>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況 >ポルシェ911カレラの維持費/メンテナンス/トラブル

過去ログ(所有していたポルシェ911カレラ関連)~2

更新日:

ポルシェ911(997)のメンテナンス〜ウォータースポットについて

a0051152_2026384

しつこいようですが、暑い季節に突入です。寒い時期の洗車も厳しいですが、暑い時期の洗車も厳しいですね。何が厳しいかというと、炎天下で洗車を行った場合のウオータースポットです。日差しの下での洗車は汚れや傷の発見には良いのですが、ボディに残った水分が蒸発し、円形のシミ状のものを作ります。濃いボディカラーの方がその発生比率が高く(外板の温度が高くなるので)、しかも目立ちやすいです。



シャンプーを吸った水分がこのシミを作ると、そうとうに厄介であり、はっきり言って、保管環境の問題で日中しか洗車できない方には大きな問題かと思います。幸いにして我が家は時間帯によっては陰ができますので、ぼくはその時間帯を狙って洗車しています。
このシミ、なかなか落ちないのでムキになって擦ってしまう場合もあるかと思いますが、このシミが落ちる程度の力で塗装面を擦ると必ずボディに傷が付きますので要注意です。可能であれば水を含ませたスポンジやタオルをシミの上に置いてからしばらく放置し、シミを柔らかく浮かてからふき取るとベターです(蒸しタオルで蒸してからヒゲを剃るようなイメージですね)。コーティングをしていない塗装面に対してはこのワザ(という程のものでもないですが)は有効ではない場合もありますが、きちんとコーティングされている場合は非常に有効かと思います。


ポルシェ911(997)カレラのメンテナンス〜細かい部分の洗車について

a0051152_0254377

ぼくは、こういったヒンジ部など見えない部分もこまめに掃除します(綿棒などを駆使します)。メンテねたをUPすることが多いので、ぼくはしょっちゅう洗車しているように見えるかもしれませんが、多くても月に一度くらいです。洗車すればするほど塗装を傷つけることになるので、できるだけ洗車の回数も減らしたいのも実情です。ぼくは洗車自体は好きでもなく、ただ単にきれいな車に乗るのが好きなだけなのです。

黄色いボディは汚れが目立ちやすく、タールなどクリーナーでかんたんに落ちる汚れは洗車時に落としますが、鉄粉っぽいものや、塗装面に刺さっているような汚れやゴミを発見したときはちょっと困りモノです。
ここでまた、ぼくの中で精神の葛藤状態が起きるわけですね。
この汚れを取りたい。でも、擦ると塗装を傷つけるかもしれない。うまく汚れが落ちると良いけれど、もし落ちなければいたずらに擦るだけに終わり、傷がつくだけになるかもしれない。いやさらにムキになって擦ってしまうかもしれない。でも、そのまま残しておくと気になって夜も眠れないかもしれない。取りたい。でもそれに付随するリスクを犯すべきかどうか。選択肢は二つ。
1.擦ってこの汚れを落とすか。
2.そのまま乗って、次回のコーティングのときにまとめて落としてもらうか。
悩ましいですね。

ポルシェ911(997)カレラ〜ガレージ内除湿機の購入

a0051152_1045596

早速、除湿機買って来ました。東芝の製品です。実際に除湿機を調べると、ゼオライト(デシカント)式やコンプレッサー式、コンデンス式など、いろいろなものがありますね。ぼくの場合、ランニングコストが安く、動作音は大きくとも確実に湿気を取ってくれればそれで良いので、コンプレッサー式を購入してきました。

使用してみると、これが凄い威力です。(水が)タンクに溜まるわ溜まるわ、なんでもっと早く購入しなかったのだろう、と悔やまれるほどです。ちなみにコンプレッサー式は空気の温度差によって湿度を取りますので気温が高い場合に有効です。ですが、走行後などは冬場でもガレージ内の気温が高くなりますのでそこは問題が無く、逆にガレージ内の気温を下げてくれるのでありがたいです。
下記はかんたんな、形式による特徴の違いを述べたものです。

【コンプレッサー方式は、空気を冷やして湿気をとる仕組みで、デシカント方式は、除湿剤を用いて湿気をとります。またデシカント方式はゼオライト方式とも呼ばれます。コンプレッサー方式は、消費電力も低く、除湿能力も高いですが、低温の冬場に弱く、除湿能力が大きく落ちやすいです。デシカント方式は、消費電力が高めですが低温時でも除湿能力があまり落ちないため、1年を通して安定した除湿能力に期待できます。ただしデシカント方式はヒーターを利用するため夏場に使うと室温の上昇につながりやすくなります。またコンプレッサー方式とデシカント方式の両方を採用したハイブリッド方式もあります。ただし価格が少々高めです。 】

ポルシェ911(997)のインプレッション〜ローターのサビ

a0051152_143554

洗車直後など、ローターが水に濡れた後はローターがすぐにサビてしまいます。ぼくは洗車した後にすぐ車を格納するのですが、このサビだけは気分的に良くありません。走行してブレーキをかけると、このサビが削れてボディに刺さるわけですね。

ちなみにローターのハウジング部分はあらかじめサビ防止塗装が施されていますが、ときどきこの部分をボディカラー同色に塗ろうかと思うことがあります。しかし、そうなるとドレスアップカーみたいに違う方向性になりそうで怖いです。

ポルシェ911(997)カレラのカスタム〜モデルネーム

a0051152_21464522

ぼくは、997のリヤフードとリヤバンパーとの境界線をはじめて見たとき、上下にモデルネームもしくはPORSCHE文字を分割して配置することを考えました(購入以前のことです)。両者の境界線が非常に滑らかであること、また996ではフェイスリフト後にモデルネームの位置が移動したりして意外とポルシェがモデルネームに対して強いこだわりを持っていること、しかしまだ「ベスト」と言える位置をポルシェが探り当てていないであろうと以前から考えていたことが根底にあります。

当初考えたのは例のポルシェのフォント(ポルシェの世界統一CIに基づいた「PORSCHE」文字のフォント)で、テールランプとの幅いっぱいに中ヌキで「PORSCHE」と配置することを考え、赤文字もしくはシルバーのリフレクター素材で作成することを考えていました。しかし、リヤウインドウにすでに黒字で「PORSCHE」文字がプリントされているのを納車後に発見し、クドくなるのを恐れてこの計画はお蔵入りとなります。

上の画像のPORSCHEロゴにおいて、ちょうど左右に白く抜けたところがリヤフードとリヤバンパーとの隙間になります。
その後考えたのが996カレラ4Sよろしく左右のテールランプをつなぐガーニッシュ(もちろん上下2分割)。これはカッティングシートで作るわけにも行かず(あまりに貧相)、樹脂を使用して作成する必要があります。そうなると形取りやその他もろもろ手間がかかるので、なかなか実行に移すのが面倒ですね(しかしいずれはやりたい)。
そこで思い至ったのが、先日のセイウチさんのコメントから思いついた、「純正モデルネーム(Carrera文字)上下2分割」。ぼくの知る限りではモデルネームやエンブレムを分割した車は存在していなくて、これは微妙なインパクトをもたらすのではないか、と勝手に想像します。
頭の中で、このように想像を膨らますのは楽しいですよね。さらに、実行される方が増えるともっと楽しいと思います。

自分のポルシェ911(997)カレラについて

a0051152_8154217

このブログは本家ポルシェコンテンツの一部として独立したものですが、こちらでは自分の車の紹介を未だ行っていなかったことに気付きました。ここで、かんたんに紹介してみます。

2004年11月1日発注、カレラMY05、6MT、スピードイエロー外装、サンドベージュ内装。オプションはPASM、ボーズ・サラウンド・サウンド・システム、19インチ・カレラSホイール、カラーメーターパネル、バイキセノンランプ。モデルネームは外しています。ブレーキキャリパーはスピードイエロー(PORSCHE文字はシルバー)。

2005年2月に生産を開始、3月14日に完成。日本への入港は4月22日、PC到着は5月17日。
986ボクスターSにつづき、ポルシェセンター中大阪での購入です。

OPに関して、やはりPASMはポルシェ渾身かつ後付けできないものだけに、装着しておいて良かったと思います。ぼくの走行環境ではハードサスの恩恵にあずかる場面は少ないですが、それでも「これだけ硬い足回りでもボディが音をあげない」と気付いただけでも(それと車高が1cm下がっただけでも)良かったと思います。BOSE、これはやや期待外れでもありましたが、その原因はおそらくヘッドユニットの再生能力に起因するものと思われます。カラーメーターパネルは昼間にはよく目立ちますが、夜間は全く色がついていることがわかりません。そして唯一、スポーツクロノを付けなかったことだけを後悔しています。


ポルシェ911(997)カレラの購入を考える

a0013382_23504774

997カレラが発表されてからというもの、(カレラSが)やたら欲しいですが先立つものがありません。今のところ997Sとビートルカブリオレの2台体制が理想的ではありますが、ちょっと苦しいです・・・。しかし997とビートルは色をそろえるとそれなりに面白いコンビネーションですね。

987ボクスターの実車もまだ見ていませんし、クーペの確定画像も見ていないのでなんとも言えませんが、997か987を買おうかな、と思い先日貯金を開始しました。色は未定ですが「19インチと、PASM or スポーツシャシー or スポーツクロノパッケージ」は装着しようと思います。もし買うのであれば、現在の986よりも走りに振った方向で注文することだけは間違いありません。

この価格帯近辺、ぼく的対抗馬としてはメルセデスSL、ジャグワーXK、BMW6、などがあります。クロスファイアもカテゴリ的に近いような気がします。ダークホースでハマー。

ポルシェ911(997)カレラの希薄なスピード感について

a0051152_11345991

以前ボクスターS(986)を購入し、乗ってみてはじめに感じたのが「スピード感が今までの車と全く違う」ということでした。それだけ安定性に優れているということですが、自分の感覚では30km/hくらいしか出ていないように感じても実際は60km/h出ていたり、感覚に対して80-100%増しの速度が出ていたように思います。これは987の試乗でも同じように感じました。

そして、現在のカレラ。これは、感覚に対して実際は20-40%増しくらいの速度であることが多いです。体感速度がボクスターに比べて速いということですね。ただ単にぼくがポルシェという車の安定性に慣れたからなのか、あまりにスピードを感じさせないと逆に危ないのでポルシェがあえてそうしているのか、ボクスターに比べ振動が大きかったり排気音が勇ましいことが関係しているのかわかりませんが、先日のケイマン試乗でもやはりボクスターと同じように「感覚+80-100%増し程度が実際の速度」だったので、ぼくが慣れたわけではなさそうです。

ポルシェ911(997)カレラのトラブル~カラークレストキャップのクレストが飛んでゆく

a0013382_17512812

今まで使っていたドイツ製カラークレストつきホイールキャップ(のクレスト)が飛んでいったので、新しいキャップを購入してきました。こちらはイタリア製。クレストが大きいのが特徴でクレストを裏面からカシメている為に脱落の心配はまずありません。しかし重量が1個あたり70gと重い(ドイツ製は30g)のがネックです。

カラークレスト自体がドイツ製のものに比べずいぶん大きいですが、イタリア製キャップのクレストは、スタンダードのモノクロクレストとほぼ同じ大きさなので装着した感じはこちらのほうが良さそうです。また、ホイールの径が大きいので、これくらいのサイズのクレストの方がバランスが良さそうです。

ポルシェ911(997)カレラに装着するCDチェンジャー

a0051152_22253364

カレラに装着するCDチェンジャーが猛烈に欲しいです。とはいっても、もう少しBOSEを引っ張るつもりですので、純正CDチェンジャーなのですが・・・。
純正デッキにもCDプレーヤーは内蔵されていますが、やはりラジオチューナーやディスプレイが付いている部分にビルトインされたCDプレーヤーと、CD再生のみを目的に作られたスペース的に余裕もあるCDチェンジャーとでは、おのずと音が変わります。
また、CDチェンジャーのピンアサインをもとに、以前話題に上がったipodコネクタのテストも行おうと考えています。

とりあえずCDチェンジャーを入手したら行おうと思っているのは以下の項目です。
*コンデンサをOSコンへ交換、またはパラ装着
*電源をバッテリー直に
*ACC電源もリレー(NEC)を介してバッテリー直に
*クロックの交換
*アースをバッテリーに戻す
*日本ケミコンのキャパを追加
OSコンはすでに生産中止品なので貴重です。手元にあるものを慎重に使います。クロックの交換ですが、より精度の高い社外品に交換します。はっきり言って音のキレが全然変わります。これだけやれば、相当の効果が期待できると思います。さらに、電源を除きCDチェンジャー本体内部のみでのチューンですので、車体に負担をかけずに済みます。

ポルシェ911(997)カレラ近況(内装)

a0013382_117386

最近になり、996/986から997/987へと移行するにあたってポルシェが最も力を入れたのは「内装」ではないか、と思うようになりました(実際997カレラが手元に来るまでは考えもしなかったのですが)。

とかく997についてはそのスタイリング(外観)、パフォーマンスにばかり目が行きがちで、インテリアについては「オッサン臭くなった」「FFセダンみたい」という点ばかりが強調されていますが、実際ドライバーの手に入る部分や体に触れる部分は大きく変わりました。ペダルは10cm前へ移動し、ステアリングには今まで装備されなかったチルト機構が加わり、シート座面は低くなりました。これにより更に自分にあったドライビングポジションを取ることができるようになったわけですが、この効果は予想以上に大きいというか、全く予期していなかったものでもあります。996/986では「いつか折れそうで危ういタッチ」だったウインカーレバーも997カレラでは大きく変わり、軽く触れると「3回だけ」ウインカーが点滅して戻る機能も追加されました。シートは衝撃吸収型へ変わり、さらに体を包み込むような形状へ変更を受けています。オプションで「アダプティブ・スポーツシート」が用意されているあたりも、いかにポルシェ社がシートやドライビングポジションを重要視しているかがわかります。
以前の986ボクスターSでもそういった面については不満はありませんでしたが、997カレラではより快適に各部を操作できますし、ストレスなく運転することが出来ます。ドライバーに伝えるべき情報、伝えなくて良い情報、というものがはっきりと選択されていて「どのような情報をドライバーに伝えて、それに対してドライバーが行った操作に機敏に反応する」という点がより正確になったのではないでしょうか。確かに走行中ドライバーが接するのはインテリアのみですし、エンジンのコントロールもバイ・ワイアです。ある意味ではその車両のパフォーマンスを活かすも殺すも操作系のフィーリング次第であり、今回の997カレラはインテリアについても「見かけ以上の」変化があって、997カレラが快適になり走行性能が向上したと言われる一因はこのインテリアによるものだとも思います。
そういった意味では、ポルシェのインテリア(操作系)の構造についてももっと評価や記述がなされても良いのになあ、と思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況, >ポルシェ911カレラの維持費/メンテナンス/トラブル
-, ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.