>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>ミニ関連

MINI ビッケンバーグエディション

更新日:

a0013382_2216950

ぼくは先月までMINIを買う予定だったわけです。誰もがぼくがMINIを買うと思った。ぼくもそう思った。トマト(猫)だってきっとそう思っていた。
ですが結局今回は話が流れたわけです。あちこちショップを見に行き、MINIに乗っていないので非常に冷たく扱われたりしたわけですが、パーツの品定めも終わっていたわけです。例のポール・スミスストライプもデータの作成を終え、あとは出力を発注するのみ、という状況だったわけです。



ポール・スミスといえば、昔の彼女がショップで働いていた関係で馴染みが深いのですが、シンプリー・レッドの衣装(新聞スーツ欲しかった)を手がけたり、テムズ川の底をさらって出てきたガラクタでアクセサリーを作ったり、となにかと話題性には事欠きません。
かつてはロンドンにもアウトレット・ショップがあったりしてときどき足を運ぶことがあったのですが、最近は購入する機会が年に数回にまで落ちてしまいました。
そしてポール・スミスはトリッカーズの靴をOEM供給として受けており、セールの時期にはこのトリッカーズの靴が安くなるので時々買います(ふつうトリッカーズは安く買えない)。
そして例のストライプはやはり魅力的なわけで、ぼくはそのストライプの短パンを持っています。しかし、実際に着用するとすごくオッサンっぽくて、とても外を歩けたものではありません。

話が飛びましたが、ポールスミス・ミニ。
やはり人気は高く、MINIのショップにもステッカーやバッジが置いてあります。今回はMINI+勝手にポール・スミス仕様の計画が流れてしまいましたので、次にMINIを購入するときには新たな仕様を考えようと思っています。
さて、MINIと勝手にコラボさせるのにはどのブランドがいいかな、と思うわけです。同じドイツですぐに思い浮かぶのはBOSS。しかし、BOSSは現在ラインが広すぎてイマイチイメージをつかみ切れません。ちょっとMINIにイメージを反映させるのは難しそうですね。うーん、そうねえ・・・としばし考えますが、やはりここはビッケンバーグしかないと思います。

ビッケンバーグ。本人がデカいのでデザインする服のサイズもデカく、従ってぼくが着用できるサイズの服は少ないですが、非常に魅力を感じるブランドのひとつではあります。最新テクノロジーを導入し、異素材を巧みに組み合わせるのが得意な彼。しかもヘビーでタフなイメージは、ぼくの抱く新世代MINIにぴったりでもあります。
おまけに製品は黒が多いですしね。そんなわけでもしMINIを買うときがやってきたら、ボディカラーは黒、エアロはハーマン改ビッケンバーグ仕様(勝手にぼくがビッケンバーグ風にします。
やはりビッケンといえばハーマンしかない)、インテリアも異素材を組み合わせたゴツイ仕様。ヘビーなギターサウンドが似合う「ビッケンバーグMINI」にしようと思います。ごくごく自然かつシンプルにまとめ、本当にそんなモデルがあるのかと思わせる程の仕上がりが狙いです(問題はサイズの関係で運転するぼく自身がビッケンバーグの服を着用できないことなのですけどね)。

具体的にはボディカラーはソリッドのブラック、ルーフとミラーはダークブラウン。ブラウンには少しグレーを混ぜてブラックとの相性を良くします。
ルーフにはビッケンバーグのスペルを分解して、サイズをバラバラにしたアルファベットをランダムに配置(フォントは統一、サイズのみバラバラに。
色はボディカラー同色でなく、あえてブラックメタリック。BMWのコスモスブラックのように赤や青が入るメタリックではなく、純粋にシルバーの混ざったブラックメタリック)。ボンネットストライプはブラックとブラウンのチェック。
ホイールはスポーテックみたいなフィンがイイですね。ディスクはメタリックブラックでリムはブラウン。モールはシャドウクローム仕上げ。
内装はブラックレザーとブラックのナイロン、そして後染めの赤いコットンで決まり。
走りを感じさせるような改造はあまり行わず、カラーと素材にこだわった仕上げでゆきたいと思います。お金がかかりそうですが、自分で行う部分も考慮すれば40~50万円くらいで仕上がりそうです。

なんかそんな風に異業種コラボを勝手に考えると非常に楽しいですよね(名前を借りただけの特別仕様は多いですが、実際にデザインを反映させたものは少ない)。
キャデラックは現在ブルガリとコラボしていますし、以前はカルティエ・キャデラックもありました。
BMWはヴィトンとの関係が深いですね。
ポルシェデザインのデザインしたポルシェや、ポルシェデザイン仕様のポルシェがあっても面白いですね。
最近で有名なのは日産のコンラン・シリーズ、オークション(e-bay)最高値となったヴェルサーチ・MINI、ローリング・ストーンズ・メルセデスRクラス、ボルボXパイレーツ・オブ・カリビアン。映画で言うと、X-MEN RX-8を販売して欲しかったですし、「ミッション・トゥ・マーズ」の水素ヴィークロス(しかもオープン)も販売して欲しかった。「ペイチェック」のエレメントタクシーも発売して欲しいですし、そう考えると楽しい車はたくさんありますよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ミニ関連

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.