>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ホンダ・エレメント関連

過去ログ:ホンダ_エレメント(購入、納車、インプレッションほか)

更新日:

けっこうデカい。ホンダ・エレメントが納車される

a0013382_10441100

エレメント来ました。デカいです。が、こういった車がガレージにあるのはとても楽しく、そしてこういった気分を感じるのは久しぶりのことです。以前ぼくが乗った試乗車は2003年登録、走行16000kmの車両でした。そのときは、速度60km/h以上になるとロードノイズが大きく、また段差乗り越え時の突き上げがきつい、と感じました。



タイヤサイズが大きく、またフロアもカーペット貼りではないのでこんなものかな、と思っていましたが、いざ納車された自分のエレメントに乗ると、やたらと軽快で、静粛性に優れるのですね。非常に快適、まさに試乗車とは別物です。それが年式による違いなのか、走行によるヤレなのかは不明です。

実を言うとエレメントはブラックが欲しかったのですが、なぜか国内在庫全てがシルバー、しかも次にアメリカから入ってくる予定なし、といった状況ですので、購入したのは唯一の選択肢である新車シルバーです。しかしながら、良く考えるとぼくは今までシルバーの車には乗ったことが無いのですね。これはある意味楽しみではあります。仮にブラックであれば、24インチメッキ(ジルコニア入り)ホイールにローダウン、メッキグリルをつけて「サムシンライクフェノッミナーン! アハン!(by LLクールJ)」とか言うと格好良さそうです。ちなみに今まで所有した車の色は白、白パール、レッド、イエロー、ブラックメタリック。バイクを入れるとイエローパール、ゴールド、ソリッドブラックが増えます。エレメントは塗装部分が少ないので、そのうちオールペンしても良いかもしれませんね。ルーフやボンネットの色だけを変えてみても面白そうです。

珍車中の珍車、ホンダ・エレメントを購入してみた

a0013382_1127050

すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、またしても珍車買ってしまいました。ホンダ・エレメント。
珍車ハンターと呼ばれるぼくの面目躍如です。いまひとつ日本ではブレイクしませんが、この割り切った造りはホンダならではのもので、他の車では得られないものです。

定価ベース(271万円)で考えると、あと10万円くらい足せばムラーノを買えますし、ハリアーだって買える価格です。もともとがUSAホンダの車であり、これを日本仕様に変更して国内販売しているため、外国で日本車が高いのと同じ理由かと思います。思えば2003年春に登場したときから、かなり気になっていた車ではありまして、自分でも良く自分の好みを把握していないのですが、一方ではカレラやジャガーXK、アストンなど流麗なスタイルの車が好きであったり、もう一方では日産パオやダイハツ・ネイキッド、ホンダ・エレメントなどゴツゴツした車が好きだったりします。ムラーノ、ハリアーは今回強力に競合した車ではありますが、ぼくの中ではやはりエレメントです。
当初は秋ごろに購入する予定で、ディーラーには秋までにエレメントの出物(雹害とか台風被害車とか)を探してくれと連絡を入れたのですが、「いや、今すぐなら出物があるんです」という話になりました。どうしてもメーカー側が在庫(3月頭で117台)を処分したいという理由で各ディーラーへ通達&奨励金(?)が回っているということで、3月納車の条件でなら無理できるのですが、と言われて急にヤル気がでてきたのです。カレラの頭金で数百万現金を保有していたので気分的に余裕があったのも事実ですが、とにかく好条件でまったくの新車、雹害でも水没でもないまっさらの車両を買ってしまったわけです。
電話を入れてからたった2日でのスピード購入、ちなみに今回購入したホンダベルノ店は13年ほど付き合いのあるディーラーで、以前は購入歴があるものの、ここ12年は全く車を購入していなかったディーラーです。その間もときどき連絡をくれたり、新型車が出ると車を貸してくれたりして非常にお世話になっていました。やっと役に立てた、という気持ちがあります。
エレメントについては、マジ5年は乗ろうと思います。いつも最低5年は乗ろうと思って車を買うのですが、ぼくの意図に反してメーカーが魅力的な車を次々発表してくるので公約が守れません。ルポも「5年乗る」と宣言しつつもわずか1年数ヶ月で売却、Z3も5年とおもいつつ1年7ヶ月、Zは一番長くて4年、プレリュードはわずか9ヶ月、ボクスターは2年7ヶ月。とりあえず、ここで最低でも「エレメント5年」、「カレラ5年」乗るZE!と宣言しておきます。

ホンダ・エレメントの納車準備を進めてみる

ディーラーの決算の関係で、エレメントは3月中にやってきます。ディーラー側としてはなんとしても3月に登録する必要があり、時間の関係で希望ナンバーを選ぶことはできませんでした。もし選ぶことができたなら、ナンバーはやはり「911」です。現在の予定では納車は3月31日、深夜の予定です。いったん登録してしまえば引き取りは4月でも良いのではないか、と思いましたが棚卸の関係でいかなる事情があっても3月内に納車したいそうです。

ルポは購入を決めたと同時に売却、たった1日で付属品を外してノーマルに戻して売却という、あまりに急な事態となりました。ルポはなんだかんだ不満をこぼしつつもすごく大切に乗っていて、本当に良く働いてくれたと感謝しています。1年半で32000キロを走りぬけ、一度の事故も無く、当てたり擦ったりしたこともない車でした。

代車を借りて、お店を出ようとして、代車のミラーに映ったルポを見たとき、とても辛く不覚にも涙をこぼしそうになりました。もちろん新車購入は楽しいものですが、それに伴い、それまで乗っていた車を放出するのはとても寂しいものです。今でも、Z3は故障せずに走っているだろうか、フェアレディZはガスケット抜けていないだろうか、パオのエンジンブロックは大丈夫だろうか、などと気になり、素直に次の車がやってくるのを喜べないのも事実です。
次のオーナーのところでも元気でやれよ、大切にしてもらえよ、それくらいしか言ってやれない自分に不甲斐なさを感じます。お金があって、土地があって、そうしたら売らずにすんだのにな、ごめんな、いつもそう思うのです。

ルポを引き渡す日の朝、ガレージからルポを出して、そしてその日はじめてルポとぼくは一緒に写真を撮りました。

ホンダ・エレメントの商談

a0013382_844571

10年来付き合いのあるホンダ・ベルノ店にエレメントの出物が無いか聞こうと思い、電話してみました。エレメントの安いヤツないですかね、とぼくは聞いたのですが、担当さんは「どの車の分ですか?」と聞き返してきました。

オイルエレメントと勘違いしているのだと気付くまでにすこし時間がかかり、そんなに人気がないのかとちょっとセンチメンタルな気分になります。。
すこし調べたところ、エレメントは現在登録がわずか(国内で)2000台ほど、ということですので相当なレア車ということになりますね。月間販売予定台数は1000台でしたので、予定の10分の一以下しか計画を達成できていないことになります。ぼくは、車を買うときに人気車・不人気車は気にしません。
不人気車であっても買うときは買いますし、人気車であってもそれは同じです。ある意味エレメントはカレラよりも目立つかもですね。ちなみにカレラのサイズは4427×1808×1310mm、エレメントは4300X1815X1790mm。

ぼくは、なんとなく潮の香りがする車が好きというか、サーフボードが似合う車が好きです(カレラはその条件に該当しませんが・・・)。
エレメントは高いのか安いのか、ちょっと見た目ではわからず、大きいですがイヤミもなく、仕事上使用することがあっても相手先に悪い印象を与えることがない(と思われる)のが良いです。

ざっとカタログを見ると、意外と装備が良いのですね。何とカレラにすら装備されないディスチャージランプが標準、憧れの電動可倒式ドアミラーも付いています。しかもキーレス、オートエアコン標準装備。ぼくにとってはちょっとした高級車のようです。エンジンは4気筒2.4L。馬力はルポの倍以上。ぼくの中ではホンダ4気筒の評価が非常に高いので言うことなしです。

ポルシェ911カレラとホンダ・エレメント

a0013382_18593824

現在、我が家にある車両と言えばカレラとエレメントですが、ぼくにとっては結構良い組み合わせだと思うようになりました。カレラは乗るのにある程度の気合が必要ですが、エレメントは「脱力系」であることは以前触れたとおりです。エレメントの価格は270万円と少し、これはボクスターの半分ですね。

しかしながら、ぼくが昔ホンダに乗っていた頃(12年前くらい)の部品が使われていたり、ボンネットの支えがダンパーでなかったり、アクセルがワイヤー式であったり、ルポやボクスターと同じ力加減でボディを洗うと「ベコン」と鉄板がへこんでしまったり、そんな理由で、この車がボクスターの半分の値段というのはやや高いというか、逆にボクスターがお買い得なんじゃないか、とか考えることもあります。しかしながらエレメントにはエレメントにしかない世界観があり、それは馴染んでしまうと他の車には求めることができないものだと気づきます。そんなわけで、車内に間接照明をつけてみたり、オーディオをいじってみたり、かなり軟派な路線に走りつつあります。もともとカレラではストイックを極めてエレメントでは軟派を極める予定でもあったので、これで良いのかもしれません。

なぜかカレラを注文したあたりから急激に車の嗜好が変わったようで、今は安楽なアメ車やセダンに目が向いています。カレラがある方向性に突出しているので、逆に同じ方向性またはの車を求めなくなるのだと思います。

そんなわけでホンダへレジェンドを見に行ったのですが、非常に冷たくあしらわれて帰ってきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ホンダ・エレメント関連
-, ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.