>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●ファッションや小物、ガジェット系

過去ログ(買い物の傾向、スーツ姿など駄文関係)

更新日:

買い物の傾向について考える

a0013382_18394850

ぼくは買い物には極めて慎重なタイプなのですが、お金に糸目をつけず買ってしまうものが二つあります。それは、1.猫の養育費関連、2.ジーンズ です。
猫の養育費についてはもはや説明不要ですが、なぜジーンズなのか、自分でも良く理解できません。きっとジーンズが好きだからだと思うのですが、別にマニアでもありませんし、ヴィンテージおたくでもありません(基本的にいわゆるプレミア=モノの価値以上のお金は払わない)。



ジーンズというのは、選択肢が多いです。通常の綿パンやウールパンツのように形はさまざまですが、他にはない特色が2つあります。それは、色の落ち具合や落とす場所を選べるということ、そしてサイズの選択肢が広い、ということです。ウールパンツであれば、やはりウエストを合わせて履くべきですし、破れているものを履くなどもってのほかです。しかし、ジーンズは大きめサイズをわざと選んだり、破れていてもオッケー、という事情があります。生地の厚さ(オンス)も様々ですし、生地を織るときのテンションも様々です。そういった中から自由に選べ、さらにサイズも色落ちも自由にチョイスできる、という寛大さが魅力です。上品に履くのも下品に履くのも自分次第、ということですね。
関係ありませんが、「ポルシェ買うまではジーンズ洗わない」といって同じジーンズをほぼ毎日、1年半履いていたことがあります。ぼくは、ときどきこういった行動を取ります。預かりが10億(証券会社に居たんで・・・)超えるまではモミアゲ剃らないぜ!とか・・・。


スーツ姿

IMG_0303

男性のスーツ姿を好きな女性は多いです。これは男性が女性のナース服などを好むのと同じであると思われますが、とにかく(男性の)ビシリとしたスーツ姿を好む女性は多く、またメガネなどのオプションを好む女の子さんもいらっしゃいます。これはやはりプロフェッショナルなイメージを醸し出す最右翼がスーツ、そしてそのプロフェッショナルっぽいところや、そのバックボーン(仕事ができそうとか、稼ぎそうとか)が女の子さんを刺激するのかもしれません。

ぼくは、スーツを着ません(というか、着る機会が無い)。ここ最近、裁判所に出入りする用事があったりするのですが、やはりそういった場所へ行くと皆きちんとしたスーツ(いかにもスーツといった感じの仕立ての良いスーツ)を着ているのですね。その後オフィス街へ出たりすると、さらに多くのスーツ姿の人びとがあふれかえっています。そんな中へ入ると、今はすごく違和感を感じるのですが、つい数年前まではぼくもあっち側にいただけに妙な気分です。


シンクロニシティ(同時性)

a0013382_13192255

ウチには華子とトマトという家猫がいますが、華子は非常に珍しい柄をしています、一般に「コゲ」とか言われる柄で、良く見ると三毛なのですが、その色の組み合わせや混ざり具合が珍奇です。ペットショップでは「タダでも貰い手がない」と言われる柄でもあり、家で生まれたとしても、疎んじられる柄のようです。そんな理由からか捨てられて死にかけていたところをぼくが拾ってきて現在に至るわけですが、こんな柄をしています。茶色と白いほうがトマトですね。

トマトはごく一般的な柄ではありますが、以前プーケットを訪れたときに、こんな組み合わせを見ました。

a0013382_13192920

野良猫なのですが、これはウチの華子とトマトそっくりのコンビです(トマト似のほうは小さいですが)。なかなか華子と同じ柄の猫を見かけることはなく、かなり驚きました。

自動車とパーソナルスペースについて

a0013382_11141650

ひとくちに車、といっても様々なものがあります。そして、様々な目的・役割があります。ある車はフルスモークで外界との接触を拒否するかのような仕様かもしれません。またある車はオープンカーであって、常に外界の変化と触れることができる車かもしれません。これらは同じ車であっても、ある意味対極に位置するものと考えられます。ぼくは元来、いわゆるパーソナルスペースが非常に狭い人間でして、知らない人が隣に居るだけで肩が凝るほど他人に対して緊張するタイプです。

電車で席に座らないのもそのためです。そんなワケで意外とクローズボディ、しかも外界の音を遮断してしまうような静粛性・密閉性の高い車が好きだったりします。最近はオープンカーを保有することが多かったですが、カレラの納車により1999年以降のぼくの車生活においてオープンカーの無い生活がはじめて到来することになります。それでもぼくはオープンカーの屋根を開けたことは実際ほとんどなく、「イザとなったらあけることができる」という心の余裕を得るため、また単に「カッコイイから」という理由だけでオープンカーを所有していたような気がします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●ファッションや小物、ガジェット系

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.