>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況

過去ログ(駄文関係)~2

更新日:




就職活動について考える

a0013382_193695

就職活動中の学生をときどき見かけます。
就職といえば、世の学生にとっては人生の一大事のように思えます。実際のところ、ぼくもそう考えていましたし、それは大きな転機であったように思います。
学生の頃は就職するとなると、まるで人生が終わってしまうかのように考えていましたが実際には単なる始まりにすぎませんでした。



会社に勤めはじめると今までとはがらりと環境が変わってしまい、あまりにも早すぎる時間の流れや、見知らぬ人の波に呑まれてしまって、ぼくはすっかり自分を見失いかけてしまいました。見渡す限り水平線しか見えず、どちらへ船を進めてよいかもわからず、右往左往していたように思います。

そのまま大きな波に呑まれてしまってすっかり単なるさらりまん(ギブソン風)に成り果ててしまったり、見当違いの方向へ舵を取って行方知れずになった友人もいます。当時ぼくは良く考えたものです。ここはどこだろう、ここは自分がいるべき場所だろうか。どこかに自分がいるべき場所があるのだろうか。

いろいろあって、ぼくはなんとか自分の船を進めることができ現在に至るわけですが、船の進行のさまたげとなるような重荷を切り捨てたのがよかったのかも知れませんね。人はある選択をするときに、すでに心の中では結論が出ているものの現実の様々なしがらみに邪魔をされ、その結論を先延ばしにしたり妥協した選択肢を採ることがあります。

成人式

DSC02715

成人式のシーズンになると、いつも思うことがあります。新成人(の一部)は社会や彼らを取り巻く環境について文句を言いながらも、なぜそういったシステムそのものが主催する成人式に参加するのか、と。「紙切れ一枚で人生を決めるな」と不平を言いながらも、ちゃっかりテストを受けたりするような、そんな違和感を感じます。

文句を言うのであれば、その対象に組するのは滑稽ですし、説得力が無いようにも思います。ぼくはもともと群れることや行事を押し付けられることが嫌いだったこともあり、成人式はおろか卒業式にも顔を出していません(おまけにほとんど学校にも行っていない)。
そういえば、「希望の国のエクソダス」で「なぜ学校に行かないのか」と聞かれ「学校に行くことが危険だから」というようなことを答える場面がありましたね。あのあたりから「13歳のハローワーク」に通じているのだと思います。

女性が身につけるアクセサリーについて

女性についての嗜好というかなんというか、ぼくは女性が着けているアクセサリーについて魅力を感じないのですが、皆様いかがでしょうか。
アクセサリーというのは、結構高価ですよね。中には「そんなもの男に買わせるから関係ない」という豪快な女の子さんもいらっしゃると思うので一概には言えませんが、(周囲の男性にに聞いた範囲では)こと異性に対するアピール度においてコストパフォーマンスが低いようにも思います。

女性が着けているアクセサリーを通してその女性本人に魅力を感じる男性もいるかとは思いますが、ぼくに関して言えば「どんなアクセサリーを着けていようがプラス査定にはならない」というのが正直なところです。
そんなことを言い出すと、場合によっては男性のアクセサリーは女性にとって「マイナス査定」と取られたり、時計や靴にお金を突っ込んでも大して査定額が上がらなかったりするので、きりがないですよね。
人の話を聞いていると、「異性のどこに魅力を感じるか」という点において著しい偏重というか差異があったので、ふと上のようなことを考えてしまいました。

人間は地球上では最も貧弱な生き物か

a0013382_19153718

マレーシアの無人島へ行き、海へ潜ったときに思ったのですが、ここはプランクトンが多いのですね。
おかげでそのプランクトン目当てで多くの魚が集まり、その魚を食べるためにまた多くの魚が集まります。

そんなわけで、プランクトンが多いせいか海に潜ると常にチクチクするのです。プランクトンかそれに類するものに噛まれているのかはわかりませんが、陸に上がってもしばらくの間は痒いのですね。で、陸に上がったら上がったで大型のアリがやってきて足に噛み付きます。野生動物のように毛皮もないので皮膚を保護することができず、アリのようなちっぽけな虫にたいしても自衛することができません。
ブッシュに入ろうものならたちまち木や草で皮膚は傷つきますし、再び海に入ればプランクトンにつつかれたりバラクーダに囲まれたりします。
特に海の中では人間は思うように動くことが出来ず、息も続かず、したがって狙いやすい獲物なのかもしれません。そこでぼくはこう思ったのです。
体を保護する衣類や装備がなければ人間は地球上でもっとも貧弱な生物ではないか、と。

お金があれば何でも買える?

a0013382_18545542

世の中やっぱり金だ、そう感じる(そう思うのではなく、そう感じる)ことも多いわけです。特に最近の高度情報化社会においてはその傾向が顕著であり、お金を遣えば様々な情報を得ることができ、それを身に付けることによってさらにお金を生むわけです。持てる者と持たざる者とに分かれるのですね。

しかしながら、世の中には「お金が大事」の意味を取り違えている人もいて、「何かあったときのために」とお金を貯め込んだります。「何かあったときのために」などと目的とはとうてい言えない目的のためにお金を貯めておいても、ぼくに言わせれば全く無意味なわけです。(何かあったときの「何か」を特定できている場合は目的があるので、この限りではありません)良い料理人になるためにはお金を払ってでも良い料理を食べる必要がありますし、良いサービスを提供するためにはお金を払って一流のサービスを受ける必要があり、良い製品を作るにはお金を払ってよい製品を購入し、実際に使わないとダメだと思うのです。それが生きたお金の遣い方だと思うのです。貧乏してでも良いものに触れておく、それが将来逆にお金を生むとぼくは信じます。目的の無い貯蓄はお金を死なせてしまい、個人の発展にもならず、ひいては国家の衰退を招くと思うのです。死んだお金をいくら持っていてもどこにも行けず、何にもなれず、そして正しくお金を遣うことは「先行投資」でもあり、個人のアビリティを高めることに繋がると考えるのです。


大人になるとはこういうことか。なかなか行動に移せない自分について

a0013382_23181850

以前、ぼくが飛行機の中で、アジアの国からやってくる人を気遣うことに触れました。やはり、そういった念をぼくに抱かせるのは、ふろしきを抱えた中国っぽいおばあちゃんなどを見たときです。日本へ嫁いだ娘に子供が出来、一目初孫を見ようと、はじめて日本へやってくるおばあちゃん。なけなしの貯金をはたいて、役人に賄賂を渡してまで取得したパスポートとビザを使ってやってくるおばあちゃん。ひざの上には初孫へのお土産。ぼくの中では勝手にそうのような図式ができあがり、ひとり目頭を熱くしたりするわけです。

ここで、冷静にぼくとおばあちゃんとの心中を文章化してみます。

ぼく:「日本の交通費は高いからな、おばあちゃんには無駄なお金を使わせたくないよな、どうせ車のシートには余裕があるんだから、ちょっと遠回りしてでも目的地まで連れて行ってあげたいな」

おばあちゃん:「日本は恐ろしいところ聞いたアルよ。ひとりで無事娘のところまでたどり着けるアルか・・・。困ったときはどうしたらいいアルか・・・」

つまり、ぼくとおばあちゃんとの利害関係といいますか、需要と供給がここでバランスするわけですね。人種や言語の壁を越え、国際的な意見の一致を見るわけです。

しかし、現実とは冷たいもので、結局飛行機がターミナルへ到着した後も、ぼくはおばあちゃんに声をかけることができずにいます。おばあちゃんも、ぼくの心配など知る由もありません。一時はバランスしたかに見えた需要と供給、これは結局徒労に終わるわけです。これは、ぼくら二人にとっても大きな人生の損失とも言えます。もしもぼくが、あのとき声をかけていたら。おばあちゃんの日本旅行はとても印象の良いものになっていたかもしれません。そうやってぼくらは、日々失い続けてゆくのでしょうか。大人になるというのは、こういうことかもしれませんね。

もちもの

a0013382_19121717

長いこと人間をやっていると、いろいろなものが増えてきます。

子供の頃は持ち物なんてたかが知れていたのに、成長するに従い携帯電話を持つようになったり、クレジットカードを持つようになったり、色々な会員証を持つようになったり、カギを持つようになったりします。

ぼくの持ち物も年々肥大化してきて、いまでは結構な量になったりします。それは単にモノだけにとどまらず、人間関係においても同じことが言え、いつの間にかいろいろなしがらみが出てきて、それはぼくたちをがんじがらめにします。ボブ・ディランの言ったように「まるで守るべきなにかがあるかのように思い違いをさせられた」かのようにぼくたちを捕らえ、いろいろな判断を鈍らせたり、おかげでチャンスをみすみす逃してしまったりします。

戦争ってなんだろう

a0013382_2164086

戦争って何だろう、と思うわけです。
ぼくは反戦派でもなく、かといって好戦的でもありません。ただ単に戦争をして誰が得をしたのか、誰が損をしたのか、とふと思ったりするわけですよね。近代における戦争は、かつての陣取り合戦とは異なり、自国に利益のない政権を倒したりすることが目的であったりします。

第一次世界大戦によって欧州各国の帝政や貴族政治は崩壊したわけですが、仮にその戦争がなければ、今でも欧州各国の発展は無かったんじゃないか、人民は搾取されっぱなしだったんじゃないか、と考えるわけです。そうなると第一次世界大戦の戦勝国は敗戦国の民間人を解放した、とも言えるわけで、当時の犠牲は大きかったかもしれませんが、その後の(仮に旧世界の体制が続いたとして)犠牲よりは少なかったんじゃないか、と思ったりします。第一次世界大戦で実用化されたものは飛行機や戦車が有名ですが、そういった発明や技術の進歩を促す、という一面も戦争は持っているわけです。

第二次世界大戦においては日本は敗戦国ではありますが、それにより軍国主義が崩壊し、今の日本があるわけです。仮に日本が戦勝国になっていたら「5分後の世界」で記されたような国になっただろうか、と思うわけですが、とにかく敗戦がなければ今の日本やぼくらの生活も違っていたモノになっていたであろうことだけは確かです。

はじっこ好き

a0013382_1981415

「はじっこ」大好きピープルが多い、というアンケート結果。「どちらかというと」「できれば」という、消極的「好き」派が多いわけですが、食べ物はさておき、ぼくは「場所」に関しては「はじっこ派」、それも筋金入りのスティーリーはじっこ派でして、下記のアンケートでいうところの「できれば座りたくない」どころか「かなり座りたい」も通り越しまして、「はじっこでないと座らない」という徹底ぶりです。そんなぼくですが、なぜかトイレだけは堂々と真ん中を使用する、という傾向がありまして、これは「トイレ」という、どちらかというとネガティブイメージを持つ場所だからこそ、さらにネガティブな片隅ではなく「真ん中で堂々と振る舞っていたい」という気持の表れであります。 ちなみに食べ物に関してはそこまでこだわりがありませんが、「はじっこ」の方が味が凝縮されていそうではありますね。

【多少見かけは悪いが安くて美味しい“はじっこグルメ”が注目されているらしい。食べ物に限らず、真ん中より端がいいと思うことはありそうだ。この“はじっこ愛好家”についてアイシェアが意識調査を実施。20代から40代の男女590名の回答を集計した。パンやケーキ、ベーコンの切れ端などの食べ物のはじっこは好きかを聞いたところ、「大好き」が11.9%、「どちらかというと好き」が49.2%で、合わせると『好き』派が61.0%だった。内訳では女性は66.1%と男性よりも9ポイント高く、また40代では20代より10ポイント高い65.6%と、はじっこは女性や年上の世代からの支持が高い傾向があるようだ。乗り物や飲食店などで、はじっこの席に座りたいかを問うと「かなり座りたい」が28.0%、「できれば座りたい」が45.3%と『好き派』が73.2%。全体の3人に2人がはじっこ好きであることがわかった。
食べ物や場所などで、この“はじっこが好きだ”というものを自由回答形式で挙げてもらうと、バケットのはじっこなどの“パン系”(78票)、電車や飛行機などの“乗り物系”(71票)、会議室や飲食店の席などの“場所系”(34票)に人気が集まった。そういえば、席替えなどでも教室の後ろのはじっこが人気だったっけ。】

暴力教師、エロ教師問題

a0013382_0164347

暴力教師、エロ教師問題が頻発する教育現場。中には「モンスター・ペアレンツ」により、いわれなきツルシ上げを食らう教師の方もいらっしゃると思いますし、過酷な職場ではあると思いますが、その一方ではどうしようもない教師がいることも確かです。ぼくが高校生だったころも、ラオウ並の暴君教師「トミー」がいて、とにかく怖かった。

誰も逆らうことができないくらい怖くて、卒業式にはベンツでやくざが迎えに来てた、暴力団幹部候補の久我君ですら刃向かえなかったのですが、その後ホワイトヘアードブッダ化して人間が円くなったとか、どこぞの廃校寸前の学校へ飛ばされた、とかいろいろな話を聞きます。とにかく学校とは「閉ざされた聖域」なわけで、外部の経済活動からある意味においては遮断された特殊な環境です。「生徒」と「先生」という下克上不可な環境が構築されているわけですので、そうなると地位や権力を得た一部の人間が、心に棲む悪魔の囁きに屈してしまい、特殊な行動に走るのも無理はないかもしれず、それを未然に防ぐ構造が必要でしょうね。ぼくが通っていた大学のフランス語教授は「教師ってのはな、エロじゃないと絶対務まらないんだよ」と言っていたのを思い出します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●コラム/近況

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.