>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>VWシロッコ関連 >ミニ関連 >ホンダ・エレメント関連 >VWルポ関連 >日産パオ関連 ●その他自動車関係(日本車)

今までに乗った車とプリウスとの燃費を比較してみる

更新日:

SONY DSC

SONY DSC

最近、幸いにも比較的長期間代車を貸していただける機会があり、その印象などを述べてみます。

まずは燃費。わかりやすく以前乗っていたミニ、現在のシロッコと比較してみます。それぞれ同じ環境で、同じような走り方をしています。



ミニ(R56、MT) リッター15km前後
シロッコ(DSG) リッター14.5km前後
プリウス(現行) リッター27km前後
ヴィッツ(ひとつ前のモデル) リッター12km前後 
※下記、参考
ボクスターS(986、MT) リッター7-8kmくらい
911カレラ(997初期、MT) リッター6.5kmくらい
ガヤルドLP560-4(Eギア) リッター6.5-7kmくらい
日産パオ リッター14kmくらい
VWルポ リッター12kmくらい
ホンダ・エレメント リッター8-9kmくらい
ヤマハ・マジェスティ(初代) リッター26kmくらい
日産フェアレディZ(Z32、AT) リッター5-6kmくらい

こうやってみると、やはりプリウスがズバ抜けていますね。
ただし、走行時の速度はミニがもっとも高く、次いでシロッコ、プリウス、そしてヴィッツが最も遅くなります。ぼくの場合、ぼくの走り方に車を会わせるのではなく、車にあった走り方を選ぶようにしていますので、その車において「想定された」速度域で走ることが多いのですね。
ミニの場合は、「ほぼ追い越し車線」を走っていましたが、それを考えると優秀な燃費ですね。通勤時間で言えば、ミニだと35分かかるところをシロッコだと40分、ヴィッツだと50分くらいかかる、というイメージです。
また、速度域が高いことはギアリングも影響していると思いますが、なによりミニの場合は「MT」であり、自在に必要なギアを選べた、というところが大きく関係しています。
シロッコのDSGもギアを選ぶことはできますが、ミニとの違いは「ミニ(MT)は自分がギアを選ばないと走らないが、シロッコはギアを選ばなくとも車が勝手にギアを選んで走る」というところですね。
つまり必要であるのかそうでないのか、ということになりますが、そこがぼくにとっては非常に大きな差であるわけです。
ぼくは性格として「しなくてもいいことであれば、それは行わない。代わりにしなくてはならないことをする」という傾向がありますので、ギアを選ばなくても良いのであれば、積極的に選ばないわけです。
そういえば、プリウスの場合、高速走行時はエンジンを使用することになりますが、カイエン・ハイブリッドの場合はさすがドイツ車というか、高速走行時でも完全なEV走行が可能。ですので、ぼくのように高速道路を使用して通勤する場合、一般道走行時に比べるとプリウスではハイブリッドのメリットがあらわれにくいかもですね(シロッコは高速走行時の燃費がかなり良い)。

ちなみに、画像はプリウスの燃費(ひとつの棒グラフが5分間の燃費をあらわすもの)。
一番左が古い記録ですが、まず家を出てエンジンが暖まっていない状態で坂を上ります。これが一番燃費が悪いですね。
次いで、今度は下り坂の多い5分間で、ほとんどEV状態で走りますのでリッター40kmに迫ります。
その次は高速道路に乗った状態が3本続きます。
最後の一本は下道を走った状態で、リッター40kmを越えています。
通勤時のみに限定すると、平均してリッター30km近いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VWシロッコ関連, >ミニ関連, >ホンダ・エレメント関連, >VWルポ関連, >日産パオ関連, ●その他自動車関係(日本車)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.