●その他自動車関係(日本車) ●試乗(TEST DRIVE)

レクサスNX試乗。期待が大きすぎた反面、やや落胆を感じる結果に

2016/11/17

LINEで送る
Pocket

a0013382_205457100

レクサスNXを試乗してきました。

試乗したのはNX300h VersionLとNX200t F Sports。
スタイリング的には最近発売されたSUVの中で白眉といえ、非常に気になっていた車です。

まずはレクサスNX Fスポーツから。
価格帯そして2Lターボというところではレンジローバー・イヴォークの競合とも言えますね。

スタイリングは非常にアグレッシブで、ベースモデルのレクサスNXでも十分に攻撃的なのですが、それをさらに獰猛にした印象。
とくにフロントグリルの大きさはかなりのインパクトで、ブラックのドアミラーも思った以上に車体を引き締める効果があります。

キーは完全スマートキーになっており、エンジンをスタートさせるには乗り込んでステアリングコラムの左上(ダッシュ上)に備え付けられたスイッチを押すだけ。
スイッチを押すと、エンジンが目覚めると同時に心洗われるような音楽が流れるのですが、これは非常に良い演出だと思います。
イライラしているときでも落ち着きそうですし、これは他の自動車メーカーも取り入れて良い装備では?と考えてしまいました。

なお、シートはサポートを考慮した形状になっていますが、実際はサイドサポートが張り出しているだけでホールド性はノーマルシートと変わらないように感じます。
見た目は素晴らしいのですが、乗り降りがしにくくなっているだけのように感じられ、ここはちょっと残念ですね。
ただ、腰掛けたときに「おっ」と思うような座り心地の良さはあり、パッド入りのステアリングとともに、非常にソフトでマイルドな印象を受けます(このあたりはじつにレクサスっぽいですね)。
操作系はとくに変わったところはなく、セレクターをDへ入れ、アクセルを踏むと電気式パーキングブレーキが自動解除されるのは最近の他の車と同じ。

さっそく走り出しますが、出足や加速について、2Lということを感じさせないほど力強い走り。
ただし上り坂や追い越し加速ではちょっと不満が残るかもしれません。
Fスポーツの足回りには「パフォーマンスダンパー」、そして路面状況に応じて電子的に30段階の自動調節を行うサスペンションがついていますが、左右方向への揺れ、そして細かな突き上げが非常に気になります。

その点、イヴォークは19インチや20インチサイズのタイヤ・ホイールを装着していても見事に振動や揺れを吸収しますので、ここはイヴォークとレクサスNXとの大きな差かと思いました。

a0013382_2055289

内装については、これもイヴォークを意識しているのか樹脂製シンセティックレザーにステッチを施している部分がありますが、ステッチが微妙に曲がったりしており、ここは生産台数とともに工員の習熟度が向上するかもです。

天然皮革の部分についても質感が今ひとつで、樹脂の部分(ドアパネルの下半分など)についても質感が今ひとつ。
正直なところ、このあたりは改善を期待したいところだと思いました。

サイドウインドウには三角窓があり、イヴォークでは気になっていたこの部分の「死角」がないので安心ですね。
反面、左前方の確認がちょっと難しく、障害物の認識が困難な場合があるかもしれません(なのでコーナーセンサーは必須)。

メーターは非常にシンプルで、中央の液晶に表示される情報は非常にわかりやすいですね。
其の他アームレスト付近にはミラーが仕込んであったりして、細やかな心遣いはさすがレクサスだとは感じます。

なお、試乗中の燃費はリッター7.6キロ。

次いでNX300h。
意外だったのは、2リッター版とさほど出だしが変わらないこと。
しかしながら2リッター版ではちょっとモタついていた上りや追い越し加速などでは力強い加速を見せ、こちらは気持ちよく運転ができ、まずストレスを感じることは無いと思います。

なお、試乗中の燃費はリッター14.2キロ。2リッター版のおよそ倍の効率ですが、距離を走るのであれば、また売却時の価格など考えても、やはり頑張ってハイブリッド版(NX300h)を購入した方が良いでしょうね。

足回りについてはFスポーツのパフォーマンスダンパーとの違いはあまり感じられません。
むしろ車重の関係かハイブリッド版のほうがしっとりと落ち着いており、ステアリングフィールが良いように思いました。

レクサスというと白が選ばれることが多いと思いますが、NXに関しては、最新モデルということもあって抑揚の効いたデザインとなっており、メタリックカラーの方が似合いそうです。

展示車含めいくつかのNXを見ましたが、レッドマイカクリスタルシャインとシャイン ソニックチタニウムが非常に似合っているように思いました。

外装に関してはデザイン、仕上げともに素晴らしく、とくに前後ランプはよくできていますね。
前後のバンパーの造形も複雑かつ優美で、なかなかほかでは見ることができないもの。
唯一惜しいのはリヤワイパーで、これはイヴォークのようにリヤスポイラーに格納して欲しかったところです。

なお、展示車の一台はレッドでしたが、これはランボルギーニ・ウルスに雰囲気が似ていますね(フェンダーアーチの形状が思わせるのだと思う)。

レクサスNXには非常に期待を寄せており、場合によっては購入もありか、と考えていたのですが、現時点ではメルセデス・ベンツGLAのほうに軍配が上がりそうです(あくまでもぼくの個人的意見にて)。



-●その他自動車関係(日本車), ●試乗(TEST DRIVE)