>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●その他自動車関係(欧州車) ●試乗(TEST DRIVE)

BMW M5に試乗する

更新日:

a0013382_19562583

M5乗ってきました。特殊な車だけにお目付け役というか指南役でモータージャーナリストの方(有名な方らしい)が同乗してのテストドライブです。
下を覗き込むとデフオイルのクーラーのような異様な物体がマフラーの間から覗いたり、ブレーキディスクがフローティングだったり、タイヤがコンチ・スポーツコンタクト2だったり、様々な発見がありました。



いざ乗り込みMボタンやiドライブでの設定方法、SMGの反応速度やダンパーについて講習を受けます。シートは面積が広く、キメの細かいレザー、座面は柔らかくサイドサポートは硬め。非常に良好です。可変レッドゾーンは思っていたものよりも原始的な表示方法だったので少し気分を殺がれますが、見た目普通の5シリーズと大差ないインテリアは必要以上にスポーツ感をアピールせず、ゆっくり走りたいときには良さそうです。ジャーナリストの方が「これでDSCを解除できるんですよね」と言いながらiドライブでDSCを解除してしまったのですが、あまりに危険なのでそれを戻します。路面はウエット、500馬力、しかもモータージャーナリストの監視つき、という異様な環境がぼくに緊張を強いるのですが、とにかく高速へ。SMGは3世代目へ進化したためにずいぶん違和感がなくなりました。聞くところによるとトランスミッションはSMG専用設計とのこと。坂道で下がらないのも良いですね。しかしながら渋滞の坂道ではクラッチが断続的に切れたり繋がったりするためにガクガクします。エンジンは想像していたよりもフリクションが大きく感じられます。

高速へあがり、とりあえずアクセルを踏んでみます(MボタンOFF、SMG反応速度は最も鈍い設定)。3000回転くらいまでタコメーターの針はパーンと跳ね上がりますが、回転の割に加速が追いつかない印象です。ジャーナリストの方が「あっそこオービスですんで」などとアドバイスしてくれたりして少し慣れた頃にサスペンションをハード設定に。3段階ありますが、感覚的にPASMのようなものですね、ソフト>ミディアムはそれほど差を感じませんが、ミディアム>ハードは結構差があるように感じます。PASMのハード同様、高速の継ぎ目では跳ねたり、カーブでは横っ飛びします。サーキットでもないかぎりソフトで十分ではないかと思いました。

せっかくの機会なのでジャーナリストの方とSMGやDSGの話、なぜポルシェがDSG(PDK?)を採用しないのか、など雑談しながら車を流します。この時点でMボタンを押していますが、それでも意外と普通の車という印象が強いです。そこで、SMGの設定でも変えてみるか、とSMGをクイックにしてみます。レスポンス、シフトタイミングを変えるということですのでポルシェで言うスポーツクロノのような感じでしょうか。5段階ほどあったと思いますが、すっかり舐めきっていたぼくはイキナリ最もクイックな設定にしてアクセル全開。これがスゴイの何の、とんでもない炸裂音とともにあっという間にタコメーターがイエローに突入、割り込んできた車を避けるためにフルブレーキを踏んだ挙句ABS作動(ウエットだったのでよく滑りました)という結果になりました(危機的状況ではなく、かなり余裕あります)。このとき、ステアリングをまっすぐ保持していたにもかかわらず車両が斜めを向こうとしたのに少し驚きましたが、何事もなく無事に会場まで戻ることができました。

M5はルックスもハデではなく、普通に乗ることも出来ます。各種設定でその能力を変幻自在に操れる車です。ゆったり乗ろうと思えば普通の5シリーズと同じようにも乗ることができますし、ひとたびムチを入れるととんでもないパフォーマンスを発揮します。しかしながら、その電子制御がアダとなって、ほんとうのM5とは何なのか、それが見えてこないのが残念でした。設定ひとつで自分の感覚よりも鈍い反応を示したり、逆にはるかに超える反応を示したり。最もコンフォートな設定、最もスパルタンな設定、その差があまりに大きく、本来の姿を掴みかねるのです。コンフォートが本来の姿でスパルタンがドーピングした結果なのか、はたまたその逆なのか。本来の実力、エンジンのパフォーマンスはどれくらいなのか?もちろんこれはBMWが意図的に設定の幅を持たせてあるものなので、ぼくがこれについて考えるのは無意味でもあると思いますが、車に対して「なあ、どれがほんとうの姿なんだい?」と語りかけたくなったのが偽らざる心境です。素晴らしい車ではありますが、未熟なぼくには、その本質が掴めないM5のパートナーになる資格がないとも言えます。

あくまでも個人的な印象ではありますが、ポルシェのエンジンの方がスムースであり、回転に応じたパワーを素直に出してゆくという感覚では扱いやすく自然だと思います(右足と自分の感覚、車の実際の加速が一致する)。それはカレラでもボクスターでも変わりません。今現在、1500万円くらいあって、M5とカレラS、アストンV8どれを買うか、と聞かれたら迷わずカレラSを選びます。今のところ、ぼくにとって最も安全に、最も早く、最も負担なく走ることができるのはやはりポルシェだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●その他自動車関係(欧州車), ●試乗(TEST DRIVE)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.