>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況 ●自動車関連ニュース・ネタなど

過去ログ(自動車関係)

更新日:

0

ぼくは別に外国車好きというわけではないのですが、最近は外国車というかヨーロッパ車を購入することが多いです。なぜかというと、外国車は目的に特化したモデルが多いのです。コンパクトさを追求したモデル、デザインに特化したモデル、走りに特化したモデル、ステイタスに特化したモデル、etc...。



なので、自分のライフスタイルや目的に合った車を探しやすいのですね。そこへゆくと、日本車はそのモデル数の割に、このように、ある分野に特化したモデルが少ないような気がします。傾向としては、なんでも「スポーツ系」に仕立てようとしているように思います。スポーツセダン、とかスポーツワゴン、など・・・。自動車市場においてはけしてスポーツモデルが求められているというわけではないと思うのですが、供給側やジャーナリズムは「スポーツ」という単語に過敏に反応するように思います(スポーツカー顔負け!とか)。そんなワケで、どのような車も似たような、どっちつかずな仕上がりになってしまうのではないでしょうか。はっきり言って、クラウンとかマジェスタとか良く似た車が多いですし、レジェンドのような高級車でも「スポーツ」を標榜しています。日産も良くわからない車を連発していますね。どっちつかずな車のどこに魅力を感じれば良いのか、ぼくはわかりませんし、どうやって良く似た車種の中から一台の車を選べば良いのかもわかりません。そこへゆくと、セルシオはひとつの方向に向けて特化した車であり、ぼくは非常に好きです。セルシオ欲しい。

関連投稿:カーAVについて考える

IMG_9589

いつも思うのですが、車におけるオーディオ事情はホームのそれとは大きく異なります。限られた空間で、なおかつ限られた取り付けスペースで、という制約がカーオーディオにはあります。またカーナビも必需品となった為にセンターコンソールにまとめて入れなくてはならないわけですね。そういった関係で、カーオーディオには早くからDSPが登場し、ホームよりも先に「5.1chカーシアター」が普及し(これは家ではなかなか大音量を出せないことも関係していると思う)、現在はHDDオーディオが大きな流れになっています。それに対してホームではスペースの制約が車に比べると無いに等しく、圧倒的に有利な環境ではあります。

HDDオーディオには否定的ではありませんが、ぼくはCDをローディングするときの動作が好きなのですね。従って、その動作を行う必要がなくなってくると、すこし寂しいものがあります。アナログディスクが消えようとしたとき、多くのオーディオファンが「レコードをジャケットとビニール袋から出してプレーヤーにセットする」という一連の動作やディスクのクリーニングを懐かしがったように、ぼくもゆくゆくは「CDのローディング」を懐かしむのかもしれません。

車のオーディオというと、ヘッドユニットとスピーカーあわせて数十万円、というのが一般的ですが、ホームだとなかなかそこまでの金額を(一般的に)払いづらいですよね。また、タイヤ・ホイールのセットも18インチになると相当に高額で、しかしながら良く売れており、つくづく車というのは特殊なマーケットを構成していると思います。

ガソリン代と自動車通勤

a0013382_20231067

ぼくは車で通勤しているわけですが、ガソリン代が高騰してちょっとツライです。バイク買ってバイク通勤するか、とも思うのですが、わざわざ購入したとして浮いたガス代で車両や保険代金を吸収できるかどうか疑問です。それに、雨の日や雪の日は通勤が困難です。現在通勤路において、普段は高速を使用していますが、最近は経費節減のため下道を利用することも増えました。そうなると益々燃費が悪化したりして、高速代金である片道250円(割引後)との差額すら微妙です。

そして新たな発見がひとつ。高速走行時は何とも感じませんでしたが、下道を走っていると、ATではイマイチ楽しくないのですね。ATは安楽ではありますが、交通状況を読みながら車線変更を繰り返してライバルを抜き去るという、あの醍醐味を味わうことができないのです。ずっと先の状況を予測し、他の車の動きを予測し、他の車に迷惑をかけずに水すましのようにアスファルトを滑ってゆくアレです。バイクでいえばすり抜けですね。たとえ小さな排気量であっても、たとえ非力であっても、己の技量と予測能力、判断力のみで大排気量車やハイパワーターボカーに後塵を浴びせることのできる唯一のステージ、それは通勤時の一般道をおいて他なりません。ロンリージャーニーでブルジョワジーな高速道路とは違う、殺伐とした世界がぼくらを待っているのです。
そんなワケで今、小型軽量、燃費の良い通勤車が猛烈に欲しいです。とりあえず候補はダイハツ・ブーンX4、スズキ・スイフトスポーツ。他にも物色中ですが、なるべく地味で営業車っぽいルックスの車を探しています。

通勤用の車というとすごく贅沢なような気がしますが、通勤というのはアレです、ほとんどの人にとってあまり気が乗らないものではないでしょうか。今日も憧れの営業二課の田中君に会える、そんな恋愛ボルテージ沸騰中のOLさんでもない限り会社へ行くのは楽しくはないものです。
だが、しかし、ぼくは頭の中の2/3くらいが車のことで、残り1/3は猫のことくらいしか考えていない人間です。
昨日はまんまと抜かれたが今日は絶対あのヴィッツRSには負けねーぜ!とか考えると朝起きるときの気分が全然違うわけです。闘争心がぼくを通勤路へと駆り立てるわけですね。そう考えると、ぼくはステアリングを握ってガスペダルを踏むことでしか心の平安を得ることができない人間だと改めて感じます。

スバルについて考える

a0013382_2214855

正直なところ、ぼくはスバルがあまり好きではありません(スバル乗りの方すみません、あくまでも個人的な意見です。)。今まで、あえてコメントを避けてきたスバル。ぼくは車について悪く言うのが好きではないので、試乗した中でも、あえて触れなかった車やメーカーがあります。それがスバルです。ちょうど21世紀になろうとしているころ、もしくは突入したころ、現行インプレッサがデビューしたと記憶しています。そのとき、ぼくはインプレッサを見て、そして乗って、こう思いました。

これは21世紀を走る車ではない、と。

スタイル、装備、エンジン、トランスミッション、快適性、そこに新世紀を感じさせるものが無かったのです。元来スバルはもっとチャレンジ精神に富んだ会社であったと思います。昔のレオーネ4WDやアルシオーネは素晴らしかったですね。しかし、レガシイのヒットにより状況は一変、レガシイというブランド、また水平対向+シンメトリー4WDという「シンボル」を中心に動くようになったのではないでしょうか。現在、そのレガシイの販売も低迷(しているように思える)し、初代イメージキャラクターであるブルース・ウイリスを起用するあたりも、まだまだ過去の亡霊に囚われているように思えます。

ぼくは、新しい車や、新しい技術が好きです。もちろんそのベースにあるのは過去の経験や伝統であることも理解しています。何度か書きましたが、かつて、1989年ころ、日本車がブッチギリだった時代があります。R32GT-Rやセルシオ、マツダ・ロードスター、そういった車が世に出た時代ですね。GT-Rは当時959を擁していたポルシェ社をして「(ポルシェ社には)あの価格であの4WDシステムは不可能」と言わせ、セルシオはメルセデス・ベンツ、BMWの方向性見直しを余儀なくさせ、ロードスターはその後のオープン2シーターマーケットを定着させた立役者です。
そういった車に危機感を感じ、切磋琢磨して自動車の技術や性能が向上します。そして2005年。当時は不可能に思えた4WDシステムを現在ではわずかなコスト・重量45kgで市販可能にしたポルシェ、自らの殻を破り前衛的でありつづけるBMW、すでに確固たるポジションを築いたボクスター、SLK、Z4。それに対してGT-RはR34でも同じエンジン、システムを使いまわして重量は重いまま、ロードスターは自分の場所を見つけることができず困っているように思います。唯一、周囲に影響を与え続けるのはセルシオ(レクサスへ移行しますが)。
伝統だけに囚われていては、あっという間に後塵を拝してしまう、それがこの業界です。一時のヒットに気を良くして、その焼き直しばかりを造っていると、すぐに輝きは色あせてしまうのです。ヒットが出ると必ず伝統と革新との板ばさみで苦しむものですが、それを乗り越えたいメーカーやブランドこそ、いつまでも輝き続けるのだと思います。「変わること」「変わらないこと」どちらも大切ですが、911、MINI、レンジ、魅力を放つ車はハード・ソフト(パブリシティ含む)ともにそのバランスが取れているのではないでしょうか。

余談ではありますが音楽業界のサイクルは速く、女性アーティストにおいては更に速いです。そんな業界においてマドンナが吸血鬼のように君臨し続けたのは、「自らのイメージを変え続けること」を常に考えていたからだそうです。ヒットが出ても、それと同じスタイルは二度とやらず常に新しいスタイルとイメージを作り上げてきたのがその理由だ、と言われています。

スズキについて考える

a0013382_2130342

ぼくがあまり触れないメーカーがあります。それは、「スズキ」。ときどき魅力的な車を作り、スマッシュヒットを飛ばします。非常に良く物を考える会社で尊敬に値する部分もありますが、プロダクトに関しては「そこまで追求しなくても、こんなものでいいんじゃないか」という姿勢が見えるのです。例えば、以前のアルト・ワークス。かつて、サイドステップ左右にモデルを示すバッジがありましたが、「対向車からは見えないだろ」という理由で歩行者側にのみバッジが装着されるようになりました。スズキ・チョイノリ。これも画期的な乗り物です。全てに渡ってコストを削り、通常は標準とさえ思える部分まで削りました。「これくらいのレベルで良いだろう」という声が聞こえてくるような製品です。妥協しているのか、逆にコストダウンには妥協しないのか良く分かりませんが、ひとつの方向性ではあります。

しかし、このコスト管理や手法は逆に見習うべき部分でもあるのです。ホンダは原付「トゥディ」を製造するに当たり、人件費が安価な海外で製造しています。これは人件費は安く仕上がるものの、技術流出や品質管理面において重大な課題を残します。しかし、スズキ・チョイノリは国内生産(今はどうか知りません)です。海外リスクを排除して、日本国内で装備まで排除して安く作る方を選んだのですね。
自動車として日本および世界のトップ争いから降りたことで、そして自分のポジションを自ら一級から退かせることで利益を上げている会社がスズキです。「ウチはこんなモンで」としたことで余分な研究開発費、投資もいらず、名声を得ることはできないかもしれませんが、経営としては成功しているかもしれません。しかし、こちらも以前はカプチーノや、カタナなど突き抜けた乗り物がありましたね。もちろん、より多くの人により安価な車を提供するという意味では社会的貢献度は他メーカーよりも高く、存在意義の高いメーカーでもあります。たしかに無くなると困るので、独自のポジションを確立していると言えるでしょう。

自動車メーカーのワッペン

DSC00619

最近、雑貨屋さんなどに、自動車系ワッペン(服にアイロンで付けるヤツです)が売られています。自動車メーカーや、アメリカっぽいもの(オートメーターやスナップオンなど)が多いのですが、その中にやはりポルシェも存在します。もうポルシェというだけで無条件に衝動買いしそうになるのですが、よく考えると使い道がありません。まさか服に貼り付けるわけにはゆかないと思います。

ぼくはその風体からポルシェオーナーには見えませんので(今は一時的にポルシェが無いのでポルシェオーナーでないのも事実ですが)、ポルシェのワッペンなどを服に貼り付けていると単なる「ポルシェ憧れオタク」にしか見えない可能性もあり、非常に危険です。逆に、ポルシェグッズを身につけるといかにも「ポルシェオーナー」っぽく見える人もいて、そのあたりの差異がどこに由来するのか、不思議に思います。
そこで思い出すのが、GT-Rのオーナーズクラブに所属していた、ある人です。彼は池谷先輩のニスモのポロシャツなんか比べ物にならないくらい身の回りのもの全てGT-Rグッズ、ウインドブレーカーも、ポロシャツも、腕時計も、キャップも、シューズも、靴下までも「GT-R」のロゴ入り、この調子だと(下着の)パンツにまでGT-Rの刺繍が入っているんじゃないか、と思うほどの徹底振りでした。もちろんタバコを吸おうと取り出したジッポーもGT-Rのプレートつきです。


アメ車の購入を考える

DSC01558

ぼくは車を買い換えるのが趣味のようなものでして、そのために働いたり、車を格納する家を買ったりしているようなものです。新しい車を購入するとすでに次の車のことを考え出すのが現状で、自分の中ではサイクルを設定して次の買い替えに向けて進むわけです。頭がイカれてるとしか思えないのですが車を買った瞬間から次の車のお金を貯める、といった感じですね。

そんなわけで、興味のある車や乗れる機会のある車には軒並み試乗します。試乗してがっかりした車もあれば、たまたま試乗して思っていたよりずっと良く、思わず購入してしまったパターンもあります。いつ買うかわからず、とくにジャンルも設定していないので、ディーラーの営業さんはぼくを相手にしづらいかもしれませんが、とにかく試乗が大好きです。今日買うかもしれないし、半年後かもしれないし、一年後に買うかもしれません。ですが、そのときになって候補をリストアップできるように試乗しておくのです。次はアメ車、という個人的ブームがあるので今からアメ車をターゲットに試乗機会を増やします。

車の価格について考える

DSC03354

車の価格について、ふと考えるときがあります。
エレメントは270万円です。正直言うと、ちょっと高いと思います。同じホンダのCR-Vは同じエンジン、四駆であっても220万円くらいです。装備ではCR-Vが5AT(エレメントは4AT)ステアリングが革巻きだったり、自発光式メーターを採用していたり、外気温計があったり、その他もろもろエレメントには無い装備が充実しています。エレメントは輸入車なので仕方ないとは思いますが、エレメントにはエレメントにしかない魅力があり、そもそも価格で選ぶ車ではないと思います。

ボクスターは2.7/MTで569万円。エレメントの倍ですね。しかし、仮にホンダに569万の売価設定でボクスター同等の車を造れ、といってもそれは出来ないと思います。けして本田に技術が無い、とかそういったわけではなくて、このような価格帯の車に慣れていないので、どこにコストをかけ、どこでコストを抑えるべきか判断ができないと思うのです。せっかくの技術や販売網があっても、それを十分に活かせないかもしれません。これはホンダだけではなくて、ポルシェ以外のどのメーカーにも真似できない芸当だと思います。ですので、ボクスターは「安い」と思っています。きっと、他のメーカーが作るととんでもない金額になってしまう車です。

キャデラックCTSは498万円。高額な部類ですが、逆にこれと同等のものを同じ金額で市販しろ、とポルシェに言ってもそれは無理かもしれません。キャデラックにはキャデラックにしかない歴史を持っていて、それは簡単に真似できるものではないからです。歴史とは、自らの顧客やマーケットが何を好むのか、何を評価しているのか、成功や失敗から学ぶものだからです。そういった意味ではキャデラックも「安い」ですね。

お金の掛けどころがわかっているということは、逆にお金を掛けなくても良い部分を知っている、ということでもあり不要なコストを抑えるのに役立ちます。
いずれにせよ、お金の掛けどころを知っていて、ツボを押さえているメーカーは強いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●コラム/近況, ●自動車関連ニュース・ネタなど

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.