>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ

ポルシェ911(991)初見での印象

更新日:

a0051152_11552582

第一印象は「フロントが幅広になったなあ」ということ。
実際、フロントのトレッドが広くなっているようですね。
具体的にはフロントの左右が丸かった997(I)に比べ、フェイスリフト、モデルチェンジのたびに張り出しが大きくなっているように感じます。
エンジンの出力向上に伴い、熱対策としてエアの取り込み面積を広くする、などの理由があるのかもしれませんね。
従来のモデルでも、上位モデルほど横への張り出しが大きかったように思えるので、やはり機能的な理由があるのでしょうね。
ヘッドライトも「よりボディの外側に」配置されているような印象を受けます。
前から見ると「横長」つまりワイドに見えますので、そのぶん車の幅が広くなったように見え、視覚的な安定感が増しているように思います。



全体的には、911といえど「世代が一気に変わってしまった」、つまり996から997へスイッチしたときと同様、もしくはそれ以上に大きな変化を感じます。
大きな理由はヘッドライト形状。今までと同じ楕円ながらもバブル形状に盛り上がっており、横から見たときの表情がこれまでの911とは一変しており、ある意味「スーパーカー」っぽい雰囲気を出していると感じます。
そして、ヘッドライト内部の作りこみもより丁寧に。
また、フチにあった(内部に成型された)線も姿を消しており、そのためにフロントは非常に滑らかに、かつシンプルになったような印象を受けますね。

a0051152_12232666

サイドから見てみると、リヤクオーターウインドウが長くなっていることがわかります。
ただし、グラスエリアは広がっていないように見え、このリヤクオーターウインドウの前側つまりBピラー側はブラックアウトされていますね。
ポルシェは視認性を重視していると認識していますが、それでも(ガラスが面積が増えているのに)グラスエリアが広がっていないということは、「Bピラーが太くなっている」つまりボディ剛性が相当に向上しているのでは、と考えています。

そしてもうひとつ、このリヤクオーターウインドウの後側が「上にあがっている」こと。
ポルシェのサイドから見たデザインは「水平基調」が定石で、それはボクスターを横から見ると顕著です。
ほかの車などはフロントフェンダーが後ろに向かって上がり、その端にドアミラーが付いてそこでいったんラインが終了。その後に一段下がってサイドウインドウが始まる、といったものが多いのですね(VWはそれが顕著)。

ずっと前に、日産セドリック/グロリアのデザインをポルシェ(本体)が行ったという話と、それに関連してボクスターとセド/グロのサイドビューの類似性についての記事をエントリーしたことがありますが、とにかく「後ろ上がり」のデザインとなったことはひとつのトピックで、ポルシェの今後のデザイン的方向性を示唆するものでもあると考えています。

今回、991の場合はリヤフェンダーの拡大(20インチを収めるため)のため、そしてデザイン的な理由でこういった手法を取ったのだと思いますが、非常に力強く魅力的なリヤビューとなっていますね。

a0051152_12433560

このリヤフード兼スポイラーが非常に美しく、デザインイメージとしてはカレラGTに端を発するのだと思いますが、この部分も今後のポルシェのデザインイメージを決定付けるものかもしれませんね。
918スパイダーは当然として、ボクスターやケイマンもそうですし、予定されるパナメーラのフェイスリフト含め、このイメージに統一されてゆくのかもしれない、と考えます。
ほぼ真横から見ると今までのシルエットとの違いが顕著ですが、先ほどのリヤクオーターウインドウの「切り上がり」とともに、リヤにかけてウエッジシェイプを演出するひとつの大きな要素となっていることは間違い無いでしょうね。

より寝かせたフロントウインドウ、ヘッドライト、そしてリヤに向かって上がってゆくラインなど、今までのポルシェとは異なる手法が見られますが、それでも全体的なイメージを「ポルシェ911」として認識させますので、きっとデザインには相当に苦労したのだと思います。

反面、フロントフェンダーは従来の面影を強く残しますね。
ドアも同じだと思います。

ショウルームには、20インチタイヤ/ホイールが装着されたカレラSが展示されていますが、イヴォークと同じように「20インチありき」でデザインされたのではないか、と思えるほどのフィッティング。
20インチホイールは価格(意外と安価)を考えると、ぜひ装備しておきたいオプションですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ関連・ニュース・ネタ

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.