>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>レンジローバー・イヴォーク関連

【まとめ】レンジローバー・イヴォーク発注〜納車まで(2)

更新日:

a0013382_759956

まだまだ決まらない、ぼくのイヴォークの生産時期。

ちなみにイヴォークは発表当初から非常に人気が高く、「転売」や「とりあえず予約しておいて様子を見る」といった動きが予想されたので、すこし特殊な予約方法を取っているようです。



またディーラーが見込みで発注をかけて「在庫」を持ち、それを販売してゆくということも予想され、そうなるとディーラーの資金力や見込み客によって該当地域の顧客が有利/不利になったり、その地域のディーラーの本来の管轄を超えて車を買いに行く、販売する、ということも容易に予想できたわけですね。

なのでイヴォークの場合はディーラーが「見込み」でLRJに発注できず、発注をかけるときは必ず「購入者の個人情報」とともにLRLへと伝える必要があります。

それでも架空の情報を提出したり、個人情報を借りたりといったことができますので、それを防ぐ手段として、LRJは「注文する際の個人情報と、納車の際の個人情報が一致すること」を要求しているわけです。

つまり、注文した人が必ずオーナーにならねばならない、ということですね。

そのため、ほかの人が注文したイヴォークをまたほかの人の納車に充てる、というのは非常に困難なわけです。

当然不可能ではありませんが、これが結構な(上記の飛ばしのような、対ディーラーへの)抑止力となっており、しかしそれでも発生するであろうキャンセルに対して(対顧客という意味での)抑止力を持つのが“手付け金”というわけですね。

関連投稿:レンジローバー・イヴォーク2013年モデル

a0013382_7135244

イヴォークの2013年モデルが発表に。

車両本体の価格は据え置きで、一部オプションパック価格が値下げとなっています。
販売は相当に好調かと思いますが、価格据え置き、というのはちょっと意外(値上げがあるかと思った)でもあります。
ただ、仕様変更の内容を見るとボディカラーの入れ替えとグリルにバッジが付いただけ、という内容ですので、値上げをするには理由が乏しいことも事 実かと思います。
一部、海外では様々な品質上の問題と、電動パワステ、回生ブレーキの違和感など報じられたりしますが、まあ問題のない範囲とも考えられ、大きな変 更は無いのかもしれません(というか、変更にまで手が回らない?)。
バッジについては、先日のヴィクトリア・ベッカム・エディションに付いていたものと同様のものと思われますが、これはどちらかというと(ぼくに とって)歓迎せざるものだと考えています。

なおぼくのイヴォークですが、ディーラーさんに確認したところ、どうやらこのまま行けば生産枠が2013年モデル枠となる、とのこと。
2012年モデルのフロントグリルが良かったのですが、これはこれでちょっと困ったものであります。
ほかに2012年モデルと2013年モデルとの差異をたずねてみましたが、まんまプレス向けの発表があった内容そのもので、ほかに小さな部分の改良なども無い、とのことでした。

そこで気になるのがダイナミック用の「エアロフリップ」。これがオプション設定となり20000円の設定なので、これを自分の車に装着することはできないか、とたずねてみたのですが、どうやら「2012年モデルのダイナミックに装着されていたものが、2013年のダイナミックではオプション装備となった」、つまりダイナミックにのみ2万円で装着できる、とのことでした。
ですが、部品で取り寄せできるはずですので、これは納車が近づいてきたら、また改めて考えてみようと思います。

ちなみに2013年モデルのグリルですが、おそらくはこのベッカムモデルと同じ形状だと思われます(カラーリングは異なりますが)。
全体的に形状が変わっていますが、取り外しが難しい、もしくは取り外しても楕円の台座が(成型されているので)残ってしまうオーバルロゴがナントモですね。
なぜこのロゴが付くことになったのかは不明ですが、おそらくは「RANGE ROVER」ロゴや、リヤのランドローバーロゴを外す人が多く、そうなると普通の人には「どのメーカーの車かわからない」といった現状が発生してしまったのではないか、と考えられます。
その対策としてか、「外せない」バッジを取り付けたのではないか、と想像しています。

関連投稿:レンジローバー・イヴォークの発注仕様確定

a0013382_83880

イヴォークの仕様を確定しました。内容は下記のとおり。

車体:イヴォークPURE
外装:フジ・ホワイト
内装:アーモンド

オプション(メーカー):プライバシーガラス/PUREテクノロジーパック/コントラストペイント(サントリーニ・ブラック)/スタイル4アロイホイール(19インチ)

オプション(ディーラー):ETC&取り付け/スポーツペダルカバー/フロントグリル、サイドベント、トランクモールブラック塗装/ホイールブラック塗装

なんだかんだで合計5713200円。まだ納車まで8ヶ月以上ありますので、ここから頑張って頭金を貯めようと思います。ローンをどのように組むか、は納車が近くなってから考える予定です。

ちなみにホイールは最終19インチを選択。見栄え優先ということですが、タイヤそのもの価格も18インチと19インチではさほど変わらないこと(ランニングコストの差が小さい)、19インチ装着によるエキストラは5万円しかないこと、そしてその5万円は売却時にモトが取れる可能性が高いこと、を考慮しています。

画像はオフィシャルを加工したもの。ぼくの車両の仕様に近くなっています。

関連投稿:レンジローバー・イヴォークのサイズを他車と比較してみる

a0013382_81277

イヴォークのサイズについて。とにかく幅が大きいですが、ぼくが今まで乗っていた車、現在保有している車、そして類似?のカテゴリの車と比較して みようと思います(データはyahoo自動車から)。
しかし毎度ながらですが、数字にすると以外な事実があるなあ、と思います(ぼくにとって、ですが)。

いつの間にやら世間には大きな車が溢れ、大きな車を見慣れてしまったということがあるせいか、あれだけ大きいと感じていたホンダ・エレメントが今 となっては「かなりコンパクト」なのが意外です。
SUVには乗用車のプラットフォームを使用したものと、けっこうマジものとの二種類ありますが、やはりFJやプラドなどのマジものは相当に重いで すね。ただし、これは用途を考えると当然とも言えます。
そして、けっこう人気があるというエクスプローラーの全幅が2メートルあることも驚き。
ティグアンやX1、X3、ムラーノももっと大きな車かと思っていましたが、意外と小さいですね。
燃費については、もっとQ5、ティグアンが良いような印象がありましたが、実際はさほど目立つ数値ではありません。かわりにマツダCX-5がサイ ズに比べて異常に軽く、燃費もズバ抜けていますね。
イヴォークはけっこう重いと感じていましたが、Q5やティグアン、X1/3のサイズ・重量を見ていると、そして何よりベースとなったフリーラン ダー2の重量からすると、かなり頑張って軽く造っているんだなあ、ということがわかります。
イヴォークは幅や長さがほぼガヤルドと同じ。ガレージにちゃんと収まるかどうか不安ですが、まあ日頃からそのサイズの車に乗っていればガヤルドを 運転する際にも(サイズ面で)困ることは無いか、と考えています。

イヴォーク 4355/1900/1635mm 1760kg 2Lターボ/240PS/34.7kg 9km/L
ガヤルド 4345/1900/1165mm 1500kg 5.2L/560PS/55.1kg
アウディTT 4190/1840/1390mm 1340kg 2Lターボ/211PS/35.7kg 13.2km/L
VWシロッコ 4255/1810/1420mm 1340kg 1.4Lターボ/160PS/24.5kg 15.4km/L
911カレラ 4435/1810/1310mm 1460kg 3.6L/345PS/39.8kg 7.5lm/L
エレメント      4300/1815/1790mm 1560kg 2.4L/160PS/22.2kg 10.6km/L

FJクルーザー   4635/1905/1840mm 1940kg 4L/276PS/38.8kg 8.4km/L
RAV 4       4365/1815/1685mm  1530kg 2.4L/170PS/22.8kg 12.6km/L
CR-V         4535/1820/1685mm 1540kg 2.4L/190PS/22.6kg 12.2km/L
プラド         4760/1885/1850mm 2160kg 4L/276PS/38.8kg 8.2km/L 
ハリアー       4735/1845/1680mm 1700kg 2.4L/160PS/22.5kg 10.6km/L
レクサスRX    4770/1885/1690mm 1950kg 3.5L/280PS/35.5kg 9.4km/L
CX-5 4540/1840/1705mm 1510kg 2L/154PS/19.9kg 17.0km/L
ムラーノ       4848/1885/1730mm 1770kg 2.5L/170PS/25.0kg 11.0km/L
BMW X1       4470/1800/1545mm 1710kg 3L/218PS/28.6kg 9.9km/L
BMW X3       4650/1880/1675mm 1850kg 3L/258PS/31.6kg 10.6km/L
AUDI Q5 4635/1900/1660mm 1870kg 2Lターボ/211PS/35.7kg 10.6km/L
ベンツML      4790/1935/1815mm 2290kg 3Lターボ/211PS/55.1kg
ティグアン 4430/1810/1710mm 1640kg 2Lターボ/179PS/28.6kg 11.6km/L
エクスプローラー 5020/2000/1805mm 2130kg 3.5L/294PS/35.2kg
クロスオーバー 4120/1790/1550mm 1440kg 1.6L/184PS/24.5kg 13.8km/L
フリーランダー2 4515/1910/1740mm 1900kg 3.2L/232PS/32.3kg 8.0km/L
チェロキー 4500/1830/1820mm 1930kg 3.7L/205PS/32.0kg 7.0km/L
グランドチェロキー 4825/1935/1785mm 2160kg 3.7L/286PS/35.4kg

関連投稿:レンジローバー・イヴォークの購入申し込み完了

a0013382_814784

一応イヴォークの申し込みが完了しました(ちょっと特殊な受注形態で、ハンコを押していないので注文した実感がない)。
月末まではグレード(ピュア、ダイナミック、プレステージ)以外の変更が効く、とのことですので、おおよそ決まってはいますが、カラー含め小さな変更が必要かどうか、検討しようと考えています。

今回、イヴォーク購入にあたっては、ミニ・クロスオーバーALL4との一騎打ちとなりましたが、結果は御存知の通りイヴォーク購入、となったわけ です。
今までの自動車購入においてここまで悩んだことは無く、双方とも方向性の違いはあれど、甲乙付けがたい車であり、当然ながら同じ方向性では語れな い車ですね。
どちらの車が優れている、そうでない、という問題でもありません。

最後の最後まで頑張っていただいたミニ宝塚の担当さん(全国No.1獲得おめでとうございます)には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、次回に恩 返しできれば、と考えています。

イヴォークはすでに申込金100万円を払ってしまったので、もう後戻りができません。
そして、あとは車がやって来るまで、ひたすら「待ち」であります。
今の予定では8月あたりに生産を行い、11月頃に納車、といったイメージですね。

仕様について、グレードは5ドアの「PURE」。オプションについては、「テクノロジーパック」とプライバシーガラス、18インチホイール、ペダ ルカバー。まさに自分 の考えるミニマムであります。
ボディ形状についてはルーフの低い3ドア(クーペ)が理想ですし、ドアの枚数で言えば3ドアでも問題はないのですが、車体の幅とドアの大きさを考 えると、現在でも苦労する場面のあるTTよりもさらに乗り降りに困ることが想像でき、実用性を考えて5ドアをチョイス。
ダイナミック、プレステージというグレードもありますが、価格が高く断念。PUREに必要最小限の装備を付けて乗ることになります。
ただし、PUREと言えどもカーナビなどを含む「テクノロジーパック」を装着すればライバル以上の装備にはなるので、とくに不便はないかと思いま す。

イヴォークの方向性については、ガヤルド同様に「白黒」。
先進的な印象を持つデザインを採用していることもあり、無機質なイメージが出せれば、と考えています。
本国にオーダーするので仕様はある程度自由に決めることが可能で、ルーフはブラックを選びました。
かなり(ホワイトルーフにするか)悩み、いくつか画像を加工して比較検討しましたが、ルーフはホイールともどもブラックにして、車体の「白」が目 立つようにしています。
ホイールは18インチ。欲を言えば19や20インチが良いのですが、かなり距離を走ることになるので、交換の際の費用を考慮。見栄えとコストとの 関係において、許容できる範囲に収めています。デザイン的には比較的エッジが立っており、かつ複雑な造形をしているのでイヴォークにはマッチして いると考えています。
ホイールとフロントグリル、サイドフェンダーブレード、リアガーニッシュは日本国内で塗装を行うので、「ダイナミック(日本仕様の5ドアには無 い)」に近い 外装になりますね。
そのため、シルバーもしくはダークシルバーの部分はほぼすべて色を塗ることになり、残るのは前後のスキッドガードのようなものですが、ここはイ ヴォークの特徴的な部分ですので、そのままの色に。
ちなみにダイナミックではドアミラーもブラックになりますが、ぼくはドアミラーについてホワイトのままとしています。
これは単に視覚的効果を狙ったもので、ボディとミラーのみを「白」にすることで、横方向の広さを強調するためであります。
なによりボディカラーを上下で色分け、という手法には一度挑戦してみたかったので、これを良い機会と考えたわけです。

他に納車後には定例のモデルネームやエンブレムの撤去。そしてブレーキキャリパーはブラックに塗装ですね。
実際に車を見た後になるかと思いますが、ボディにはアシンメトリーなストライプを入れる可能性があります(先日のジープ・グランドチェロキー”ア ロンソ/マッサ”バージョンのようなイメージですが、もう少し細い)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->レンジローバー・イヴォーク関連

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.