>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 今回はドバイにある「スーパーカーディーラー」を紹介したいと思う。 ドバイといえばスーパーカー、スーパーカーといえばドバイだ。 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 聞けばドバイにはとんでもない数のスーパーカー、そして日頃目にす ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費について述べてみたいと思う。 ボクはこれまで、ポルシェと名のつくクルマを3台、そしてランボルギーニを2台乗りついできた。 はじめてポルシェを購入したのは2002年で、最初のランボルギーニは2009年の納車 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい イタリアにある「ランボルギーニ・ミュージアム」へ行ってきた。 ボクはランボルギーニ・ガヤルドLP560-4、そしてウラカンと乗り継いでいるが、今にいたるまでランボルギーニの工場や、ミュージアムを訪れたことはなかった。 理由は簡単だ。猫で ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた ボクがドバイに行ったときの話をしようと思う。 街なかを走るスーパーカーたち、とんでもない希少車がずらりと並ぶエキゾチックカーディーラー、体育館のように大きなランボルギーニの新しいショールームなど、語りたいことは山のようにあるが、今回ここで触れるの ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を担当することになりました「JUN MASUDA」です。 「はじめまして」以外の方もいらっしゃるかもしれず・・・、というのも、私は「Life in the FAST LANE.(http://intensive911.com ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌( ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には” ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる中国・上海で ...

ReadMore

>BMW i3

BMW i3の撮影敢行。おなじみナナガン(天保山第七岸壁)にて写真を撮ってみた

2017/6/4

BMW i3の撮影のため大阪の自動車撮影スポットとして有名なナナガン(大阪・天保山、第七岸壁)へ。 ここでは以前にランボルギーニ・ウラカンの撮影を行なっていますが、今回はi3の撮影ということに。 相変わらず多くの人が撮影に訪れており、今日はトヨタ・プリウス、ホンダ・オデッセイの一団が見られたほか、多くのスポーツカーやカスタムカーが集合しています。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン撮影。ナナガンにて夕暮れ時を狙って写真を撮ってみた こちらもオススメ、関連投稿【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらため ...

ReadMore



●コラム/近況 ●その他自動車関係(日本車)

プリウス問題について考える

更新日:

a0013382_20392841

プリウスに関する問題で様々な報道がありますが、車に問題があるのでは、そしてトヨタの反応がマズかった、ということを思う反面、報道のされ方には「やりすぎ」感があるのですよね。

日本人(の大半)は「他人の不幸」を喜ぶ習性があり、それは今までヒットしたTV番組や映画、昔話もそうですし、映画「フランダースの犬」も日本版だけはハッピーエンドではありませんでしたし、とにかく人の不幸を見て自分の位置を確認し、安心するといった習性があります。
常々エントリーしているように、「良い話」はニュースになりにくく、「悪い話」はニュースになりやすく人びとの心を捉えやすいのです。夜10時くらいからはじまるニュース番組のキャスターがいつも「どうなってるんでしょうかねー今の世の中は」とか、何が起きても温暖化のせいにしたりとか、公共の電波を利用して個人的なネガティブな感想をタレ流すことが認められ支持される昨今ですが、あまりに何もかも消費者寄りになりすぎていると思うのですよね。
先日の「こんにゃくゼリー」もそうですし、そんなに神経質になったら企業は生産活動などできないわけで、日本の停滞や生産性の低下を招くことがあるとすれば、ぼくはこういった風潮だと考えています。

どんなものであっても、どんな事柄でも、一生懸命人が努力して作り上げた、また成し遂げたことであります。
それを表面だけを見て第三者が否定する、または貶めることがあってはならない、と考えるのですよね。
外野がガタガタ言うなよ、英語で言えば「don't be a backseat driver」というわけです。
他人の些細な過失ばかりを暴くことに快感と正義感を見出し、それによって収入を得る輩がいることも問題だと考えます(支持されるニュース=金、となるので報道の公平さが失われる)。

なので、ぼくは評論家という職業については否定的な見解を持っているのですが、WebCGの小沢コージ氏の連載に、今回のプリウスについての意見があり、これに関しては、ぼくも同じ感想を持っています。とくに下記(抜粋)の一文に集約されるのではないか、と考えています。

「俺はこの一連の報道や反応の奥底に、正義という名の下にトヨタという世界的企業の足を引っ張りたい、貶めたいという、人間の醜い感情を見た気がする。まさに「出る杭は打たれる」だ。」

同じコラムの中で、氏は下のように述べていますが、ぼくら自身、もういちどそれについて考えてみる必要があるかもしれません。

「なぜそんなにネガティブかつ厳密に捉えるのだろうか。自分はそんなに完璧な人間なのか。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●コラム/近況, ●その他自動車関係(日本車)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.