>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●ファッションや小物、ガジェット系

過去ログ(エルメス、セイコーの腕時計などファッションアイテム系)

更新日:




エルメス・トゥアレグ

DSC01525

エルメス・トゥアレグのベルトですが、比較的手に入りにくいです。トゥアレグというと、ぼくらはすぐVWのあの車を思い出してしまうワケですが、ご存知のように砂漠の遊牧民の部族名です。VWトゥアレグが、その名称を発表したときに「奴隷商人を連想させるので止めた方が良いのでは」などと言われましたが、良くわからない部分が多い民族のようですね。砂漠の遊牧民の中ではお金持ちであり、そしてプライドが高く、そのために最も高価とされる藍染の衣装を(自分たちの富を主張するために)古来より身に纏っていると言われます。ちょっと調べてみましたが、なんかこう、没落しつつあるという印象を受けるのはぼくだけでしょうか。ちなみにVWはイスラエル周辺の砂漠の民、ベドウィンの名を冠したSUVも計画しているようですね(ベドウインといえば、ぼくはリンスピードのコンセプトカー、996カレラのサファリルックの車両を思い出します)。



【彼らは、主にサハラ全域とさらに南縁のサヘルに住んでいて、青いシュシュ(ターバン) と民族衣装(ガンドゥ-ラ) を身に付けていることから、「青の民族」と呼ばれていました。19世紀以前の彼らは、戦闘用の駱駝に乗り、槍と皮の盾と大きな刀で武装し、隊商や他の部族のオアシスを略奪するなど、戦闘的且つ勇猛なことで近隣部族から恐れられてきました。しかし、20世紀初頭に、フランスに鎮圧された後、家畜の水や草を求め 砂漠を歩きまわる遊牧民となりました。1961年から1973年にかけてのアフリカ北部の大干ばつに、家を奪われ、段々と農耕民として定住化する傾向にあるという。 現在、彼らは40万の人口持ち、サハラよりむしろスーダンやニジェールに多く住んでいます。アルジェリアのホガール台地、タッシリナジェ-ル、ニジェールのアイール地方のトゥアレグ族は、部族の首長たちによって選ばれた「アメノカル」 と呼ばれる全集団の長を持っていました。各種族は「イマシュク」と呼ばれる貴族、それに従属する 「イムカド」 となり、いずれも奴隷を所有し、貴族が保証する庇護に対して「イムカド」は、貴族の家畜、羊、山羊、駱駝の群れの管理をしました。 原則的には、父権的な統治の組織、女性は完全な自由を享受していました。 女性は、公的生活においても、その地位を持っていて、結婚は、常に一夫一婦制で、女性は夫を選ぶ権利を持っていましたが、同じカーストの男女、または、高いカーストの男と低いカーストの女との間のみに許されました。この制度 「カーストハイガミ-」 は、上のカーストに下のカーストの黒人の血が入ることを防ぎ、上級カーストの純血さを保つ役割を果たしていました。】

というわけで、トゥアレグの件で最近複数のエルメスブティックへ出入りしています。しかしながら、一流とされる割にその対応には「がっかり」という表現を使わざるを得ません。けして店員さんの対応が悪いわけではなく、体制が原因で「できない」ことがあまりに多いのです。色の組み合わせを(既存色の中からであっても)選べない、(入荷が読めないので)予約もできない、入荷の連絡もできない、要するに店頭にあるものから買っていけというわけです。例えばトゥアレグのホワイトボックスカーフ、裏はブルージーンのトゴという組み合わせでウエスト75cmを欲しいとします。しかしそれが店頭に無ければ(国内在庫はあたってもらえる)、ブティック側いわく、いつ入荷するかわからない状況の中で(オーダーは受け付けていない)、ひたすら店に足を運ぶか電話で入荷したか問い合わせをしつこく行うしか無いということです(もちろんお得意様に対してはこの限りではないのかも知れません)。そんな環境では自分が欲しい商品を手に入れることなど不可能に近く、そういった状況を作り上げたエルメス本体に問題があるとも考えられます。現場では生産予定を知ることができない、また現場の要望を生産に反映できない、といったことは長い目で見ると企業にとってプラスとは言えないのではないでしょうか。

その対極はルイ・ヴィトンです。ヴィトンも一時は上記のエルメスのような状態でしたが、数年前に体制が変わりました。世界各国での在庫状況や売れ筋を把握するシステムを作り、最適な商品を最適なスピードで最適な販売地へ送ることができます(現在は余程でないと長期品切れは起こさないそうですが、従来の品薄イメージが民衆にインプリントされているので、気に入ったものがあれば皆先を争って購入する傾向がある)。オリジナル商品の製作もあるていどOKです。欠品があっても入荷予定が立ちますし、それを基に顧客へ連絡することもできます。こういった効率化が「売り逃し」を防いでいるのですね。しかしながらエルメスの場合、それを欲しいと思う顧客が居ても、その商品が無い、生産予定も(現場では)わからない、従って予約もできない、ある程度の仕様変更(エクスクルーシブ)もできない、といった状況なので、機会の損失が非常に大きいのではないでしょうか。思うにエルメスは生産側の力が強く、販売・管理側との連携を含むバランスが取れていない(職人の権力が強く、ひと昔前の老舗ブランドにありがちな体質)のではないかと考えます。ちなみにヴィトンの時計、タンブールはベルトの種類が多すぎてバリエーションが良くわかりませんが、ベルトのみの在庫があれば本体とベルトを店頭で交換して売ってくれます(全ての店でそうなのかは分かりません)。

企業の考え方や戦略にもいろいろあり、自分たちと顧客とのバランスをどう考えるのか、得意客をどのように囲い込むのか、はじめてお店にきたお得意様予備軍にどう対応するのか、また量産や少量生産のメリット・デメリット、品薄感で人気をアオる、など難しいことばかりですが、個人的には営利企業である以上は顧客の要望に応えようとする姿勢もある程度必要なのではないか、とも思います。けしてお客の方が偉いと言っているわけではありません。ブランド品を好むお客というのは有る程度の「特別扱い」や「自分だけのもの」を求める場合が多く一流ブランドであればなおのこと、そういった顧客心理をくすぐるような注文体制などを考えて顧客をコントロールすることも必要ではないかと思うのです。

顧客をどう考えているか、顧客の立場に立っているかどうかはエルメス、そしてルイ・ヴィトンのウエブサイトの充実度を見ればその差は明らかかもしれません。

マイバッハはフルオーダーだからこそ意味があるのであって、「入荷予定もわからないし、注文も受けることができないから、今ある在庫車から買ってけ」と言われるとゲンナリですよね。仮にポルシェが色の変更やエクスクルーシブを受けないのであれば、仮にメーカーお仕着せの車しか売らないのであれば、ぼくは購入をためらうと思います。

*ぼくは別にブランドが好きなわけではなく、いちビジネスマンとしてその経営戦略、管理システム、マーケティング、サービスに非常に興味があるだけです。売れ続けるブランドもあれば消えるブランド、復活するブランドもあり、その理由を考えるのが好きなのです。

デッドストックのセイコー・エアプロ

a0013382_13571542

これは偶然デッドストックを見つけた「セイコー・エアプロ」。このモデルは積極的に購入しないのですが、997カレラと同じイエローということで、納車前の景気付けとして購入しました。この世代はワールドタイム機能を搭載していて出張時に使い勝手が良いのですが、ケースがプラスチック感むき出しで安っぽく見えるのが難点と思います。やはりエアプロは「打倒Gショック」の熱い魂が宿っている初代が良いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●ファッションや小物、ガジェット系

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.