>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

●その他自動車関係(日本車) ●試乗(TEST DRIVE)

レクサスNX試乗。期待が大きすぎた反面、やや落胆を感じる結果に

更新日:

a0013382_205457100

レクサスNXを試乗してきました。

試乗したのはNX300h VersionLとNX200t F Sports。
スタイリング的には最近発売されたSUVの中で白眉といえ、非常に気になっていた車です。

まずはレクサスNX Fスポーツから。
価格帯そして2Lターボというところではレンジローバー・イヴォークの競合とも言えますね。



スタイリングは非常にアグレッシブで、ベースモデルのレクサスNXでも十分に攻撃的なのですが、それをさらに獰猛にした印象。
とくにフロントグリルの大きさはかなりのインパクトで、ブラックのドアミラーも思った以上に車体を引き締める効果があります。

キーは完全スマートキーになっており、エンジンをスタートさせるには乗り込んでステアリングコラムの左上(ダッシュ上)に備え付けられたスイッチを押すだけ。
スイッチを押すと、エンジンが目覚めると同時に心洗われるような音楽が流れるのですが、これは非常に良い演出だと思います。
イライラしているときでも落ち着きそうですし、これは他の自動車メーカーも取り入れて良い装備では?と考えてしまいました。

なお、シートはサポートを考慮した形状になっていますが、実際はサイドサポートが張り出しているだけでホールド性はノーマルシートと変わらないように感じます。
見た目は素晴らしいのですが、乗り降りがしにくくなっているだけのように感じられ、ここはちょっと残念ですね。
ただ、腰掛けたときに「おっ」と思うような座り心地の良さはあり、パッド入りのステアリングとともに、非常にソフトでマイルドな印象を受けます(このあたりはじつにレクサスっぽいですね)。
操作系はとくに変わったところはなく、セレクターをDへ入れ、アクセルを踏むと電気式パーキングブレーキが自動解除されるのは最近の他の車と同じ。

さっそく走り出しますが、出足や加速について、2Lということを感じさせないほど力強い走り。
ただし上り坂や追い越し加速ではちょっと不満が残るかもしれません。
Fスポーツの足回りには「パフォーマンスダンパー」、そして路面状況に応じて電子的に30段階の自動調節を行うサスペンションがついていますが、左右方向への揺れ、そして細かな突き上げが非常に気になります。

その点、イヴォークは19インチや20インチサイズのタイヤ・ホイールを装着していても見事に振動や揺れを吸収しますので、ここはイヴォークとレクサスNXとの大きな差かと思いました。

a0013382_2055289

内装については、これもイヴォークを意識しているのか樹脂製シンセティックレザーにステッチを施している部分がありますが、ステッチが微妙に曲がったりしており、ここは生産台数とともに工員の習熟度が向上するかもです。

天然皮革の部分についても質感が今ひとつで、樹脂の部分(ドアパネルの下半分など)についても質感が今ひとつ。
正直なところ、このあたりは改善を期待したいところだと思いました。

サイドウインドウには三角窓があり、イヴォークでは気になっていたこの部分の「死角」がないので安心ですね。
反面、左前方の確認がちょっと難しく、障害物の認識が困難な場合があるかもしれません(なのでコーナーセンサーは必須)。

メーターは非常にシンプルで、中央の液晶に表示される情報は非常にわかりやすいですね。
其の他アームレスト付近にはミラーが仕込んであったりして、細やかな心遣いはさすがレクサスだとは感じます。

なお、試乗中の燃費はリッター7.6キロ。

次いでNX300h。
意外だったのは、2リッター版とさほど出だしが変わらないこと。
しかしながら2リッター版ではちょっとモタついていた上りや追い越し加速などでは力強い加速を見せ、こちらは気持ちよく運転ができ、まずストレスを感じることは無いと思います。

なお、試乗中の燃費はリッター14.2キロ。2リッター版のおよそ倍の効率ですが、距離を走るのであれば、また売却時の価格など考えても、やはり頑張ってハイブリッド版(NX300h)を購入した方が良いでしょうね。

足回りについてはFスポーツのパフォーマンスダンパーとの違いはあまり感じられません。
むしろ車重の関係かハイブリッド版のほうがしっとりと落ち着いており、ステアリングフィールが良いように思いました。

レクサスというと白が選ばれることが多いと思いますが、NXに関しては、最新モデルということもあって抑揚の効いたデザインとなっており、メタリックカラーの方が似合いそうです。

展示車含めいくつかのNXを見ましたが、レッドマイカクリスタルシャインとシャイン ソニックチタニウムが非常に似合っているように思いました。

外装に関してはデザイン、仕上げともに素晴らしく、とくに前後ランプはよくできていますね。
前後のバンパーの造形も複雑かつ優美で、なかなかほかでは見ることができないもの。
唯一惜しいのはリヤワイパーで、これはイヴォークのようにリヤスポイラーに格納して欲しかったところです。

なお、展示車の一台はレッドでしたが、これはランボルギーニ・ウルスに雰囲気が似ていますね(フェンダーアーチの形状が思わせるのだと思う)。

レクサスNXには非常に期待を寄せており、場合によっては購入もありか、と考えていたのですが、現時点ではメルセデス・ベンツGLAのほうに軍配が上がりそうです(あくまでもぼくの個人的意見にて)。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車), ●試乗(TEST DRIVE)

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.