>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●コラム/近況

nine stories (four)

更新日:

a0013382_9222978

ぼくと彼女の間にはひとまわり(つまり12歳)の年齢差があった。

しかし、それ以前にぼくたちは住む国が異なっていたし、話す言葉も異なっていた。世界には60億の人間が住んでいる。一生かけて知り合う人間の数なんてたかが知れているし、同じ国に住んで同じ言葉を話す人間同士だってお互いを理解することなんて難しい。だいいち、隣に住んでいる人の名前だって知らないし、電車に乗っても隣に座った人のことなんて気にもしない。
それでもぼくと彼女は国境を越えて出会い、少しだけだけどお互いを理解し、少なくともお互いに好意を抱いていた(ぼくはそう信じている)。そのころぼくは仕事をはじめてしばらく経っていたけれど、彼女はまだ社会に出たことも無い学生だった。



ぼくと彼女は偶然にも誕生日が同じで、たまたまぼくは誕生日に彼女の住む国を訪れる予定があり、お互いの誕生日には会ってプレゼントを交換しようということになっていた。ぼくは彼女の為に高価なブランド品をプレゼントとして選んだ。

気に入るかどうかわからないけれど、そう言って彼女がぼくにプレゼントを渡すときの恥ずかしそうな表情。いまでもぼくははっきりと憶えている。
彼女がぼくにくれたプレゼント、それはおおきな瓶に入った、小さな小さな、しかしたくさんの折り紙だった。ごく控えめに言っても、ぼくが彼女のプレゼントを買うのに支払った対価に見合わないそれは、ぼくをがっかりさせるのに十分だった。
「これはね、私の国では女の子が願いを込めて男性にプレゼントするものなの」彼女はそう説明してくれたけれど、ぼくはただ「ありがとう」と彼女に言っただけだった。

やがて帰国の日が近づき、ぼくは予定に従って日本へ帰ることになった。
空港でチェックインするとき、彼女がくれた瓶がセキュリティ・チェックにひっかかった。X線検査でぼくの荷物の中に瓶を見つけた検査員は、瓶を出すようぼくに指示をする。やれやれ、面倒なものをくれたものだ、そう思いながらぼくはスーツケースのダイアルを回して開け、検査官に瓶を渡した。
瓶を見たとたん検査官の表情が変って、ぼくは驚く。その表情はすでに四角四面な検査官のそれではなく、まるで子供がたいせつな宝物でも見ているかのような顔に変化していた。その検査官は近くに居た彼の同僚を呼んで瓶を見せる。瓶をみた女性の検査官も表情をほころばせ、そしてぼくにこう言った。
「これだけのものを貰うのだったら、あなたよほど彼女に愛されているのね」
どうやらこの折り紙のひとつひとつにはメッセージが書かれていて、さらにこのような形に折り畳むのにはとても手間と時間がかかるらしい。しかもこの数だ。
久しぶりに良いものを見たなあ、でもこれだけの数が入っているものははじめて見たよ、そう言う検査官たちを見て、はじめてぼくは自分の過ちに気がついた。

なんてことだろう。ぼくは見た目や金額やブランドにばかり気をとられていて、贈り物にいちばん大切なものを見失っていた。
受験戦争を生き抜いて、社会に出て、あまりにも早すぎる時間の流れや、見知らぬ人の波に呑まれ、ぼくはいつしか人のこころがわからない人間になってしまっていたのか。

ぼくは今すぐにでも引き返しぼくの態度を彼女に詫びて、改めてお礼を言いたかった。でも、帰国便の搭乗時間が近づいている今、とうぜんそんなことは不可能で、日本に戻ってからお礼を言おう、そう思った。

しかし、日本に戻ってからは彼女に連絡を取ることはできず(電話をかけても通じなかった)、そして人づてに彼女の死を聞いたのはその4ヵ月後だった。死因は交通事故、即死だったそうだ。
ぼくはなぜ、あのときもっと喜んであげることができなかったのだろう。なぜ、あのとき無理矢理にでも引き返して彼女に謝ることができなかったのだろう。
あれから数年経つけれど、誕生日が近づくと、今でもぼくはそう考える。おおきな瓶に入った、小さな小さな、たくさんの折り紙を見つめながら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●コラム/近況

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.