>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ

ポルシェ・ケイマン、車のデザインと気候風土

更新日:




a0051152_20561088

吉田 匠氏のブログにあったケイマンの画像。あまり見かけないグレーです。ボディカラーについての記載はありませんでしたが、新色のメテオグレーでしょうか。アトラスグレーはもうちょっと青みが入っているように感じます。先に公開されたエアロつきボクスターの画像はメテオグレーのものがありましたが、あの画像はちょっとオリーブっぽく見えました。しかし、実際にPCでカラーサンプルを見せていただくと、どちらかというと今までのシールグレーの方がブラウンが入ったように見えたのが不思議です。

しかし、この角度から見るケイマンは魅力的ですね。ケイマンは抑揚が強く、ルーフ後端からリヤトランクにかけての直線的なライン、リヤフェンダーの盛り上がり、そしてサイドシルからインテークにかけてのエッジがデザイン上のハイライトと言えます。直線とエッジ、抑揚によって力強さを体現していると言えるでしょう。これらの画像を見ると、さらにそういった部分が引き立っているように思います。
以前、海外のカーデザイナーさんの記事を読んだことがありますが、車の印象の違いに影響を与える要素のひとつで、欧米と日本との違い、それは「気候風土」だそうです。具体的に言うと「日光」だそうですが、アメリカの西の方の日差しと日本の日差しを比べた場合、車に落とす陰影が全く異なるそうです。日差しという点では日本も相当なものかと思いますが、ヨーロッパと比べても日本では車がぼんやり見える、という話が印象的でした。たしかに諸外国の写真を見ると、空の色が違いますよね。大気中に含まれる成分の違いや不純物のせいで、光の屈折率が異なるのでしょうか。

a0051152_22492540

加えてポルシェのラインナップも2007年モデルへ移行し、ケイマンのリポートもちらほら見えてきます。そんな折、気になった一枚の画像。ドアのキャッチ部ですが、本来はボディカラー同色であるこの部分、画像ではシルバーですね。07モデルがそうなのか、ケイマンがそうなのか、それとも一定のオプションを選択すればそうなるのか不明ですが、割と目立つので自分の車も塗ってみようと思います。
ケイマンについて、「17インチの小径ホイール~」というレポートも見られますが(当然「ポルシェにしては」という前提があるのだと思う)、ぼくが以前購入したBAプレリュードが標準13インチだったことを考えると、隔世の感がありますね。当時は15インチでも相当デカく、その後90年代後半に突入しても17インチは「かなりデカい」といった感情を持っていたのを覚えています。そして、今でもぼくの中では17インチは「小径ホイール」ではありません。

a0051152_204462

さらに話題になっているのがケイマンの価格。メーカーがクローズとボディとオープンボディをラインナップしている場合、現実としてオープンカーの方が高価な場合が多いです。911もそうですよね。ですが、ケイマンとボクスターの場合はそれが逆転しているわけです。しかしながらポルシェが意味あって設定している価格ですし、生真面目とされるドイツ人のことですので、そこにはそれなりの理由があるのだと考えます。たしかにケイマンはボクスターをベースにされてはいますが、屋根をつけるにあたっての設計の変更やルーフ左右端に入っている金属の素材の価格、リヤサスの取り付け位置の変更など差異があり、さらに数万台を市場に送り出して既に初期コストを吸収できつつあるボクスターと同列には語れない、というのも事実だと思います。宣伝にしても同様で「911シリーズ」とひとくくりにできるカレラとカレラ・カブリオレとは異なり、ボクスターとは異なる手法で独立した宣伝広告を行う必要がある為、コスト管理はボクスターとは別にしてケイマン単独で勘定したのでしょうね。
かつて、カイエンの導入時にVWとボディを共同開発しVWのエンジンを載せた、ということは失敗してもリスクを最小限に収めるための計画だと思っていますし、会社の各部門別ごとに独立した基準を置いて不採算部門はバッサリ切ってしまうのは欧米独特の経営手法といえますので、これはある意味当然とも言えます。仮にカイエンビジネスが失敗していたら、ポルシェはカイエン部門をVWやアウディに譲渡していた可能性もあるのですね。
さて、昨年8月から今年5月末までのボクスターの販売台数は11963台。ケイマンは昨年11月発売ながら10883台です。もしも生産開始がボクスターと同じくビジネスイヤーの始まりであったなら、この数字が反転しえたことは容易に想像できます(しかしポルシェは計画的に生産を行うので、この数字は計画済みのものと判断できる)。台所事情により986/996世代の始まりでは911とボクスターとの差別化が難しかったのと同様、今はボクスターとケイマンの位置づけが(市場にとって)曖昧なままですが、ケイマンが開発コストを吸収でき、単独でじゅうぶんな利益をもたらすと判断された頃には、新たな道を歩むことが想像できます。ただ、現在すでに独立したひとつのモデルであることは事実ですし、ヨーロッパ的ヒエラルキー社会思考から考えると、価格の引き下げよりも価格を維持しながら(むしろ引き上げてでも)より魅力的な商品に育てる可能性が高いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ関連・ニュース・ネタ

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.