>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ911カレラのカスタム(内装・外装)

ポルシェ944のキーヘッドにガレージの鍵を仕込んでみる

更新日:

a0051152_20555927

ふと思い立ち、ガレージのシャッターに使用するキーをポルシェ純正キーヘッドへインストールしてみました。944品番のキーヘッドを使用しています。価格は3000円程度でした。入手先は「がんこ親父」の日の出モータースさん。ファクトリーへ到着し、ゴロゴロと転がるカレラのドンガラをを眺めながら、憶さずに2回の事務所へまっしぐら。「いつも来てるYO」といった軽いノリで階段を上がるのががんこ親父攻略のコツです。気の弱い人であればまず開けることができなさそうな事務所のドアを颯爽と開け、「ちわー」と軽く一礼し、ここでも常連っぽさをアピール(本当は来るのは2回目なのですけどね)。今回は愛すべきがんこ親父が不在だったのですが(本当はがんこではなく、とても親切な、ポルシェを愛する紳士です)雑然と並べられた商品群やガラクタはぼくには宝の山のようで、いくつか他にも購入してきました。



さて、加工ですが、まずは持っているキーを純正キーヘッドへ入るサイズへカットします。キーの厚さはそのままに、幅のみをキーヘッドのキー挿入口にあわせてカット。純正キーヘッドのキー挿入口にはどれくらいの奥行きがあるのか、それも棒などをあらかじめ挿入口に入れて奥行きを計測し、それに合わせてキーの長さもカットします。今までに相当な工具を揃えてきたので大概の工具類は揃っており、思いついたときにすぐ作業できる環境にあるのは自分でも非常に有り難いことだと思います。ちなみに今回はカットする部分が少なかったので、電動のこぎりは使用せず、万力でキーを固定しておき、金ノコでワシワシと地道にカットしています。カットした後は電動サンダーでカットした面を整えています。細かいところは金ヤスリで。ちょうどカギ屋さんがするのと同じような要領ですね。

a0051152_20561284

純正キーヘッドでは豆球のようなフィラメント球が照明として採用されていますが、これはあまりに光が黄色く白色LEDを見慣れた身には驚きでしたが、この機会に白色LEDへ換装しました。LEDは3パイですが、ちょうどもともと電球が収まっていた穴に収まります。LEDの2本の端子(足)が接触しないようにスペーサーを噛まします。バッテリーももともと付属していたものではなく、新たに3Vリチウム電池を2個重ねて使用することになります。LEDの足を元来付属している端子へハンダ付けして完了。キーヘッド自体の「切った貼った」の改造は無いのでお手軽です。選ぶ電池によってはキーヘッド内バッテリースペースに空きが生じるので、スポンジなどを詰めておけば中でバッテリー(リチウム電池)が暴れることもありません。「CR12~」シリーズだと小さめですが、「CR16~」シリーズだと、バッテリースペースを少し削る必要があります。ぼくが今回使用したのは「CR12~」シリーズです。

a0051152_20562683

キーを差し込むとこんな感じです。万一キーを小さく切りすぎてグラグラするようでもエポキシ系接着剤などで固定してやればOKだと思います。キーを捻ったときにキーヘッドに負担がかからないように、なるべく奥深くまでキーを差し込めるように加工するのがポイントです。キーを装着する前に、カギ穴にキーを差し込んで、ちゃんとキーが機能するかどうか確かめておくと、後で「しまった」状態になるのを防げます。ぼくは、普段カレラのキーを持ち歩かないので(カレラに乗るときにのみキーを携帯する)、毎日持ち歩くキーホルダーの中に「ポルシェのキー」が無いことを常々寂しく思っていました。ですが、これで(ガレージのキーとはいえ)ポルシェクレストのついたキーを毎日持ち歩くことになり、それはそれでちょっと満足です。

a0051152_20564111

光らせるとこんな感じですね。ふと思いましたが、これはポルシェのキーヘッド以外でも、手に入れることさえできれば、どんな自動車メーカーのキーヘッドでも流用できる可能性があるわけですね。そんなわけで、家のキーやその他のキーを他のキーヘッドへ移植する作業も検討中です。昔、「こち亀」で「別荘のキーとフェラーリのキーを一緒にキーホルダーにつけてキーをまわすと(キー同士が当たって)いい音がする」みたいなエピソードがありましたが、同じようにぼくはけっこうミーハーなのです。カギはシャッターに付いてきたもので、LEDは80円くらい、スペーサーは10円、バッテリーは2枚で380円。キーヘッドは3000円弱ですので、cost/satisfy ratio(投資に対する満足度をあらわすレシオ、今思いつきました)は非常に高そうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911カレラのカスタム(内装・外装)
-, , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.