>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況 >中国

過去ログ(中国関係)~2

更新日:

国際結婚について

b6

中国(広州)ですが、行くたびに発展しています
。中国では平均所得が最も高い地域でもあり、比較的都会的雰囲気がある地域でもあります。
そこで、最近目に付くのが「コンパル」とか「ゼクシィ」みたいな、結婚式に関する相談所みたいな、式場やウエディングドレスを決めるところ(あれを何と呼ぶのかわからない)です。これらが増えているように感じるのですね。日本のチェーンやホテルも中国における結婚産業に注目しており、進出を図ったりすでに進出しています。で、ショーウインドウなど覗いてみるわけですが、「国際結婚」などの斡旋も行っているのですね。



そこで、ぼくなりにプロファイリングしてみました。中国ではケーブルテレビも普及していて、日本の番組や、世界の番組を見ることができます。中国の女の子さんが日本のドラマや韓国のドラマを見て、その後に自分の隣にいる彼氏を見ると、現実問題としてその差に愕然とすることがあると思うのですね。現地ヒアリング結果では 「欧米(白人)>>>日本>香港>韓国>台湾>>>>>>>>>>中国(男子)」ということだそうで、女の子さんにとっては、やはり国際結婚を望む傾向が大都市では見られるのではないでしょうか。

農村部では外国人を見ることは無いかもしれませんが、都市部では外国人を見る機会が頻繁にあり、そうなると「手が届きそうな」雰囲気になるのだと想います。
しかしですよ。中国の女の子さんは望めば欧米人や日本・香港人と結婚できると思いますが、中国男子はいくら望んでも欧米女性や日本人女性と結婚することは叶わないと思うのです。これはルックスよりも、先に書いた「男の価値=標準装備でお金、オプションで情報とインテリジェンス」的要因が大きいと考えます。


中国の反日思想について考える

a0013382_6453843

拡がりを見せている暴動ですが、イギリス紙はするどいところを突いているようです。政治や国交というのは、たいへん難しいものです。お互いが国の利益を背負った立場であり、国民の支持を得られるように行動する必要があります。相容れない複数の意見のどこへ妥協点を見出すのか、そこがポイントなわけですが、これが時折戦争にまで発展するわけです。

いまどきの日本で「アメリカは原爆落としたじゃねーか」と言ってアメリカに対して敵対心をむき出しにするものはいませんが、中国ではいまだそういった過去の遺物が色濃く残っているわけです。中国の政治家は、民衆の心理をひとつの方向へ向けるために日本を仮想敵国へ仕立て上げているだけで、そういった国の方針が民衆のこころをねじまげてしまうのはとても悲しいことです。
こういった事は現代に始まったわけではなくて、ローマ帝国がはじめたコロッセウムでの殺し合いなどもそういった類のもの(内政への不満を逸らす)ですね。これは根本的な解決策とは当然なり得ず、一時しのぎにすぎません。中国では未だ渡航制限やインターネットの閲覧制限があり、国民が実際の世界状況を肌で知ることが出来ない、といった現状も問題です。

逆に中国のそういった(対日ボイコットなど)ニュースを見て、ぼくら日本人は「中国人は日本が嫌いなんだな」と思い込み、そうなると中国の人に対して良い感情を持つことができなくなります。そうなると中国の一部過激な人たちのために中国は日本人の国民感情を悪化させてしまうわけです。情報の伝播速度が速い現在、一部がすべてのような報道や誤った報道をすると、思いもよらない事態を招くこともあると思います。

【(ロンドン11日共同)11日付の英紙タイムズは社説で、中国の過激な反日行動について「明らかに中国政府の暗黙の奨励に基づいて行われている」と指摘した。その上で「日本の世論はもはや中国に対して、それほど卑屈ではない」と強調。反日行動の過激化を許せば日中の経済関係が脅かされるなどとして「最終的には中国が敗者になるということを中国政府の指導者は理解しなければならない」と主張した。一方で小泉純一郎首相に対しては、教科書検定をめぐる日中両国の緊張関係を終わらせることや、靖国神社参拝以外による戦没者の追悼方法を見いだすことで、「真の改革者」であることを証明するよう求めた。】

中国人の招聘

DSC01540

中国の取引先が日本に来たいと言い出しまして、招聘の手続きを取ってくれと言われています。中国の一部地域の人しか観光ビザを取得できず、それ以外に居住している人が日本へやってくるのは、けっこう難しいみたいです。こちらがわとしては具体的に身元保証書、招聘理由書、滞在予定表などを作成する必要があります。他に法人で招聘する場合は登記簿謄本など、個人で招聘する場合は在職証明書や納税証明書、その他とんでもない数の書類をそろえる必要があります。ここまで本格的に招聘してしまうと、もしも彼らが中国へ戻らずに日本国内で行方をくらまし不法滞在したときなど、こちらが不利な状況へ陥ることが容易に想像でき、ちょっとためらってしまいますね。

そういえば、インドネシアは現地についてからビザを購入する形式で、言ってみればお金さえあればだれでもOK、みたいな感じでした。イギリスは審査がきびしく、(所持金が少なかったので)ぼくは入国審査官がら「go back to JAPAN」と言われたことがあります。

中国の通知票には「愛国心」があった件

a0013382_22204626

愛国心が通知表に。過激な国のように、過剰な愛国心を持つ必要は無いと個人的に考えますが、自分の国についての理解そして誇りは持つべきではないかと考えます。ぼくは、外国へ出る前にはまったく愛国心というものを持ち合わせていませんでしたが、いったん外国へ出て同じ年齢の人間(当時18歳)と話していると、いかに自分の国の歴史や世界におけるバランスを理解しているか、自分の国や民族、家族に誇りを持っているかを感じて驚いたものです。今時分があるのは、どういった歴史の上に成り立っているのか、そのうえで自分に何ができるのか、そういった理解がこれからの国際社会には不可欠ではないでしょうか。ここで具体例は挙げませんが、日の丸をつけて世界の競技舞台に立ったとき「君が代はダサいから」と国歌斉唱に加わらないのも日本代表としてどうかと思ったりします。たしかに君が代はダサいと思いますが、国の代表が国に誇りを持てないようではさすがにマズいので、せめて国を誇りに思えるような教育現場を目指して欲しいものです。「己を知り~」ではないですが、まず自国を理解しておかないと、世界を相手に戦うのは(ビジネスでもスポーツでも)難しいのではないか、と考えるときがあります。

【「国を大切にする」などの「愛国心」表記を通知表の評価項目に盛り込んでいる公立小学校が埼玉県で52校に上り、岩手、茨城、愛知県にもあることが毎日新聞の全国調査で分かった。教育基本法改正案を巡る国会審議で、小泉純一郎首相は「愛国心があるかどうか、そんな評価は必要ない」と答弁したが、学校現場は既に評価へ踏み出し、全国に広がる気配だ。【まとめ・井上英介、高山純二、高本耕太】
埼玉県内の52校の所在地は▽鴻巣市▽行田市▽熊谷市▽深谷市▽騎西町▽寄居町。茨城県内は常陸大宮市と牛久市、阿見町、愛知県は北名古屋市、岩手県では大船渡市と釜石市で「愛国心」を盛り込む事例があったが、各県での総数は不明だ。「愛国心」表記の通知表が見られるようになったのは、学習指導要領が02年度に改定され、小学6年社会科に「我が国の歴史や伝統を大切にし、国を愛する心情を育てるようにする」などの目標が設定されて以降といわれる。】


中国(反日デモ、抱える問題について考える)

a0013382_18482439

中国の対日本デモですが、これは現地(広州)では政府主導とも言われています。やはり不満が多く、ただ単に暴れたいだけの若者を利用しているようですね。そういったニュースを世界に流出させ、日本の立場を悪化させるというか反省を促そうとする意図があるのではないでしょうか。しかし思ったよりもデモの規模が大きくなり、その矛先が中国政府に向くのを恐れて現在はデモを抑える方向にあるようです。

報道では日本製品に対するボイコットが強調されますが、実際のところ一般人はそんなことどうでも良いみたいで日本料理店は相変わらず大人気、長蛇の列です。現地人ビジネスマンもデモに対しては冷ややかな視線を注いでおり、「あんなのは仕事の無い人間か暇な学生しかやらないよ」といった感じです。

今回は、反日デモが盛んに行われる中での訪中です。それに対する中国の対応や会談の内容を見ていると「中国大丈夫か」と思ったりします。中国に工場なり会社を作ろうと思うと、必ず中国の会社と共同出資する必要があり(メルセデスは初の例外とか言っていたような気もします)、合弁で会社を作ります。しかし、今回のように安全確保に向けて大した対策を取っていないと進出した企業は心配ですよね。また、民主主義ではありませんので、国家がイキナリ企業を接収してしまう可能性もあります。
どういうことかというとですね、今、中国は盛んに外国からの企業誘致に躍起になっています。オーケーオーケー、全て問題無し、まとめて面倒見るから日本からでもアメリカからでもヨーロッパからでもどんどん進出して来いや、といった感じです。そうやって中国国内にどんどん強い会社を合弁で作らせるわけですね。パナソニック、ホンダ、BMW、VW、その他もろもろ世界の有力企業がどんどん中国へ進出し会社を作っています。
そして、ほとんどの有力企業が進出してしまった後に中国はイキナリ鎖国をしてですね、それらの進出済み企業を接収してしまうのではないか、と思うことがあるのです。何せ中国は人口13億オーバーを抱える国です。ある程度の生産力を確保すれば輸出、輸入をしなくても内需だけでもやってゆくことができるのではないでしょうか。携帯電話が中国全人口の5%に普及しただけで、すでに日本の携帯電話利用者を超えてしまったくらいですから、その爆発力はとんでもないものがあります。

a0013382_8524397

現在、中国ではどんどん車が増え交通量が増えていますが、インフラ整備が整わず信号が少ないです。また現地の人は信号に慣れていないので、せっかく信号があっても気さくに無視したりします。こういった「決まりを守らない」人が多いのですね。コピーが相次いだり、そういったモラルの欠如もあり、このまま近代化が進むとどうなるのだろう、と思います。かつての日本の高度経済成長期とは異なるのは「テクノロジー」ですね。かつての日本はテクノロジーと経済がバランスして発展しました。しかし、今日の中国では経済よりもテクノロジーがはるかに進んでしまっているという差異があります。これがもたらす影響としては現在も問題になっている「地域による経済格差」ですね。外国と接して容易に外国の最先端テクノロジーに触れてそれをお金にできる沿岸部の企業はお金を稼ぐことができますが、そういったテクノロジーの共有をできない内陸部の企業はどんどん置いてゆかれるばかりです。発展の速度に人民や地方行政が追いついてゆけないのです。

さらに中国人個人の先行きの見通しに対する「甘さ」という問題も。現地の中華料理を食べに行くと、とんでもない量の料理が出てきます。「客が食べきってしまう量の料理を出しては店の恥」という考え方があるらしいですが、そういった思想が製造業全てに現れています。
たとえば、自動車。一昨年は中国の景気が良くてたくさん自動車が売れました。そうすると次の年(昨年)は先のことを考えず、また市場にどれくらいの購入者がいるのかを考えずに増産しまくります。しかしながら、中国ではもっとも安い車でも平均年収の何倍、何十倍もします(30年ローンで買ったりするらしいですが、中国の自動車が30年も持つわけないと思います)。そうすると、やはり市場には自動車がダブついて、その次の年(今年)は各メーカーこぞって投売りし、在庫処分に励むのです。そういったドンブリ勘定的な経営は非常に危険です。今は携帯電話で同じような現象がおきているようで、ずいぶん携帯電話も安くなりました。
ポルシェ社は、「一台多く造りすぎるより、一台少なく造った方が良い。それが生産管理だ」と言っていますね。ぼくもそう思います。購買層よりも多く物を作るのは「生産管理」や「経営」ではありません。

中国内陸部の印象について

a0013382_13144286

内陸部を車で走ると、そこには今まで見たことの無いような光景が拡がります。農村部の農民は生まれてからずっとそうするのが当たり前のように農作業をしていて、それは永遠に続けられるかのように思われます。土木建築員もまた同じです。彼らは土木建築員であることに疑問を感じることなく、同じ作業を繰り返しているだけのように思えます。人生におけるあらゆる可能性を拒否されたかのような環境がそこにあるのです(農民戸籍は引越しや進学が厳しく制限され、就職や結婚においても激しく不利)。

移動中の車の中にいるぼくと、外にいる彼ら。
ぼくは車のウインドウに映った自分と、ウインドウ越しに見る彼らの姿を重ね合わせて、ふと思いました。
もしぼくが、中国の農村部や内陸部に生まれていたらどうしただろう。
あるがままの人生を受け入れて一生を終えていただろうか?
それとも、なんとかそこを脱出しようと試みただろうか?

実際には、ぼくは幸運にも日本に生まれたのでこのようなことを考えること自体ナンセンスですが、ああいった風景を目にすると人間はけして生まれながらにして平等ではない、と思います。しかしながら日本においても逆境に負けずのし上がる人もいますし、恵まれた環境にあってもそれを活かす努力をしない人もいます。そう考えると成功するか否かは生まれた環境ではなく本人の意思ひとつなのかも知れませんね。

以前から思っていたのですが、田舎に行くほど中国では男同士の仲が良いように思います。肩を組んだりするのはあたりまえ、中には腕を組んだり、手をつないだりしている光景を良く目にし、はじめて見たときは「ホモばっかりか」と思ったものです。


中国が軍事大国化

a0013382_18381030

中国が軍事大国化しているようです。

【軍事費について中国政府は299億ドルと公表しているが、報告書は、実際は公表の2~3倍で、最大で900億ドル(約10兆円)であると推計。米国、ロシアに次いで世界第3位の軍事大国になっているとして、軍事費の不透明性に不満を表明した。この傾向が続けば、軍事費は2025年までに3倍以上に増大するとも述べ、急速な軍の近代化と合わせ、長期的には周辺国・地域や周辺地域の米軍に対する明白な脅威になり得る、と警告した。】

現在、中国は外国企業の誘致や買収に躍起です。中国に企業を設立するには様々な規制があり、結局は合弁というスタイルをとらざるを得ないのが現状です。しかしながら生産コスト、運送の面で中国は非常に魅力的、また中国市場を将来的にターゲットとする企業はこぞって中国へ進出します。しかしですね、中国は民主主義ではありません。

国家が黒といえば白いものでも黒、そういった現実がまかり通る国です。世界の有力企業を誘致してテクノロジーや設備を取り込み、そして同時に軍事大国化を図る。ある日突然鎖国をして、外国企業の設備と人間を接収する(半分は中国の資本だからウチのもの、という強引な理論で)。反対する国家には軍事力をチラつかせ、中国に入る外国人は人質です。中国は巨大な国ですので、内需のみでも相当な経済効果を期待できます。また、資源も豊富で(その上まだ資源を確保しようと動いている)輸入に頼る必要もありません。無いのはテクノロジーと外貨ですが、それは外国企業の誘致により現在進行中です。ある意味もっとも危険な国ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●コラム/近況, >中国

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.