>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 今回はドバイにある「スーパーカーディーラー」を紹介したいと思う。 ドバイといえばスーパーカー、スーパーカーといえばドバイだ。 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 聞けばドバイにはとんでもない数のスーパーカー、そして日頃目にす ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費について述べてみたいと思う。 ボクはこれまで、ポルシェと名のつくクルマを3台、そしてランボルギーニを2台乗りついできた。 はじめてポルシェを購入したのは2002年で、最初のランボルギーニは2009年の納車 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい イタリアにある「ランボルギーニ・ミュージアム」へ行ってきた。 ボクはランボルギーニ・ガヤルドLP560-4、そしてウラカンと乗り継いでいるが、今にいたるまでランボルギーニの工場や、ミュージアムを訪れたことはなかった。 理由は簡単だ。猫で ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた ボクがドバイに行ったときの話をしようと思う。 街なかを走るスーパーカーたち、とんでもない希少車がずらりと並ぶエキゾチックカーディーラー、体育館のように大きなランボルギーニの新しいショールームなど、語りたいことは山のようにあるが、今回ここで触れるの ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を担当することになりました「JUN MASUDA」です。 「はじめまして」以外の方もいらっしゃるかもしれず・・・、というのも、私は「Life in the FAST LANE.(http://intensive911.com ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌( ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には” ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる中国・上海で ...

ReadMore

>BMW i3

BMW i3の撮影敢行。おなじみナナガン(天保山第七岸壁)にて写真を撮ってみた

2017/6/4

BMW i3の撮影のため大阪の自動車撮影スポットとして有名なナナガン(大阪・天保山、第七岸壁)へ。 ここでは以前にランボルギーニ・ウラカンの撮影を行なっていますが、今回はi3の撮影ということに。 相変わらず多くの人が撮影に訪れており、今日はトヨタ・プリウス、ホンダ・オデッセイの一団が見られたほか、多くのスポーツカーやカスタムカーが集合しています。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン撮影。ナナガンにて夕暮れ時を狙って写真を撮ってみた こちらもオススメ、関連投稿【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらため ...

ReadMore



>ポルシェ関連・ニュース・ネタ

ポルシェ購入相談

更新日:

a0051152_2116488

メールなどで、「ポルシェを買おうと思っているけれど」という相談を良く受けます。ぼくは水冷しか知りませんし(自分で所有したという意味で)、たかだか5~6年しか乗っていないわけですが、それでもそういった相談を頂くのは嬉しいものです。

何度か書きましたが、「ポルシェを買おうと思っている」ということは「ポルシェが射程圏内にある」ということだと思っています。つまり、「無理しても買えない」のではなくて、「無理すれば買える」もしくは「無理しなくても買える」ということだと思っています。一度でもポルシェを買おうと思ったのであれば、ぜひ購入すべきであると返信しているわけですが、「購入すべき」である理由はポルシェオーナーさんであればじゅうぶん承知ですよね。

ぼくの考えるポルシェの魅力として、「使える」車である、ということが挙げられます。サイズは比較的コンパクトで最小回転半径はミニと同等で、軽量な為に税金も安く燃費も良い、そして安全装備が充実していて排気ガスもクリーンなので任意保険の割引もフル適用、しかもトランクは(この手の車にしては)容量が大きく、どんな条件下でも安全に快適に早く移動できる、ということです。走行性能に比して燃費やサイズ、取り回しや収容能力が優れていると思うのです。しかも壊れませんので、まさに最強の部類であります。
ポルシェといえば都市伝説的なイメージでうるさい、壊れる、金がかかる、といったものがありますが、最近のポルシェは本当に壊れずによく走ります。フロアもフラットで前後ロードクリアランスも高く、めったに底面を擦ることもないと思います。さらに、国産車を買ってチューニングするとお金がかかりますが、ポルシェは最初から良い部品を使っているのでチューニングの必要も(普通の人には)必要がありませんし、非常に安上がりと感じるわけです。以前のボクスターは、事実ぼくが所有した車の中で「もっともお金と手間がかからなかった車」です(チューニングなど総額を考えると前に乗ってたZはボクスターの購入金額を超えてた)。とにかく、所有したことのない人から考えるとにわかに信じられないような便利で経済的な車ですが、やはり車両本体価格が高いのも事実です。ですが、車としてのつくりを考えると半端な金額を出してそのあたりの車を購入するよりはずっと「割安」ですし、売却時の金額も高いので、所有期間通しての損益は少ない部類かと思います。
もちろん経済性や手間の他の問題をかかえている方もいらっしゃいますが(世間体など)、それでも万難排してでも購入する価値があると考えます。問題があるとすればチューニングをしようと思うと費用がハンパではないこと、純正オプションが異様に高いこと、くらいでしょうか。

とにかく一度ポルシェを買ってしまうと血中ポルシェ濃度が上がってしまうのが難点でして、「買い増し」や「買い換え」に走ってしまうわけです。経済的理由により以前のボクスターは手放してしまいましたが、機会があれば買い戻したいと考えるほど986ボクスターは良い車でした。次に買うのであれば日常乗るのでTipが良いなあ、と考えたりするわけですが、ぼくは荷物を載せる機会がしばしばあって、そんなときにボクスターではちょっと不便(前後あわせたトランク容量は大きいのですが、幅もしくは高さがやや少ない)と感じることもあり、ふと「パルサーEXA」みたいなデタッチャブルトップを持つモデルがあれば良いなあ、とふと思ったわけです。オープンになったり、クーペになったり、ワゴンになったり。ルーフの選択によって、そういった変化を楽しめると良いなあ、と思うのです。もしくは積載量が増えた「ケイマン・ロングルーフ」とか。VWアウディグループの最大株主となることで、今後どのような変化があるのか想像できませんが、フロントエンジン・リヤドライブのハッチバックや、小排気量ターボ車など出てくれば面白いですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ関連・ニュース・ネタ

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.