>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況

過去ログ(所有していたポルシェ911カレラ関連)

更新日:

ポルシェ911(997)購入を考える(オプション)

a0013382_1993166

ボクスターの詳細が決定しました。情報が揃ったところで、いろいろと検討した結果カレラ(カレラSではない)を購入することにしました。
スピードイエロー、サンドベージュ内装、6MT。オプションはバイキセノン、19インチカレラSホイール、BOSE、PASM、カラーメーター(色は悩み中)。オプションだけの総額ほぼ100万円。他に選択するとすれば、アルミルックのインテリアパーツくらいでしょうか・・・。

スポーツクロノは微妙なところです。というのも、外国のレポを見ていると本来センターコンソールのインフォーメーションディスプレイと連携する機能があるらしいのですが、日本仕様にはこのディスプレイが装着されない(かわりにサウンドパッケージ・プラスが付いている)のです。ということは単純にストップウオッチでの計測機能と燃調・コントロールデバイスのプログラム変更くらいの役割しかない(TIPではシフトプログラムの変更)ということになります。
カレラとカレラS、ずいぶん考えたのですが、やはり997でも今後は多くのモデル展開が予想されます。今は無理をせずに資金的に余裕の持てる(実際は余裕無いですが)カレラを購入しておいてさらに少しずつお金を貯めておき、次にカレラ4Sなど上のモデルを狙おうと思います。
テクイップメントでガスキャップなど格好良いものがありますが、テクイップメントは後付けプログラムなので、タイヤ・ホイールなどは高価(19インチで80万円前後)ですね。
ぼちぼち納車後に付けるパーツの手配などを行ってゆこうと思います。

しかし、ポルシェ社が2種類のエンジンを同時にリリースするのは初めてのことだそうですが、カレラとカレラSこんなに悩んだのもポルシェ社のせいですよね。いつものようにカレラもしくはカレラ4、そしてハイパワーバージョンやカブリオレ、といった具合にモデルを追加して行っていれば悩む必要もなかったと思います。おそらく「ボクスターとボクスターS」路線が成功を収めたために、そのセオリーをカレラにも適用したものと思われます。

カレラとカレラS、額面を見ると1040万円と1240万円、カレラから見ると19パーセント増しでしかないのですが、実際そこには200万円という差額が存在し、車両価格が高価になればなるほど諸費用も高額になり、思った以上に見積り額に差が出ました。

ええ、早い話がお金が足りなかったのです。

ポルシェ997&BBオープンデッキ

衝動買いとも言える勢いで注文した997カレラですが、ぼくにとっては2台目のポルシェになります。ボクスター、カレラと車種は異なりますが、ぼくが同じメーカーの車を続けて買うのは異例のことです。
ぼくはいろいろな車やメーカーを試してみたい方でして、できるかぎり異なるメーカーの車を選んでゆくようにしているからです。今回カレラを購入するにあたっては他メーカーの車とは一切迷うことなく、987S、997、997Sとポルシェ車のみの競合でした(結果的に価格が中間の997になりました)。

ぼくはもともと国産ハイパワースポーツに乗っていたので、どちらかというとポルシェは眼中に無かったのですね。しかし、ふとしたきっかけでボクスターを買ってからは完全にポルシェマンセーになりました。これだけお金がかからず、タフで速くて運転しやすい車も他にないと思います。
国産スポーツ買ってチューニングするよりも、きっと安上がりで安全ではないでしょうか。先行き不透明な世の中なので何ともですが、お金がある限りはポルシェを乗り継いで行きたいと思います。

で、もう一台の車ですが、次の最有力はMINI。他ではビートルカブ、ムラーノ、エレメント、ハリアー、RX-8、フィアット・プントやシトロエンC2、キューブも良いですね。このあたりは全て試乗済みですが、やっぱりMINIが有力です。
ドアを閉め、キーを回しただけで心躍るような、あの感覚はMINI以外では持ち得ないものだと思います。

MINIのネガティブな点はカスタムパーツが多くお金と時間・手間がかかりそうなこと、そしてディーラーが高飛車なことですね。
ダークホースでトヨタBB・オープンデッキ。以前から欲しくてたまらないのですが、タマが少なく高いです。
しかし、今買っておかないとどんどんタマが減り続けそうです。ちなみにオープンデッキも売るときは「不人気だから」といって買い叩かれ、そしてそれを販売するときは「稀少車!!」といって高値が付きそうですね。

ポルシェ911(997)カレラに採用される、「2005年モデルのみ」のシフトノブ

a0051152_032832

これが問題の「MY05カレラオンリー」シフトノブ。
(シフトノブとは関係がありませんが)フィーリングについてMTオイル交換後は改善しましたが、ときどき1速に入りづらいことがありました。ミッションが暖まってくるとその頻度は減りますが、入りづらいときは一旦ニュートラルまで戻さない限りゴリ押ししても入りません。以前のボクスターSのときには無かった現象ですので、イザ発進しようとしてギアが入らないときは焦ったりします。

ご存知のとおりトランスミッションはアイシン製となりましたが、それに伴いシフトフィールが大幅に変化しました。はじめはボクスターSのゲーム機のようなシフトフィールを懐かしく思った時期もありましたが(けっこう好きだった)、今ではすっかりカレラのシフトフィールに馴染んでしまいました。



ポルシェ911(997)カレラ納車状況について

a0013382_21105917

カレラは我が家の流儀に従い、引き取り納車です。そんなわけでディーラーから出るときに、つまり自分の車をはじめて運転するときにどんな音楽を聴こうか、と考えています。

最近の車ではフェアレディZは「ビリー・ジーン(マイケル・ジャクソン)」、BMW Z3は「オール・ライト(クリストファー・クロス)」、パオはやはり「オール・ライト」、ルポはCDデッキが無かったのでFMラジオ、エレメントは「ビリー・ジーン」。要するに自分のCDを聴く場合は、ビリー・ジーンかオール・ライトか2曲しか無いわけですが、これは今なお使っているオーディオをはじめて搭載したときにはじめて聴いたのが「ビリー・ジーン」、システムをグレードアップしたときにはじめて聴いたのが「オール・ライト」であり、その後オーディオシステムを判断する基準がこの2曲になってしまった、ということです。

両方とも録音が良い(ともにUS盤)ことで知られており、他の候補は「MAX-O-MAN(フォープレイ)」、「タンドーリ(J.N.ハワード)」、「ハレー(カシオペア)」。これらも音質が良いので、ボクスターでもずっとCDチェンジャーに入れていたディスクでもあります。できれば些細なことであってもカレラに失望したくないので、少しでも録音の良い、高音質盤をはじめに聴こうと思います。(オーディオが気に入らないとその車も気に入らなくなる、ということが稀にあります。ボーズに失望→ひいてはカレラの印象が悪くなる、といった事態を避けたいのです)

ちなみに、5月17日にPCへ入庫する予定です。豊橋センターが4月29~5月8日の間お休みなので、その分遅れます。その後PCで1週間ほど整備、ペイントされてから納車です。ここで、ざっと履歴・予定を記載してみました。
2004.11.2 電話でカレラ注文
2004.11.4 予約金200万円振り込み(生産月は3月。このとき確定)
2005.3.14 完成
2005.4.22 日本へ到着
2005.5.17 PCへ到着
2005.5.25 納車可能予定日
2005.5.24 ナビ取り付け
2005.6.4 コーティング

ポルシェ911(997)の改良点~バッテリーコンパートメント

a0051152_20174250

986ボクスターにおいて水の流れが他の(一般的な)車と異なるため、バッテリーコンパートメントに水が溜まるという現象が発生していました。
ごく初期のモデルでは、この付近にECUがあったためECU水没というケースもあったそうです。水抜き穴のパッキンに不純物が詰まりやすいため、定期的に清掃を行っていた部分でもあります。

先日、ふとした用事があり997カレラのバッテリーコンパートメントを覗く機会がありました。半ば習慣でその水抜き穴に目が行くようになっていますが、何と新たに水抜き穴が追加されています。ポルシェは絶えずこういった細かい部分にも改善が見られ、そういった部分はぼくに信頼感を抱かせます。また、バッテリーのトレイも水が溜まりにくいものへ変更されています。

ポルシェ911(997)カレラ〜クォーツガラスコーティング一ヶ月後

a0051152_20283260

クオーツ・ガラスコーティング施工から1ヶ月。はじめて洗車しました。昼間に洗車したのですが、洗車後の感覚としては以前のアルファ21と大差無い感じです。

しかしながら、同日の夜間に車を乗り出してみると、夜間の照明の映り込みはアルファ21と比べると全く異なる様子で、歪みやくすみのない、非常にクリアな像を映し込んでいます。とくに、カレラのリヤフェンダーに映る風景が流れてゆく様をドアミラーごしに眺めていると、驚くほど差があります。ちなみに、ぼくは夜間において周囲の照明がボディに映り込む状態で洗車時期を判断します。つまり、像がクリアでなくなると、それだけ目に見えない埃などが付着している、と判断しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況
-, ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.