーカーの車種一覧が出てくるのですね。そこで事件は起きました。
メニューの中にルポが無い
他のVW車はメニューの中に存在するのですが、ルポだけがありません。車名リストは「ポロ」で終わっており、その下は「その他」になっています。メーカーサイト、しかも現行車にもかかわらず「その他」扱いとは!なんたる不名誉!と思いましたが、しょせん、最下位車種などこんなものサ・・・。と思ったりもしました。確かにルポの知名度は異常に低く、皆「ポロ」と間違えます。

ちなみに、(ぼくの見た)ポルシェのローン申込み用紙の年収欄は、最低ランクで「500万円」から始まっています。さらに職業欄には「公務員」がありません。職種は「医師」と「歯科医」が別れていたり、アッパークラス職業が細分化して記載され、主にそれらを選択するようになっています。

いつの間にやらビートルに「EZ」なる廉価版が追加

a0013382_162114

いつの間にやらビートルに「EZ」なる廉価版が追加されています。メインの車以外は走りに関してはあまり気にせず、単に「面白ければ(スタイリングであろうと機能であろうと)」それで良いので、ぼくにとっては非常に歓迎すべき存在です。

しかもぼくの大好きな「オレンジ」が追加されていますね。オレンジは現在世界的に流行の兆しを見せており、すでにスピードイエローのカレラを注文してしまった今、MY06あたりで標準色で追加されたりすると悔しくて夜も眠れそうにありません。ビートル以外でもしMINIを買うとなると、一番安いグレード「ONE」を選ぶと思います。
金銭的理由も大きいですが、やはりカレラと少しでもバッティングするのを避けたい(走行面やスタイリング面についてはカレラで追及したいと思いますので、できれば全くジャンルの異なる車~コンパクトやオフ四駆など)がぼく的に好ましいです。また、変に高性能・高付加価値な車を買ってしまってそちらに関心が向いてしまうのもちょっと避けたいです。
↓この部分だけだと997に似ていますね。

レビンとトレノ

IMG_9769

レビンとトレノ、という車がありまして、現在は存在しないもののモデル末期のころはそれなりに速く、楽しい車でした。
思えば、ぼくがはじめて購入した車はトレノ(中古車・いわゆるハチロク)でした。ぼくが購入した時にはレビンもトレノも単なる不人気中古車でしかなく、走行60000kmのトレノを14万円で購入しました。その後レビン・トレノはFFへと移行したためにFRであったAE86が人気化、その後とうふ屋の影響もあって現在の高値が続くわけです。

そんな理由で、ぼくが売る頃にはプレミアが付いていましたので、相当に高く売却できました。
ぼくが今まで購入した車の中でもベスト3に入るであろうかという楽しい車でしたが、なにせ中古車なのでボロく、内装は変な液剤で中古車屋が磨いていたためにヌルヌルするという、クセのある車でした。
実際のところ速いか、といわれると「すごく遅かった」としか答えようがないです。
当時全盛であったワンダー(シビック)について行くのがやっと、グランドなんか出されたら25Xにもブチ抜かれる、CR-XのSiなど持ってこられた日には走らずにギャラリー決め込むしか無い、といった塩梅です。

とにかくアンダーとロールが激しく、ホンダ勢の接地感と低速トルクに常に憧れを抱きつつも良く走りに行ったものです。
当時は改造が許されない時代でしたのでアフターパーツも一般人向けのものはほとんど無く、皆ほぼノーマルでの争いでした。
改造が一般的になり、ビジネスとして成立したのは規制緩和され、GT-R(BNR32)が登場した後のことですね。

レビンとトレノ、その意味は稲妻と雷鳴だそうですが、意外と知られていませんよね。


弄る気になる車とそうでない車がある件

IMG_0284

車によっては、「弄りたい車」と「そうでない車」があります。「弄りたい車」というのは、すでに完成されてしまっている車ですね。手の入れようが無く完成されていて、その完成度に満足している場合かと思います。逆に改造したくなる場合と言うのは車が未完成な場合(コストの問題で本来、設計者が意図した仕様で世に出ないことがある)や不満がある場合が多いと思います。

ぼくにとって弄りたくない車の筆頭はやはりポルシェ、弄りたい車の筆頭はMINIとビートル。けしてMINI、ビートルの場合は完成度が低いというわけではなく、「自分仕様」にする素材としては最高であり、また、そのための道具(アフターパーツ)も揃っている、ということです。この2車をぼくが購入した場合、お金がいくらあっても足りないような気がします。

ホンダ・エレメントがフェイスリフト

a0013382_8134448

(日本での)廃番疑惑が持ち上がっていたエレメントですが、継続されるようです。日本ではほとんどというか全然売れていませんが、北米では月3000台程度をコンスタントに売るそうです。

ぼくのエレメントは絶好調、当初目に付いたネガもいまでは気にならなくなりATが4速しかない以外は不満もなく、快適に乗っています。今回のフェイスリフトでは外観のみの変更にとどまるようです。これでもし5ATの導入などされていたら(すでに同じような構造のCR-Vで採用済みなのでありうる)ミッション積み替えなど検討していたところです。4ATはかなりローギアード、しかもi-VTECはトルクもあるので未だ4000回転以上回したことはありません。
ちなみに先日訪れたタイではマフラーサイド出しが流行中です。エレメントはフロアとマフラーとの隙間が大きく、テールパイプフィニッシャーを装着しても隙間がありすぎて見栄えが悪いので、大きなタイコのついたサイド出しマフラーなど似合いそうですね。
エレメントは仮面ライダーの車としても有名ですが、問い合わせも多いようでホンダの「お客様相談室」にもUPされています。

【ホンダが、北米で生産を行い、日本へ輸入・販売しているSUVモデル“エレメント”をマイナーチェンジし、9日に販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、サイドシルガーニッシュとカウルトップの形状が変更され、マフラーエンドにはパイプフィニッシャーを新たに装着。また運転席シートベルト締め忘れ警告ブザー&警告灯が標準装備となった。2.4リッターVTECエンジンや4速ATなどにパワーユニット関連は特に変更されていない。価格は、271万9500円。】

各車の「進入にかかる時間」が公開。フィアット・パンダは8秒

DSC01516

結構過激なテスト結果です。こうやって見るとBMWは全体的に優秀、VWはバラツキがありますね。
しかし「8秒」て・・・。

【イギリスの自動車雑誌『What Car?』誌(http://www.whatcar.co.uk/)は、毎年恒例の自動車への侵入テストの結果を発表した。このテストは、同誌に委託された自動車泥棒の手口に詳しい専門家が、市販されている工具だけを使い自動車に物理的な損傷を加えることなく、2分以内に侵入を試みるというもの。毎年実施されているテストで、今年は20台の自動車がテストの対象となった。もっとも成績が悪かったのは、わすが8秒で侵入されてしまったフィアット『パンダ・ダイナミック』であった。またBMW『525i SE』など4台は2分以内で侵入できなかったという。
テストの結果は、成績の良いほうから下記の通り。】

●BMW『525i・SE』…2分間では侵入できず
●レクサス『RX300・SE-L』…2分間では侵入できず
●プジョー『407・SE』…2分間では侵入できず
●BMW『X3・SE』…2分間では侵入できず
●シュコダ『オクタビア・アンビエンテ』…1分57秒
●ボルボ『S40・SE』…1分48秒
●VW『トゥーラン・S』…1分40秒
●シトロエン『C2・VTR』…1分15秒
●BMW『116i』…1分9秒
●アウディ『A6クワトロSE』…1分4秒
●プジョー『307CC』…1分3秒
●ルノー『セニック・プリビレッジ』…53秒
●ミニ『クーパーSコンバーチブル』…52秒
●オペル/ボクソール『アストラ・デザイン』…46秒
●スバル『レガシィ・SE』…40秒
●マツダ『RX-8』…39秒
●スマート『フォーフォー・パルス』…31秒
●VW『ゴルフ・GT』…26秒
●キア『ピカント・SE』…11秒
●フィアット『パンダ・ダイナミック』…8秒

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●自動車関連ニュース・ネタなど

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.