>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>ミニ関連

F56ミニクーパーS(初見と試乗、インプレッション)~6

更新日:

a0013382_17495775

すこし話が逸れましたが、とにかくF56は市場とユーザーを徹底分析し、「ユーザーが求めているもの」を作ること、そして「該当ユーザーが求 める で”あろう”もの」を形にしたものだと思われます。
顕在化した需要を満たすとともに、潜在需要を開拓することも考えたわけですね。
ただし、それは「走り」というBMWが考えたものではなく、現状の分析に基づいた「ユーザーが本当に求めるであろうもの」でもあります。



しかしながらミニに対して「走り」を求めるユーザーがいることも確実で、それはオプションやJCWで対応してゆくのかもしれません。
今回は可変ダンパーなど走り系オプションがラインナップされますし、従来に比べるとJCWの発表時期がベースモデルの発表時期と近くなってお り、JCWも「ラインナップの一つ」と認識させることで選択肢を広げていると考えられます。

通常モデルは快適性や楽しさを増してより間口を拡げ、それに飽きたらない人はオプションで補完し、それでも満足しない人にはJCWがあります よ、という感じですね。

a0013382_17502353

ミニは自らが創った市場を、さらに「拡大」するための戦略をたてており、そのための「基本」がF56と考えています。
人々が「ミニをミニたらしめると考えている要素」をさらに強調して表現することで「今まで以上にミニらしいミニ」、そして「それ以上のミニ」 がF56なんじゃないか、と思うわけですね。

なので、今後登場する5ドアやクラブマン、次期クロスオーバーは、こういった考え方を反映し、「ミニらしい要素が満載の」「しかしユーザーに 対してそれぞれの使い方、楽しさを訴求できる」モデルになるだろうと期待しています。

もはや、人々が車を選ぶ基準は「機械=ハード」ではない、と思うのですね。
性能的なことを考えると、現代では技術が進歩したために実用域ではどの車も同じで、「そのメーカーでしか持ち得ない技術」というものが少なく なり、技術差も些少です。
しかしながらその車の持つイメージ、ブランドイメージ=ソフトというのは大きく差があり、そこが今の消費者が求めるところなんじゃないか、と 思うわけです。

「モノ」から「コト」という話はよくなされますが、自動車そのものよりも、自動車によってできること、体験する内容のほうが今は重要なんだと 考えています。
先に挙げたスマホも「ハードよりもソフト(アプリ、サービス)」が普及の鍵ですし、ブランドバッグや時計もそうですよね。
バッグだと質実剛健なアウトドアブランドのほうが実用的ですが、それでもいわゆる高級ブランドのバッグは人気です。
腕時計でも実用だとデジタル時計が優れていると思いますが、なぜわざわざ機械式腕時計を買うのか?ということです。
a0013382_17502353.jpg

そこでぼくらが求めるのは実用性一点だけではなく、ブランドの持つイメージ、それを共有する満足感などを求めているからなんだと思います。
その他、他人にアピールしたい、自己表現の手段など、色々な要望があるはずです。
だからこそ、世間にはいろいろなブランド、価格帯の製品があり、うまく共存できているのでしょうね。

自動車は本来「機械」として捉えられてきましたが、機械としては成熟期を迎えているので、ここからは「ブランド」の持つ価値で勝負する必要が 出てくると考えられます。
昔は「壊れずに走る」という基準で選ばれた時代もあったかもしれませんが、今はどのメーカーでも壊れずに走り、燃費もよく、高速走行性にも不 満はありません。
一定の基準が消費者の求めるレベルを満たしてしまったので、それ以上の機械的レベルを追求しても消費者が「ついてこれなくなる」可能性がある わけですね。

よくメーカー側の心理で「いいものを作れば売れる」というものがあり、家電でも天井知らずにスペックがインフレしますが、一定以上の機能にな ると消費者はそれを求めなくなるので、その段階を超えると「シンプルなものが売れる」現象が発生します。
今の市場では、メーカーがけん引するのではなく、消費者が主導権を握っていると言えます。
技術が発展している段階、モノが無い段階では「メーカー主導」で市場が形成されるのですが、技術が一般化するとそこからは技術以外の差別化が 必要なのですね。
それが「ブランド価値」と言えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ミニ関連

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.