トップページ






>ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況 >ポルシェ関連・ニュース・ネタ

同じサイズのタイヤ/ホイールでも異なる?ポルシェ911とケイマンのオフセットを考える

2016/06/13

a0051152_1024536

先日、PCにてぼくのカレラとケイマンSのホイールとを見比べて気づいたことがあります。カレラとケイマンSでは、すこしだけホイールとボディとの関係が異なるのですね。911もケイマンも同じ19インチカレラSホイールで、タイヤも同じコンチネンタル・スポコン2です。ですがケイマンSのホイールは若干奥に入っているように見えるのですね(リヤタイヤにおいて顕著)。

そこで、オフセットを調べてみました(リヤタイヤのみ、19インチカレラSホイール)。
ケイマンS・・・46(9.5J)
カレラ・・・67(11J)
ボクスター・・・46(9.5J)

ホイールの幅も異なるのでオフセット数値のみではツライチ度の因果関係を把握することはできませんが、意外と異なるものです。可能であればホイールなど共通にした方がコストも安く上がりますし(オプション含めて同じデザインのホイールでオフセット違いのホイールをわざわざ造るのは面倒)、コストにこだわるポルシェがわざわざこういった手法を採っているのには、きっと確固たる理由があるのだと想像します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況, >ポルシェ関連・ニュース・ネタ
-, , , ,