>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●自動車関連ニュース・ネタなど

過去ログ(自動車関係)~4

更新日:




「オープンカーはクローズドの7倍モテる」との研究結果

b24 のコピー

「レスポンス」から。

【渋滞や信号待ちの際に、異性をナンパしようとしたことがあるドライバーは、イギリスで200万人にのぼることがわかった。ボクソール(オペルの双子ブランド)が、1470人のイギリス人ドライバーに対して行った調査から推計したものだ。同調査によると、200万人のドライバーが渋滞や信号待ちの際にナンパを試みたことがあり、そのうち100万人が電話番号を交換することに成功し、さらにそのうち50万人が親密な関係になり、その結果として15万人がゴールインしているという。全体の傾向としては、男性の方が女性よりナンパを試みることが多い。方法としては、1位:にっこり笑う、2位:ウィンドウを下げる、3位:フロントガラスごしに投げキッスをする、というもの。クルマが格好よいと乗員はよりセクシーに見えるため、ナンパに成功する確率は、コンバーチブルに乗っている方が、四輪駆動車に乗っているよりも、7倍高くなるという。】

「クルマが格好良いと乗員はよりセクシーに見えるため、ナンパに成功する確率は、コンバーチブルに乗っている方が、四輪駆動車に乗っているよりも、7倍高くなる」らしいですよ!
声をかければ電話番号をGETできる確率は1/2、そして親密な仲になれる確率はその1/2、さらに格好良いコンバーチブル、つまり我らがボクスターに乗っていればさらに確率UP!
3位の「フロントガラス越しに投げキッスをする」のはぼくら日本人にとっては逆効果になる可能性が非常に大きいですが、1位、2位は今から始めることができる第一歩です。欧米人というのは派手な車が好きなようで、ぼくも過去数回(日本で)、運転していたり信号停車していたりして欧米人らしき婦女子から声をかけられたことがあります。もちろんぼく本体ではなく車が派手で格好良いせいですが、併走しながら年齢とかいろいろ聞かれた覚えがあります。しかしよく見ると「1470人のイギリス人ドライバーに対して行った調査から推計したもの」とあり、実際に200万人がナンパしたわけではなさそうですね。



アストンマーチンV8ヴァンテージの価格について

a0013382_1164432

アストン・マーチンV8ヴァンテージの内装は高級素材がふんだんに用いられているようです(レスポンスから)。当初予定していたよりも価格が高くなってしまいましたが、これだけ手が込んでいるのであれば、あのプライスも納得ですね。高級素材の使用はありがたいのですが、事故したときの修理金額まで高級になってしまうのが難点です。エンジンは熟練職人の手組みによるものだそうですが、それは裏返すと販売拠点でサービスマンの手による修理が不可能、とも取ることができます。非常に興味惹かれる一台ですが、販売後しばらく動向を注視しようと思います。

【アストンマーティン(アストンマーチン)『V8ヴァンテージ』は、同社のボトムエンドモデルと言えども、少数の選ばれたエグゼクティブに向けて作られたモデルである。それだけに内外装の質感については「クロームやプラスチックではない、最高品質の素材使用した」(アストンマーティンジャパンのマネージャー、ヘニング・ロステッド)と、徹底的にこだわっている。塗装表面は映り込む物がまったく歪まない、見事な鏡面仕上げ。フロントグリルやエンブレムも樹脂ではなくアルミニウム。ボディ骨格はアルミニウムだが、フロントウイング、サイドシル、テールゲートはレースカー技術を生かしたコンポジット材料で構成される。インテリアも、樹脂の使用量は極小。有機ELによるメッセージディスプレイなどのハイテク部品やスイッチ基部など樹脂成型が不可欠な機能部品を除くほぼすべてのパーツが非石油系の天然素材だ。ダッシュボード、メーターバイザー、ピラーなどのトリムは手縫いのオールレザー。シートもレザーだが、スポーツ走行を考慮し、体が触れる部分には湿気のたまらないメッシュ材が併用される。オーディオや空調のスイッチはアルミ合金製だ。さらにオプションとして、ウォルナット、マホガニー、バンブー、ピアノブラックの4種のウッドトリムも用意されている。】

こうやって記事を見るかぎりでは、相当にコストがかけられているようですが、アストン・マーチンは生産数が少なく、部品共通化のメリットを享受できるような車種構成・販売量を持ちません。また、911をヤリ玉にあげ、「年に2万台(昨年は23603台)も生産されるような車はエクスクルーシブとは言えない」と発言しています。以前からポルシェをライバル視しているのは明白で、ことあるごとにこのような発言が見られます。ポルシェ社もアストンに対しては少なからずの敬意と脅威を感じているようで、ポルシェいわく「私共の調査では、スポーツカーのみを生産するメーカーの中で収益をあげている数少ないメーカー」と表現しています。
ここでアストン・マーティンの収益について考えてみます。利益率などを拾うことができませんでしたが、業界平均より少し上の3%と考えてみます。また、世界規模での販売高なども入手できなかったので、その縮図として日本のディーラー単位で考えてみます。1拠点にかかる費用は土地代や人件費、備品、さまざまな費用を考えると従業員10人くらいと考えて最低でも月4000万円ほど必要でしょうか。車の性格を考えると、1等地に拠点を構える必要があります。では、この4000万円を稼ぐのには、どれほどの販売が必要とされるのか。販売価格の平均を1800万円と考え、このうち500万円ほどが利益だと仮定します。そうなると、月に8台、年に96台を売る必要があります。これが3拠点になると月24台、年288台の販売が必要です。当初はこれくらいの数字を維持することは可能かと思われますが、今後はまだ未知数です。また、ディーラーはメンテによる収益もありますので、販売台数がある程度まで増えると、メンテに関する収入も増えますね。初期投資を回収するまでが大変だとは思いますが、今後の販売次第では収益を上げることができそうですね。

ちなみにポルシェの販売台数は年間35000台くらい(多分)、販売拠点は46拠点(多分)です。単純に割ると1拠点あたり年間760台、月63台。製造側の原価は55~65%と言われていますが、ディーラーへの納入価格はそれを上回らなくてはなりません。しかし、それを考えても結構儲かっていそうですね(事実儲かっているらしいですが)。


車の買い増しを考える

a0013382_1171193

現在はカレラ+エレメントですが、これらは3月、5月に立て続けに購入したので、さすがに乗り換えるわけにもゆきません。
そこで、これにプラスするのであれば何が良いか、ということになります。現在気になるのはセダン。キャデラックCTS、ホンダ・レジェンド、日産・フーガあたりです。しかしながら屋根が開く車も捨てがたく、そうなると候補に上るのがプジョー206CC。異常に遅くて驚いた車ですが、雰囲気は抜群ですね。

少し前の4座プジョー(オープン)も良いです。ビートル・カブリオレもOK。サーブも良さそうですが、メンテに不安があります。ややコンパクトでオープン、少し気が抜けた感じが欲しいです。ぼくは日産のパイクカーが好きなのでフィガロも捨てがたいですね・・・。サイノス・コンバーチブルという隠れた名車もありますし、ホンダ・CR-Xデルソルという(ぼくにとって)歴史に残る珍車も気になります。Z32コンバーチブルも良いのですが、あまりにオープン化に時間がかかります。350Zのオープンも良いですが、3台目としては維持費(自動車税・保険)がかかりそうです。そういえば、RX-7カブリオレという車もありましたね。
車を複数台所有される方の中には同じような性格の車を複数購入される方もいらっしゃいます。ぼくもお金や駐車スペースに余裕があればそうしたいですが、そうではないのでそれぞれに違った性格の車を求めてしまいます。


リンスピードzaZen

a0051152_029226

我らがリンスピードから「zaZen」登場。白とオレンジという時点で文句なしに格好良いです。

前はずいぶんアグレッシブ。カレラがベースのコンセプトカーです。ルーフは透明、シートも部分的に透明、とにかく白とオレンジでまとめた、なんとも美しい車です。

a0051152_030931

ちょっと後ろがアンバランスなのが気になりますが、テールランプはクリスタル風です。

a0051152_0315879

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●自動車関連ニュース・ネタなど

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.