>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ

過去ログ(ポルシェ関連)~1

更新日:

ポルシェ社のラインナップ戦略について考える

a0051152_19454787

ポルシェ社の戦略について。現在のラインナップはボクスターが569万円、カレラが1046万円、カイエンは634万円から。ケイマンは現在Sのみで777万円、これにパナメーラが加わります。パナメーラは現在も調整すべき項目が多く、またVWの筆頭株主に躍り出たことにより、当初言われていたのとは若干異なる内容でパナメーラを登場させるのでは、とも言われています。社内でもその方向性について複数意見が出ているそうで価格帯を含めてまだまだ方向性は不透明です。



ポルシェ社は常に顧客や新規マーケットについてリサーチしており、「顧客のガレージに収まる車全てをポルシェにするのが目標」と宣言しています。
現実問題として、いったんポルシェに乗ってしまうと他の車に対する目が厳しくなる傾向があります。仮に増車するとなると100万円~200万円くらいの価格帯や国産車であればある意味割り切って購入できますが、輸入車しかも400万円台になってくると中古のポルシェも視野に入りますし、それ以上の価格帯になると新車ポルシェと競合します。残価設定が高いので、パワーローンを組むとより下の価格帯の車より月々の支払いが安く済む場合が多いです。

現在四駆を物色中ですが、BMW X5を買うのであれば価格から考えてもカイエン買います。レンジ、ディスカバリー3と比べても、信頼性を考えるとカイエンです。それは最新のメルセデスMクラスに対しても同じです。仮にクーペやオープンカーを買う場合でも、Z4やSLKと比べるとボクスターを選んでしまいます。もちろんポルシェ以外のメーカーの車に乗りたいと思う意思は強くむしろそうしたいのですが、いざ契約書に判を押すとなると、それはポルシェの契約書でしかありえないように思います(実際はお金ないのですが)。恐ろしいことに何を購入するにしても、「もう少し出せばポルシェが買えるのか、それならポルシェを」という結論に容易に到達するわけです。

ポルシェ車は(見かけ上・カテゴリ上の)ライバルよりは高価かもしれませんが、そこは機会としての完成度、信頼性、リセールバリュー、なによりポルシェというブランド性があります。そして、それをより良くわかっているのは新規ユーザーではなく、なによりも既存のポルシェオーナーさんではないでしょうか。多少の差こそあれ、それは世界に共通した事象ではないかと思います。

そして、そこへパナメーラを投入するわけですが、そうなると高級セダンと競合がはじまるわけです。メルセデスやBMWと競合するポルシェというと、なんだか妙な感じですが、それは近い将来に現実となるのでしょうね。

*今はセダンでもとんでもないエンジンを積んでいますし、大衆車ブランドも高級車市場やスポーツカー市場へ参入してきています。上記のような状況とあわせて考えると、もはや自動車業界においては「高級セダンといえばメルセデス」「スポーツカーといえばポルシェ」というアイコンが崩れつつあります。そうなるとシトロエンのように「他と比較することが無意味なほど突き抜けた個性」を追求するのが今後の生存競争に活路を見出すひとつの道ではないかと思います。

ポルシェの向かう先について考える(1)

a0051152_2318798

現在はITが幅広く普及したという点において、少し前とは情報の伝達速度や密度が異なります。それをうまく使える企業、そうでない企業があります。

たとえば、メルセデス。天上天下唯我独尊的イメージがありますが、意外とそうではありません。近年においては絶えずフェイスを変えたり、映画に車両を提供したり、と以前のメルセデスには見られない行動を取っています。先先代Sクラスではあまりにルックスヘビーといわれ、次のモデル(先代Sクラス)では軽快で流麗なデザインになりました。しかしながら「やっぱりSは押しが強くないとね」という声が多くあがったのも事実で、最近登場した新しいSクラスはそういった声を反映させた結果とも言えます。SLKにしてもそうですし、弱点を研究して市場が求める方向性を常に模索しています。

BMWにも同じことが言えます。他のライバルに対してあまりにテクノロジー的に見劣りすると言われた7シリーズはハイテクで武装してモデルチェンジ、その結果年配の方にとっては操作が困難を極めるといった弊害も生まれました。やはりそういった声を受け、以後のiDriveは操作方法が簡素化されたりしています。
さらに、BMWは自社のポジション、そして売り物を的確に把握しており、それを伸ばし、さらにアピールする傾向にあります。

ひとつのモデルを造ったら造りっぱなし、ではいかにブランドパワーがあろうとも現代では生き残ることはできません。BMWやメルセデスは歴史も規模も大きいメーカーですが、柔軟性も併せ持つ素晴らしいメーカーでもあります。だからこそ、長い間トップランカーでいることができるのだと思います。


ポルシェの向かう先について考える(2)

a0051152_23184360

下の話は前フリであったわけで、ここからが本題です。
ポルシェ・ケイマン。
突如出てきた、突然変異ともいえるこのワニは一体何者なのか。
ポルシェといえば世界遺産級のカレラを擁する自動車メーカーですが、伝統にばかりすがるわけにもゆきません。かつては倒産寸前の段階を経験しており、現在では非常に市場の動向や嗜好に対して敏感なメーカーのうちのひとつです。

今ではセダンやSUVでもスポーツカー並みのスペックを誇るものがたくさんあり、その中でピュアスポーツカーの存在意義が薄れているのは誰もが認めるところです。速くて、人や物がたくさん載って、どこにでも乗ってゆける車に人気が集中するのは当然であり、ストイックなスポーツカーは敬遠されることも納得がゆきます。
それはポルシェといえど例外ではなく、自動車メーカーは市場に受け入れられやすい車を造る必要があるのです。カイエンの販売台数を見れば良く分かるのですが、もはや世界は、ポルシェ社自身が言うように「誰も(狭義の意味で従来の)ポルシェを必要としていない」のです。

一時はワンメイクレースを行う、またボクスターのスポーツ性をより高めたスポーツモデルとしての「ボクスタークーペ」が噂されただけに、ケイマンには「スポーツ性」を期待してしまいますが、今のところポルシェ社の採る方向性は市場(既存ポルシェユーザー)の期待とはやや異なるのかもしれません。オプション群を見てもわかるとおり、今までのポルシェにはない、機能ではなくルックスを追求したものがたくさん揃えられていますし、ケイマン自体のルックスを見ても今までにないテイストが盛り込まれているのは明らかです。

現在世界ではニューリッチ層が幅を利かせており、メトロセクシュアルなる層も存在します。このあたりの説明と解釈は事情により割愛しますが、ケイマンはまさにそこを狙ったモデルではないかと思います。だれもポルシェを必要としないのであれば、逆に新しいポルシェを作ってしまおうじゃないか、そういった勢いが感じられるのですね。ポルシェに過去最大の利益をもたらしたカイエン、まだ方向性を模索中のパナメーラの情報を見ていると、なおさらそう考えます。

市場には常に潜在的な需要があり、そこを狙える余裕が今のポルシェ社にはあります。また、ニューモデルを投入して、市場の反応を見ながらそのニューモデルを成長させてゆくだけの情報収集能力、技術力、機動力もポルシェ社は備えています。ケイマンがどういった層に、どういった受け入れられ方をするのか現時点では明らかではありませんが、今後の市場の反応によってケイマンまた他のポルシェ車の姿は流動的に変わってくるものと考えられますし、ポルシェ社の将来を占う意味でも重要なポジションを担う車でもあります。


「スタンダード」か「S」か?ポルシェの戦略について考える

a0051152_19444611

現在のポルシェ社において、「S」グレードはもはや定番化し、ひとつの基準を築きつつあります。「S」モデルは以前から存在しましたが、水冷世代に入って986ボクスターから始まった手法はそのまま987ボクスター・997カレラへと受け継がれ、排気量(に関連した出力)、タイヤ/ホイールサイズ、(アルミルックパーツ他使用による)インテリアの質感向上、キャリパーのレッドペイント、テールパイプ2本出し、その他の差異が設定されています(カイエンについては不案内です)。

ボクスターとボクスターSの価格差は123万円。カレラとカレラSでは168万円、カイエンとカイエンSでは230円となります。乗った感じでは、ボクスターとボクスターSにおいてはパワーよりもそのハンドリングというか軽快感に大きな差がある(2.7は軽快、3.2は安定志向?)ように感じます。タイヤ/ホイールサイズの他、スタビライザーなど足回りに差があるということですが、詳しくはアナウンスが無いのでわかりません。カレラとカレラS、これはトルク・パワー差が大きいように感じます。こちらの足回りは(PASM装着非装着の差はあるものの)ほぼ同一ということですが、ハンドリングよりもアクセレーションの差が大きいと思います。カイエンについては、乗り比べたことがないので、わかりません・・・。ボクスターとボクスターSは微妙にベクトルが異なるように思いますが、カレラとカレラSの方向性は同じようにも感じます。

いずれにせよ、ちょっとオプションを付けるとベーシックモデルとSとの差が縮まりますし、Sにオプションを付けると上のモデルが視野に入ってきます。カレラの場合、カレラ(1082万)とカレラ4(1196万)とカレラS(1273万)どれにするか、微妙に悩みそうです。

ポルシェ・ケイマンCD-ROM到着

a0013382_11125841

ぼくのところにも、ケイマンCD-ROMが届きました。ぼくはティザームービー好きです。今でも頻繁にボクスターやカレラのティザームービーを見ますが(テストのシーンが最高。ぼくもポルシェ・キャラバンに入れて欲しい)、今回のケイマンのムービーも非常に心惹かれる仕上がりです。今までの車種の内容をまとめてみると、以下のような感じです。

997カレラ・・・サーキット(ドリフトしてる)
987ボクスター・・・どこかの山(慣性を感じさせずカーブを曲がっている)
997カレラ・カブリオレ・・・どこかの海岸(スゲー楽しそう)
ケイマン・・・夜や昼の美しい都市風景(BPさん情報>シドニー)

このムービーはいずれも発売前のものですので、それぞれの「生息地」をポルシェ社がユーザーに印象づけるためのものでもあります。となると、現在のケイマンの生息地は「オシャレな都会」ということになりますが、それも今までに無い意匠のフロントバンパー、マフラーエンドを見れば納得です。また、内装もフランクフルトショー展示車ではじめて見せた、ラゲッジコンパートメント内のパーツを塗装するオプションもあります。

ケイマンについては、まだ発表のみであり、実際に車がユーザーの手に渡っているわけではありません。従って市場でどういった迎えられ方をして、どういった使い方をされるのか、それは必ずしもポルシェ社の意図するところと一致するとは限りません。つまり、ぼくらはケイマンに対して「オシャレさ」よりも「熱い走り」を期待している部分が大きく(ですよね?)、そういった意見がより多ければ、ケイマンは今後バリエーションの拡大とともに、その生息地を街からサーキットへと移動させるかもしれません。

たとえばカイエンは、その本格的なオフロード性能が売り物のひとつでしたが、実際にポルシェ社が用意したオフロード性能を堪能しているユーザーは非常に少なく(数字が出ていたはずですが記憶にありません)、今後はオンロード性能やルックス、そして経済性といった要素を追求すると思われます。ハイブリッド投入はそのひとつと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ関連・ニュース・ネタ
-,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.