>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況 >ポルシェ・ボクスターS購入後の日記

過去ログ(アストンマーティン、ミニ購入検討、輸入車の価格など自動車関係)

更新日:

「何に乗ってるの?」と訊かれたときの返答について

a0013382_852316

「何に乗ってるの?」と訊かれたときの返答についてです。ぼくはボクスターに乗っていたころ、おなじポルシェ車のオーナーさんの間では問題ないのですが、無関係の人に対しては「ボクスター」と言うべきなのか「ポルシェ」と言うべきなのかずいぶん迷ったり、また「ポルシェ」と答えた時に多くの人が示す反応があまり(ぼくにとって)好ましくないので「ドイツのスポーツカーですよ」、とか「二人乗りのオープンカーです」、と答えていました。「ボクスター」と答えたときなど、一見ぜんぜん車には興味がなさそうな人なのに「へえー、2.7L?それともS?」などと聞き返してくる人もいたりして、逆にこちらがその反応に驚くこともあります。以前カレラオーナーの方が「カレラ2」と答えたところ、「カローラ2」と間違えられたという話もありましたが、ぼくらポルシェに興味がある人が考えるほど世間では「カレラ」の知名度は高くないのかもしれません。



まったく根拠の無い個人的な意見で恐縮ですが、「何に乗ってるの?」と訊かれたときにぼくが考える一番イケテル答えは「アルファ・ロメオ」。しかしながらいまだに一度もアルファを購入したことはありません。


アストンマーティン・ヴァンテージV8について

a0013382_22391196

ポルシェ社いわく、「他のスポーツカーメーカーとは異なり商業的に成功している」というプレミアムスポーツメーカー、アストン・マーティン。アストン・マーティンは「ポルシェが一台売れるたびに、我々を助けてくれる」と発言したり、微妙なライバル意識を見せている両社。そんな中、アストンの「911キラー」がついに登場です。

ディメンションを見ると911よりも5センチとすこしワイドで、さらに全高も4センチちょっと低くなっています。見るからにアグレッシブでワイルドなプロポーションですね。はっきり言って相当に欲しく、実際のところちょっとカレラと迷ったりもしたのですが、いざ具体的に考え始めるとディーラーの数、また車自体の信頼感から考えてもまだまだ購入するという気が現実に起きません。重量もカレラより200kg以上重く、そのあたりもひっかかるポイントです。軽くて、コンパクトで、パワフルで、まいにち使える車を造るというのはほんとうに難しい作業なのかもしれない、と911のライバルたちを見るとあらためて思うことがあります。ちなみにグラツィアーノMTというのは初耳です。
*先日、ある種の車はリセールがきかず心中が必要、と書きましたがアストンもまだセカンダリーマーケットが形成されておらず、乗り換え時にある種の苦労を強いられる可能性もあります。

メルセデス・ベンツのチョロQ

a0013382_034876

タカラから、メルセデスチョロQが発売されました。今回はSL、ゲレンデ、Cクラス。Qショップで見ることができますが、ホイールも従来とは異なり、細部にもこだわっていて、はっきり言って格好良いです。今までもポルシェカレラやカウンタックなどのラインナップがありましたが、「~タイプ」などとあいまいな表記をして車種を特定されるような記載を避けてきました。

カレラは「996タイプ」と記載されていましたね。今回のメルセデスシリーズは版権の問題をクリアしているので堂堂とそれを謳っていますが、きっとポルシェの場合はクリアできていなかったのでしょうね。しかしながらGT選手権のカレラは今でもあたらしいものが発売されていたりして、ぼくにはわからない事情があるようです。こうなると、ぜひ版権を取ってポルシェ全車種を発売して欲しいと思います。まずは997から。ちなみに価格はメルセデスバージョンで997円です。

再度ミニのディーラーを訪問する

a0013382_22451945

再度MINIのディーラーに行ってきました。コンバーチブルが大人気、しかも生産台数が少ないとの事で供給が間に合わないそうです。MTが少し余っている、という程度みたいですね。各ディーラーの割り当ては月に1~2台という話でした。ディーラー内には各種バッグや、アパレルなどが置いてあって非常に楽しいです。そういえば、ポール・スミスは旧MINIの限定バージョンを手がけたりしていてMINIとの繋がりが濃いですが(ここ1年ほどはさらに濃い)、NEW MINIについては全く触れません。いろいろな絡み(NEW MINIはもうドイツ車ですし)もあると思うのですが、ポール・スミスでもNEW MINIをモチーフにしたり、ディーラーでもその製品を置いたりすれば良いのに、と思います。

しかしミニは購入後に(モディファイに)お金がかかりそうですね。もしミニを購入して、あまりにお金を突っ込んでしまうと次のポルシェが買えなくなるのである意味こまりものです。そう考えると、セカンドカーとしては逆に心を熱くさせない、道具に徹した類の車を選んで素のまま使い倒す、というのもアリかもしれません。しかしながら、セカンドカーとはいえ長く乗るつもりも無いので、ある程度リセールがきくものを選ぶ必要があります。たとえば、今やたら欲しいシトロエンC2ですが、これは買ったとたんに激しく値落ちしてきっとリセール最悪になるでしょう。そうなるとシトロエンC2と心中する覚悟が必要です。そして同じく欲しいホンダ・エレメント、これもエレメントと心中する意思があるかないか、で購入するかしないかが決まります。かといって、リセールの良いものばかり選んでいると、ときたま面白くもなんともない車になったりしますので、リセール製と趣味性とをうまくバランスしている車が必要です。

BMWの日本価格は割高か?

alt="a0013382_21172692" width="250" height="165" class="alignnone size-full wp-image-12814" />

1シリーズ発売以来、最近のBMWは割高だなあ、と感じることがあります。メルセデス・ベンツのボトムであるAクラスは236万円~310万円、しかしBMW1シリーズは289~366万円。Z4の登場以来、やや価格が上方へシフトした感があります。おなじようにX3についても割高感を感じます。

きっと、次の3シリーズも価格帯が上へ移行するのではないかと思いますが、実際のセールスは非常に好調だそうですので、市場にはその価格とクオリティのバランスが妥当と評価されているわけですよね。
それに対してメルセデス・ベンツは割安かもしれないと感じることがあるのですが、逆にこちらのセールスは思ったように伸びていないのが現状のようです。
他に割安と感じるブランドではキャデラック、逆に高いと感じるのはアルファ・ロメオ。
ポルシェについては、運転しているときは「この性能でこの価格だったら割安だなあー」と思うのですが、いったん降りて他の車を見たりすると「もしかすると割高なのか・・・」と思うことがあります。ちなみにポルシェの利益率は17%くらい、自動車メーカーとしてはダントツ(2位に5ポイントくらい差を付けている)ですが、ポルシェ社は技術開発の委託や技術の販売にかかわる利益も多いので、一般に原価率が低いかどうかまではわかりません。

レンジローバー・スポーツの発表会へ

a0013382_1812155

レンジ・ローバー・スポーツが発表され、その発表会へ行ってきました。画像は「ファースト・エディション」、限定カラーや限定ホイールなどを装備したリミテッド・エディションです。レンジローバー・スポーツは390馬力で2.7トン近い巨体を引っ張ります。価格はファーストエディション1140万円くらい(性格に記憶していません)、限定版でなければ1090万円。カレラとだいたい同じくらいの価格帯ですね。普通のレンジに比べて20cm短く、7cm低く、7cm幅が小さいです。サイズが異なることからも単にスーパーチャージドエンジンを載せて車高を落としただけのモデルではないことがわかります。

内装は通常のレンジローバーに比べると至って質素に見え、タイトな雰囲気すら感じます(もちろん意図的なものでしょう)。見た目はかなり低く、20インチホイールを無難に収めており、至る所に「スポーツ」感を漂わせます。通常のレンジが「モロ英国車」といった雰囲気なのに対し、レンジ・ローバー・スポーツは「ドイツ的カッチリ感」が感じられ、これは今までのレンジとは別物と認識させられました。

個人的には今までレンジに全く興味がありませんでしたが、エレメント入手以来ぼくの中で四駆人気が急上昇、しかしオサレ四駆ではなくて「道具っぽい四駆」に惹かれます。ランドローバーは四駆だけを造ってきたブランドですし、車にも「魂」が感じられます。しかし、あまり市場では成功しているとは言いがたい状況だそうで、実際の販売台数を調べようと思いましたが数字を拾うことができませんでした。

このカテゴリには最近競合が多く、新たにアウディQ7も参入しますね。ランドローバーのラインナップとしては、フリーランダー295万円~、ディフェンダー359万円~、ディスカバリー568万円~、レンジローバー837万円~が揃います。しかしながら、どのモデルも「売れている」状況には程遠いのではないでしょうか。カイエンシリーズは現在年間40000台を生産する異様なヒットとなっていますが、ブランドバリュー、デザイン、性能、と申し分の無いランドローバー車、特にレンジローバーでもカイエンの販売には程遠い状況と想像します(あくまでも勝手に想像)。

なぜ、カイエンは売れてレンジローバーは(カイエンほど)売れていないのか?カイエンにあってレンジにないもの、それは何か。非常に気になるワケです。ちなみにぼくはレンジローバーを運転したことがありませんので、近いうちにレンジローバーとカイエンを立て続けに試乗してこようと思います。

価格はレンジHSE1040万円/ヴォーグ1180万円/スーパーチャージド1320万円。 カイエン676万円カイエンS/906万円/カイエンターボ1360万円。

シトロエン・スポーツラウンジ

a0013382_18135464

密かな盛り上がりを見せる「シトロエン」ブーム。そしてスポーツラウンジはぼくの中でも飛びぬけた存在です。ルノーEGEUSといい、コンセプトカーは観音開きが多いですよね。

シトロエンは、現在のところ数少ない(成り立ちからして)独自のスタンスを持ったメーカーと言えます。また市場に迎合しない価値観がたまらない魅力です。他メーカーの同クラス車に比べると多少高価ですが、シトロエンの目指すものと自分の嗜好が一致する方にとっては価格など気にならないほどの輝きを持っているのではないでしょうか。高級車っぽい無理な押し出しも無くサラリとしていてイヤミもなく、かと言って乗り手の個性を喰ってしまわない奥ゆかしさを備えた稀有な車といえるでしょう。
現在フランス車メーカーとしてはルノー、プジョー、シトロエンとありますが、その3つとも異なる表情を見せていて面白いですよね。

試乗に出て10分後に「シトロエンで行こう」と決めたひとがいますが、ぼくも同じく試乗で「ヨシ買おう」と思いました。しかし数日前にエレメントを衝動買いしてしまっていたので、その時は購入には至りませんでしたが次に車を買うときには必ず最有力候補となります。
買うとなるとグレードはC4サルーン1.6、ボディカラーは「ブロンズ・ペルサン」、内装は「ワディビス(レザーパッケージ)」。

アストンマーティンV8ヴァンテージを見てきた

a0013382_10382447

アストン・マーティン・V8ヴァンテージ見てきました。横にDB9を展示していたのですが、以外や差が感じられず、それが逆にアストンの血筋を意識させます。986/996登場時には良く似ていたけれど、後に、そして987/997では明確にスタイリングや方向性が分かれたように、V8も市場とともに成長するのだと思います。

スタイリングはアグレッシブというよりは優雅、非常に美しいボディラインを持っています。ボンネットを開けると奥に、そして低くマウントされたエンジンが光ります。そして、最終検品担当の方のプレートが貼られるのもDB9と同じです。とんでもなく太い構造材が入っていたり、見たことの無いようなつくりが非常に興味深いです。ドアもDB9と同じくやや上に開きますが、これは乗り込む際には思った以上に役立つ装備ですね。適当な位置で止まる(クリック感がない)のも便利です。外観に関する数値上はカレラよりも4.3cm短く、5.6cm広く、5.5cm低く、しかしカレラよりもずっと長く見えるのが不思議なところですね。
注意を惹くのはオプション価格、サイドシルに名前を入れるのは33600円、ツートンのフルレザーシートは209790円、19インチは178892円、特別注文ペイントは178892円、ブレーキキャリパーペイントは50400円。総じて(ポルシェ比で)安め、しかし仕様についてかなり細かくオーダーできるのはポルシェ同様です。販促用の資料など見せていただきましたが、かなり露骨なライバルとの比較(価格、スペック、登録台数、仕様の多彩さ、その他etc.)があり、セールスにあたっては万全の体制といった印象を受けました。大阪ではこの3連休のみの展示ですが、相当な反響があったそうです。強くマーケットを意識した新しいアストンの幕開けはまずまずの出だしといったところでしょうか。

何度かDB9にも触れる機会があり、冷静にV8を観察することもできました。カレラとの比較についても(両車に対し)思うところ多々ありますが、このあたりは試乗する機会がやってきたときにまとめてUPします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況, >ポルシェ・ボクスターS購入後の日記

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.