>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●その他自動車関係(日本車)

過去ログ:自動車関連(ボルテックス・ジェネレータ、アヴェンシス、モビリオ・スパイクほか)

更新日:

ボルテックス・ジェネレータ

a0051152_2314732

ランエボのオプションで、すごく気になるパーツがあります。それは「ボルテックスジェネレータ」。あまり他では見かけないオプションです。(昔、ゼニタニでルーフにつける整流板がありましたが、これとはまた目的が異なりますね)これをリヤウインドウの上に貼り付けたい気分ですが(でも、たぶん装着しないと思う)、カレラよりもケイマンの方が似合いそうですよね。よりアグレッシブでワニ的ルックスになりそうです。



日産が傷のつきにくい塗装を開発

a0013382_1856362

日産は以前、塗装後も簡単に剥がせる塗料など開発していましたね。さらに以前もフッソ樹脂コートの採用など比較的塗装に関しては関心が高いようですが、ゴーン体制になってからはコストにはナーバスで、従来のサプライヤーからコストが安いサプライヤーへ切り替えたり(交渉決裂)しています。今回の塗装は、要するに弾力性があって、洗車ブラシなどでついた傷(この場合、厳密に言うとブラシの圧力により凹んだ傷)が自前の弾力で復元する、ということでしょうか。ビニール樹脂のようなものを爪で圧迫すると一時的に爪の跡が残るが時間と共に跡が消えてゆく、あの現象と同じようなものでしょうね。

となると、本当の意味での傷、つまり表面が削れてしまうスクラッチがついてしまうと復元は不可能ということですが、弾力性があるためにスクラッチ跡がつきにくく、通常の塗装だとスクラッチ跡が残るような場合でも弾性により傷がつかない、ということですね。となると、名称の「スクラッチガード」は言いえて妙、ということになります。
弾性のある塗料の光沢や、ホワイトなど薄いカラーの上にこの塗装を施した場合、塗膜の紫外線による劣化など気になりますが、高級車ではなく「SUVの一部車種に採用」というところから察するに、まだまだ高級車の塗装に採用できるレベルではないのでしょう。
【日産自動車は、洗車機やブッシュ走行などによる擦りキズやドアハンドル周辺の爪による引っかきキズなど、塗装表面に生じた擦りキズ痕が、時間の経過とともに復元する世界初のクリヤー塗料「スクラッチガードコート」を開発した。この塗料を近くSUVの一部車種に採用する。従来、塗装の表面に生じるキズを防ぐ方法として、塗膜に柔軟性を持たせる手法があったが、耐久性能に課題があった。今回開発したスクラッチガードコートは、最表面に施されるクリヤーコート塗装部に、特殊な高弾性樹脂を配合するとともに、高密度の網目状構造とすることで、柔軟性と強靭さを備え、耐久性の高い塗膜を実現した。塗装表面にキズがつきにくく、またある程度の擦りキズが生じた場合も、時間の経過とともに、塗装表面がほぼキズが生じる前の状態まで復元する。とくに、市場で指摘される塗装キズの大半を占める機械洗車時のキズに対しては、従来のクリヤー塗装と比較してキズ発生を約5分の1程度に低減することが可能で、キズがつきにくくなったことにより、初期の撥水性を長期にわたり持続することも可能となった。】

ホンダ・モビリオ・スパイクを考える

a0013382_18433322

少し前ですが、ホンダ モビリオ・スパイクがフェイスリフトを受けました。

あれ???ちょっとバランスを欠いてはいませんか?
ぼくは以前のモビリオ・スパイクが大変好きで、今のエレメントを買うときに一瞬水色のモビリオ・スパイクを買うか、と考えたことがあります。スパイクはそのスクエアなボディに小さなヘッドライトとテールランプ、というのがその特徴であったと思うのですが、なんとなく今風の顔つきになってしまいました。エレメント、リッジラインの流れを汲むヘッドライト形状にオデッセイのヘッドライト内部構造をあわせたような感じです。ホンダはときどき思い切ったフェイスリフトを施します。以前の丸4灯から横長ヘッドライトになったインテグラ、そして同じ時期のデルソルなど、イメージの大半を担うヘッドライトを「ポン」と変更したりします。しかし、フェイスリフトというのもアレです、フルモデルチェンジ時にデザイナーが「おっしゃ、コレだべ」と思ってデザインし、満を持して発売した車に手を加えるわけですから、簡単に格好良くなるはずがありません。BMW X5もヘッドライトばかりが妙に浮いていますし、フェイスリフトを受けて良くなった車は少ないのではないでしょうか。たしかに世の中は絶えず進歩していますし、どんなに良いデザインだって色あせることがあります。そういった部分のお色直しという意味でフェイスリフトは欠かせませんが、やはり根本的に変更を行うわけではないので難しいですね。
それにしてもときどき、ホンダは微妙にバランスを欠いた車を発売します。というか、バランスの欠き具合が微妙と言うべきか・・・。

素材としてはイケル?トヨタ・アヴェンシス

a0013382_8132919

アベンシス、というセダンがあります。ぼくは間近で見たことが無いのですが、ハタから見ている分にはなかなか素材として面白そうです。ハッキリ言って不人気車(失礼)の部類に属し、近々に整理ポストへ移動されるのは確実と見られ、従って中古相場では大幅な値下がりが予想されます。

そんなわけでアベンシス買ってソリッドのオレンジにオールペン(ルーフはブラック)して、ホイール(TE37に換装)を黒に塗ってリムにオレンジの細いラインを入れればなかなか楽しそうな車になりそうです。アメリカンV8みたいなサウンドが出るマフラー装着したいですね。ぼくの流儀に従ってノンエアロ、車高短のみ。外装には一切の追加パーツ・ステッカー含むグラフィックなしで挑みたいと考えています。お金と保管場所があれば、ぜひ挑戦してみたいです。
※画像は無限レジェンドですが、比較的イメージ近いです。

ぼくは、特定の車はノーマルのまま乗る傾向にありますが、またある特定の車に関してはハナからノーマルで乗る気はなく、単なる「素材」として捉える傾向があります。基本は「ノンエアロ・車高短・エンブレムレス」です。レンズ類はスモーク(ブラックではない)入れることが多いです。

a0013382_813488

ダイハツ・ブーンX4

a0013382_22381545

今、ぼくの心を捉えて離さない車、ダイハツ・ブーンX4。ベース車ですので、質素です。それはもう質素。素晴らしいエンジンを積んでいるのに色気の無いシートや営業者顔負けのシフトノブにインパネ。

室内にはスペシャル感や走りを予感させるものは何一つありません。白いメーターもありませんし、金属調のカッコイイシフトノブもありません。赤いレカロだって無いのです。ただひとつ、何かあるな、と思うのは無理やり付けたタコメーターのみ。外側に目を移しても、カバーすら付いていない鉄チンホイールにただの白いボディ。ドアに「XX商店」とか書いていても全く違和感の無い営業車ルックス。繰り返しますがモータースポーツベース車ですので、余分な色気はありません。そう、本気「仕様」ではなく、ただただ「本気」、ジャスト・ザ・本気なのです。本気一徹なので、余分な装飾やギミックは要らないのです。個人では手を加えにくい部分、たとえばエンジンなどは徹底して強化してあるものの、あとから交換できる部分は徹底してコストを省いているのです。

インタークーラーウォータースプレーを装備したりメカニカルLSDが入っていたりして、ぼくは、こういった車が大好きです。以前も書きましたが、どんなことであっても、ひとつの特性に特化している車に強烈な輝きを感じるのです。見た目の良さが欲しいんだったら別の車でも買えや、と車が言い放っているようで、けして常人には理解できない、そういった排他性が好きでもあります。そう、誰が見たってブーンさ、しかもオシャレブーンじゃなくって最低グレードみたいに見えるブーンさ、でもいいんだ、オレだけさ、コイツをわかってやれるのは。そんな「オレと車だけ」みたいな関係も好きなのです。
気分を楽しむのではなくて、「殺るか殺られるか」といった雰囲気に惹かれたりして、そういった車のステアリングを握り、アクセルを踏みつけてクラッチを踏みギアをどんどん上げてゆきたい、そんな想いにとらわれる一台なのです。仮にこのブーンX4を購入して車に興味の無い友人の前に乗ってゆくと「何かの代車?」とか言われそうで、そういったときに何も言わず笑ってみせるのもまた良し、なのです。
その反面、全く方向性の違う雰囲気だけの車にも惹かれたりして、相変わらず自分の嗜好は統一性が無いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●その他自動車関係(日本車)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.