●その他自動車関係(欧州車)

BMWはスーパーカー市場への参入を熱望。しかしリソースが無いとのこと

2016/06/19

LINEで送る
Pocket

a0051152_19153976

BMWはがスーパーカー市場に参入したがっているようですが「リソースが無い」と困っている様子。
リソースとは開発、生産両方だと思いますが、メルセデス・ベンツがAMG GTにて参入した市場に魅力をかんじているのでしょうね。

これまでBMWは自ブランドにリソースを集中させることに専念し、色々なブランドを買収そして提携しては技術移転後に売却や解消を行ってきました。
X5などSUVを作るのにランドローバーを買収したり、M1のようにスーパーカーを作るためにランボルギーニと提携したり、という感じですね。
いずれもその後は売却や解消という形になっており、アウディのように買収したブランドのとその設備を利用してシナジー効果を出す、という考え方ではないのが特徴です(ミニ、ロールスは珍しい例外)。

スーパーカー市場は意外なほど盛り上がりを見せており、各社にとっても利益の大きな市場と言えるかもしれません。
そこでBMWはこの市場をなんとかしたいのだと思いますが、上の例でもわかるように、自社でSUVやスーパーカーを作るのは意外と難しく、自社のみのリソースでは逆に開発費用がかさむので、やはり買収が手っ取り早い手段なのだと思います。

ロータス、アストン・マーティンは現在のところ買収が可能なブランドで、しかもネームバリューなど価値が高く、かつイギリスブランドということで現在BMWが保有するミニやロールスとも整合性が良いので、このあたりを買収してBMWの資金力で復活させてくれれば、と考えたりします(アストンはメルセデス・ベンツと提携済みですが、メルセデスは買収を考えていない)。
できればロータスブランドにて、エスプリを復活させてほしいものです。

-●その他自動車関係(欧州車)
-,