>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>ミニ関連

F56ミニクーパーS(初見と試乗、インプレッション)~5

更新日:

a0013382_1151314

クロスオーバーの成功というのもひとつの参考であり、おそらくミニユーザーが既存ラインナップに見いだせなかった「快適性」「実用性」「乗り 心地」を備えたミニがクロスオーバーで、そこが成功の要因ではないかと考えられるのですね。
先に「ミニを構成する要素さえ揃えば、それはどんな形でもミニ」と記載しましたが、クロスオーバーに対する市場の反応は、まさにそれを表して いるのかもしれません。
BMWの考える「ミニを構成する要素」と市場の考える「ミニを構成する要素」はマッチしていなかった可能性があるわけですね。
人々はミニのコア・バリューを「走り」ではなく「デザイン」とみなしていたと思われ、ミニのデザインを持ち、快適で使い勝手の良いクロスオー バーは「人々が欲しかったミニ」と考えられるわけです。



クロスオーバーの成功と、クーペ・ロードスター・ペースマンの動向を見る限り、ミニは「スポーツモデルには一般への訴求力はない」と判断した のかもしれませんね。
a0013382_11511583.jpg

そのためかF56は乗り味的にはR56よりはクロスオーバーに近い、とぼくは考えています。
R56では持ち得なかった快適な乗り心地、高級感。
F56ではそういった面を強化し、BMWの考えていた「ミニ」と、市場の求める「ミニ」とのギャップを縮めることに主眼を置いたのではない か?とぼくは考えるのですね。

そしてそれらに加え、乗っていて「楽しい」と感じさせるインターフェース。
F56は、ここでライバルたちに対して排他性を持たせたと考えられます。
ミニはきっと「走る以外にも楽しさを表現できるはず」と考えたのでしょうね。
一般に自動車において「インターフェース」は軽視されがちで、多くのメーカーは機能を優先させます。
ですが、現代の工業製品、たとえばスマホでも重要なのは機能よりもインターフェースで、とくに日本においてはその傾向が強いようにも思いま す。

だからこそ他の国とは異なりアップル製品が非常に強いという特殊性が見られ、日本は「ブランド製」と「インターフェース」とが重視される市場 ではないかとぼくは考えています。
なお、なぜ日本がこの二点を重視するのかというと、自国ではこの二点を持てないからで、そのために「それを持っている」製品に強い興味を持つ のだと推測できます。

近年、BMWは「日本市場の重要さ」をひたすら強調しています。
それはiブランドでも同様で、事細かく日本のマーケットの特殊性を分析しており、仕様やマーケティングに反映させていることが報道されていま すね。

a0013382_11511583

市場から考えると中国も大きな市場ですが、「ブランド」「インターフェース」を独自開発できないという点では日本と似ており、BMWは中国市 場と日本市場との関連性も考慮しているのかもしれません(日本で成功すれば中国でも成功する、と)。
ただしこれは普及価格帯の車とは事情が異なる、ミニのような「プレミアムブランド」での話で、BMWはミニやiを、利益獲得において重要なブ ランドと位置づけているのだと思います。

中国市場(普及価格帯)においてはBMWは「出遅れた」感があり、日産、トヨタ、VWに水を空けられており、これをリカバリするにはどうする か?ということをかなり考えてきたのだと、ぼくは推測しています(同じことはiにも当てはまるはずで、近日中にi3の試乗後に見解をまとめた いと思います)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ミニ関連

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.