>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ミニ関連

ミニクーパーSの仕様を決定する

更新日:

a0013382_102811

ボディカラーについては、散々迷った挙句、アストロブラック。ソリッドではないことが気になるのですが、現実にソリッドがラインナップされていないため仕方ありません。



その第二候補にメタリックペイント代を支払う、ということが非常にためらわれるのですが、これも仕方ありません。ちなみになぜブラックなのかというと、ボクスター購入の際やカレラ購入の際も最後までスピードイエローの対抗馬であったため、今回はブラックを購入してみよう、ということです。

また、MINIは様々な可能性を秘めている車であり、後々に改造する際にイエローやレッドだと、その鮮やかなカラーがアダになることも考えられますので、今回は「ベースカラー」という考え方です。つまり、997GT3RSのように「ホイールをオレンジに塗りたい!」と衝動が走ったとき、イエローやレッドのボディカラーであっては意味合いが異なってくる、ということです。

今回最後までブラックの争ったのはチリ・レッドとペッパー・ホワイト。どちらもソリッドです。レッドのMINIは美しく、非常に惹かれるのですが、定番過ぎてわざわざぼくが選ぶ色ではない、と感じたことが今回外れた原因です。
「MINIらしさ」はあっても「自分らしさ」は演出しにくいわけです。ペッパー・ホワイトはややベージュがかっていて、今流行のホワイトカレーみたいな色なのですが、そこが良くもあり、しかしベースカラーとしてはちょっと難しい。
しかもMINIはモールが樹脂黒ですので、ホワイトとのコントラストが強すぎて、これまた後々モールを塗る等の対策が必要となります。そんな消去法でも浮上したブラックですが、何よりベースカラーとして「没個性」であること、しかし手を加えることでこれほど個性を発揮できるカラーも無い、というのがチョイスの最大の理由です。

ルーフのカラーについては相当に迷ったのが事実です。黒も良いですが、ルーフが長く見え、敏捷なイメージに欠けるのが気になりました。
まあ後で塗るのにもホワイトルーフのほうがいいか、と思いその程度でホワイトルーフを選んだわけです。ミラーは自動的にルーフ同色となります。ホイールは0円でホワイトへ変更できるので、ついでにホワイトへ変更です。白黒MINIをまずこの目で確認し、その後にホイール含む塗装を行いたい、というのもあります。ボンネットストライプは後々入れる予定です。

スポーツレザーステアリング
これはただ、3本スポークのステアリングが欲しかった、というだけで選択したオプションです。

プライバシーガラス
これは防犯上ですね。ぼくは仕事上ラゲッジスペースに荷物を積むことが多く、それを隠す意味合いがあります。この金額を出すと購入後に好きな色を貼ることができる金額ですが、ぼくはフィルム施工の工程が好きではなく(車内に大量の水が浸入するので。現代の車はフロアに大量の配線があり、水が溜まると大変)、そのためファクトリー装着です。特殊車両を認識しにくくなる、といった弊害もありますが、已む無しです。

アームレスト
これはまさに「アームレスト」としての役割を求めたものです。グローブボックスを開けるまでも無い小物の収納に便利ですよね。

スポーツボタン
これは今回のCOOPER Sキモ入りの装備。情報が少なく判断しにくいのですが、ポルシェで言うところの「スポーツクロノ」のようなものと思われます。ブーストが上がるのかどうか、そこまではわかりませんがアクセル開度に対するレスポンス、ステアリングレスポンスは変化する「オー!イエー!!」な装備っぽいです。カレラにスポーツクロノを付けなかったことをぼくは非常に後悔していますので、今回は内容が不確定ながらも選択しました。

ハイファイサラウンドスピーカー
これは非常に迷う装備ですね。かつてはぼくも数ヶ月かかってでも自分で納得の行くオーディオをインストールしたものですが、さすがにそうなると車に乗る時間が無くなります。MINIも自分でインストールするかどうか考えましたが、ここ最近の欧州車は素材の問題でパネルを外すと再利用するのが難しく、ガタツキの原因となります。そういった理由から「時間や手間をお金で買ってしかるべきポイントで妥協した」産物ではあります。

ホワイトインジケーターライト
とにかくこれが無くてははじまらないオプションです。後々車を弄るときに邪魔になってくるのがレンズの色なので、早い段階で排除しておきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ミニ関連
-

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.