>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ホンダ・エレメント関連

過去ログ:ホンダ・エレメント(カスタム、スピーカー入れ換え、オーディオほか)

更新日:




ホンダ・エレメント近況~カスタムの方向性について

a0013382_22225916

かなりエレメントを弄ってみたくなっています。以前はラグジーで攻めようかと思いましたが、今は「未来っぽい」感じでどうよ、と思っています(正直シルバーでラグジーは無理っぽい)。「ミッション・トゥ・マーズ」で水素エンジン搭載のビークロス(しかもオープン)が登場しましたが、あんな雰囲気です。そういえば「ペイチェック」ではNYタクシーとしてエレメントが登場しましたね。



樹脂部分をガンメタに塗装する(樹脂のデコボコはパテ埋めしてツルツル肌にして)だけで随分イメージが変わりそうですが、これまたお金がかかりそうです。ホイールはスポーテックあたりがマッチしそうですね。

ちなみに、エレメントの後ろ上半分はなんとなく外れそうに見えますよね。ぼくはてっきり、(購入を考えるまで)パルサーEXA(でしたっけ?)のように、後半を付け替えることができると思っていました。実際はFIXされているのでとてもそんなことはできませんが、取り外してピックアップのようになれば良いのに、と思います。

ホンダ・エレメント近況~ドアスピーカー入れ替えその後

a0013382_22203192

先日エレメントのスピーカーを入れ替えましたが、各部のハンダも馴染んできたのか良い感じで鳴っています。ついついボリュームを上げてしまうのですが、そんなときはちょっと内装がビビったりします。スピーカーはバッフルを介してドア鉄板に取り付けていますが、ドア内張りをはさんでの取り付けになりますので、こういった共振が起きることがあります。

ボクスターは鉄板がやたらと分厚く、各部の取り付けもしっかりしていたので、きちんとバッフルを作ってやるとビビリは皆無(これには驚いた)でした。エレメントに問題は無く、ボクスターの剛性が以上に高かっただけだと思われます。

ホンダ・エレメントのリアスピーカー交換。バッフルを作ってみる

a0013382_17501749

エレメントのリヤスピーカーを交換しました。いまやぼくの魂の一部とも言えるパナソニック691Dです。紙コーン、スチールフレームとクラシカルですが、その実力はピカイチです。すでに一生使う(と思われる)分をストックしてあります。

コイルはリッツ線の0.82。リヤ用のため数値は大きめです。ドアなど鉄に近づけると数値が変化するので防磁処理を行ったうえで使用します(振動防止のためニスを染み込ませてあります)。

使用するバッフルは以前ボクスターで使っていたものズバリです。これを少し加工して使用しています。材質はMDF、ニス&ラッカー仕上げです。取り付けはボルトではなくステンレスのタッピングビスを使用。取り付け穴はドリルで穿った後にニスを染み込ませて穴がバカになるのを防ぎます。バッフルと車両が触れる面にはすべてブチルを貼ります。

a0013382_17502476

今回は純正のスピーカーケーブルを部分的に使用しています。それにベルデン708Mk.IIを半田で継ぎ足し、防振のためにアメゴム(けっこう効きます)を通しておきます。半田はスズ60%。ドアの裏側にはスピーカーケーブルが当たって振動しないようにエプトシーラーを少し貼っておきます。

a0013382_1750355

これで完成。違和感アリアリですが、そんなことは全く気にしていません。

a0013382_17504471

今後アンプとプリを追加した際にスピーカーの配線はすべて708に置き換えようと思います。ちなみに、スピーカーだけをとって見ると、フロント:JVC CS-M05+FOSTEX 17H、リヤパナソニック691D、というちょうど10年前の7月4日に組んだものと同じ構成(しかもそのときのものを未だ使用している)となりました。この構成は実に6年ぶりです。
BMW Z3では05+17H、ボクスターでは691D+66Hの構成でした。

ホンダ・エレメント近況~なにかカスタムを考えてみる

a0013382_10441100

エレメント快適です。アメリカ的にゆったり乗るのが向いているのか、ルポに乗っていたときに比べ平均走行速度が低くなりました。速く走れないのではなくて、車が「まあゆっくり行こうや」とでも語りかけ、ぼくがそれに「まあそうだな、急ぐことも無いしな」と答えているような感じです。車によって運転が変わるのも事実で、ある種の車は「もっとアクセル踏め!」と急かしたりもしますね。ルポは出せるだけ出してました。通勤路にはジャンピングスポットがあり、ルポは毎回すっ飛んでいたのですが、エレメントではゆっくり乗り越えてゆきます。

そんなわけで、もうすこし何か装備を増やしてあげても良いのでは、と思ったりします。現在検討中なのは下記のアイテムです。
アームレスト(やっぱり肘を置く場所が欲しいですよね)
ロッカーパネルトリム(チッピング防止です)
サイドステップ(はっきり言ってこれがないと洗車もままなりません)
ロックナット(アルミ製のものが良いですね)

ホンダ・エレメントのオーディオインストール計画について

a0013382_21465840

現在、エレメントにオーディオインストール中です。オーディオで一番時間がかかるのは、ぼくの場合電源とスピーカーケーブル、シグナルケーブルの取り回しですが、エレメントは通勤車なので分解したりゆっくりインストールするわけにもゆかず、それらを後回しにして既存の配線を使ってインストールしています。つまり、ヘッドユニットやスピーカーを、既存の車両の配線を利用してお手軽にインストールするということです。

現在のところ構成はアルパインのipod対応CDヘッドユニット+ipod、フロントスピーカーにJVC CS-M05とFOSTEX 17H、リアにパナソニック691Dを考えています。スピーカーが納まらないので一部内装の取り外しやカットを行います。ヘッドユニット以外は10年ほど前から使っているもので、一部(パナ691D)はボクスターにも搭載していたものです。バッフル作るので、塗装や乾燥を含めスピーカー入れるのには2~3週間ほどかかりそうです。
エレメントのページ作成中ですが、最近期末・期初なので多忙を極めており、公開は遅れそうです。とりあえず、こちらのブログに速報としてUPしてゆきます。

ホンダ・エレメントのカスタム計画~ポリスカー仕様

a0013382_9262524

ぼくはポリスカーに対して強い魅力を感じていますが、エレメントのポリスカーなどどうでしょう。購入する前から「NYタクシー」もしくは「LAポリス」仕様にしたいと考えてはいたのですが、とりあえず画像作ってみました。

ちなみにロゴなどは勝手にぼくが作ったので現実のポリスカーとは異なります。「POLICE」と実際にボディに入れて走ると警察がら圧力がかかりそうなので、「LAPD」としておいたところがかなり現実的です。ルーフにはブーメラン型のパトランプ載せたいですが、何かきっかけがあればすぐにでもやってしまいそうなカスタムです。

ホンダ・エレメント近況~ヘッドライトをイエロー化してみる

a0013382_19232654

エレメントのヘッドライトをイエロー化してみました。ちょっとパリのエスプリなどを演出してみたくなったわけです。すぐに戻せるようにフィルムでの施工です。

なんとなく、エレメント本来の無機質なイメージが損なわれてしまったように思いますが、しばらく様子を見て戻すか戻さないか決めようと思います。

ホンダ・エレメントのステアリングホイールに本革を巻いてみる

a0013382_2224029

エレメントのステアリングに皮をまいてみました。市販の製品(たんなるカバー。ブラックとシルバーのツートンカラーです)で、ホンダ・ストリーム用です。実はオデッセイ用が欲しかったのですが在庫が無く、やむをえずにストリーム用を買ってきました。

元来エレメント用のカバーは存在しないようですのでどのみち流用だからストリーム用でもいいか、と考えたのですがちょっと甘かった。いやかなり甘かった。どうも直径が合わないようでカバーが激しく小さいのですね。しかし、そんなことで意気消沈するぼくではありません。障害は大きいほど熱く燃え上がりますので、霧吹きで水をかけて無理やり引き伸ばします。
もっと困ったのは、ステアリングの太さも違う(エレメント太い)ようで、エレメントの太さにあわすのには相当な苦労を要しました。エレメントのステアリングは元来ウレタンですので(車両価格270万円もするのに)よく滑ることがあり、どうしても皮を巻いてみたかったのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ホンダ・エレメント関連
-, ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.