>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●動物など

トマト(家猫)近況

更新日:

a0013382_23284990

トマトがピンチです。皮膚にアレルギーが出て通院していたのはすでに書いたとおりですが、異常食欲について病院に相談すると「糖尿の疑いアリ」ということで尿検査・血液検査を行ったところ、高い確率で糖尿病ではないか、という診断が出ました。人間とは異なり猫はそのときの体調や精神状態によって血糖値が上がりやすく、一概には言えない部分もあります。獣医さんはすぐにでもインシュリンによる治療を薦めますが、ぼくは疑問を抱いています。



まず、異常食欲が始まったのは薬による(皮膚の)治療を始めたときと時期が一致すること。使っていた薬に含まれるステロイドは糖尿病の引き金になりうること。トマトはまだ2歳で、肥満体型ではない(3.6kg)こと。同じ食生活をしている華子(13歳)は全く健康であること。ぼく自身、猫の食事・健康状態にはかなり配慮していること。

もしインシュリン治療をするとなると、まいにち自宅でインシュリンを打つ必要があります。もちろん通院も必要です。今インシュリン治療をはじめないと手遅れになるかもしれませんが、現在の異常な血糖値が投薬によるものである可能性もあります。その場合にインシュリンを与えると血糖値が逆に下がることも考えられます。インシュリン治療はトマトにかかる負担が非常に大きく、それだけに慎重に判断したいのです。病院側は我が家における飼育環境などを考慮せずに単に血糖値や尿の数値でインシュリンを投与することを薦めますが、内蔵をわずらうにはその原因があり、それを究明することも大事だと思うのです。しかしながら直近まで薬物を投与していた状態(今はやめている)ですし、もう少し様子を見てから再検査を行い、治療するかどうかを判断したいと思います。現在の糖尿病の気配が、不適切な薬物の投与によるものであるのならば、これ以上トマトに(糖尿の治療の為であっても)薬品を投与するつもりはありません。トマトはまだ2歳ですので、その体力(回復力)にかけようと思うのです。

それでも、やはり「糖尿病である」と診断された場合ですが、ぼくはいずれは訪れるであろうこういった事態を想定して、すでに対処は決めています。
猫にとって糖尿病は致命的でもあり、完治は見込めないそうです。インシュリンを投与すれば寿命はすこしは伸びるかもしれませんが、それも長いものではないでしょう。
ぼくは、どうぶつには、本来高い治癒能力が備わっていると思うのです。たとえば怪我など外的な傷などであれば、病院で治療するのがいちばんだと思います。でも、内蔵など物理的に手を加えることで治癒しない疾病の場合はどうだろう、と思うのです。本来備わっている治癒能力で回復しないものであれば、それもまた寿命と考えても良いのかもしれません。
病気の治療には本人の理解が重要です。人間であれば本人に言葉で説明もできますが、猫にはわかりません。わけもわからず嫌がるトマトを通院させたり入院させたり、またまいにち注射を打つのは非常に心苦しいものがあります。トマトは、きっと周囲がよってたかって自分をいじめようとしていると思うかもしれませんし、なぜ食事をくれないのか不満に思うかもしれません(食事制限が必要)。もし治る種類の病気であればカレラ1台分のお金をつぎ込んでも構いませんし、こころを鬼にして、たとえトマトに嫌われようともこの手で注射を打とうと思います。でも、そうでない病気であれば自然にまかせ、気ままに生活させて、最後のその時が訪れるまで面倒を見ようと思うのです。あちこち手術を受けたり、採血されたり、投薬されたりして不自然な死に方だけはさせたくないのです。ぼくは、日ごろから猫に負担をかけない、ストレスを与えないことを念頭において一緒に暮らしていますので、トマトがいちばん嫌がらない方法で見守ろうと思います。

トマトは生まれてまだ2年で、何の罪も無いと思うのですが、とにかく不憫でなりません。本人に自覚症状が無く、元気なのがせめてもの救いです。はじめて病院に行ったときは中途半端に毛を刈られてスネ夫みたいな髪型になっていましたが、それも伸びてずいぶん普通になってきました。

*ぼくは猫がいやがることをしたくないので、猫を洗うことをしません(どうしても洗わなくてはならないこともありますが)。華子に至っては10年近く洗わないままです。猫に嫌われるから、とかそういった理由ではなくて猫古来・本来の生活にない事柄を押し付けるのが嫌なのです。猫古来の生活に無かったことでも、猫が望むものであれば健康を害しない範囲で提供したりします(ねこぶくろとか)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●動物など

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.