>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>BMW i3

BMW i3について(2015/4~)

更新日:

20036945459_a39a6b229a_o

ポルシェ・ボクスター(981)の後継として購入したBMW i3。
レンジエクステンダー付きでボディカラーはローレル・グレイ。

BMW i3はEVですが、「EVが欲しかった」わけではなく、i3のコンセプトに惹かれて購入した(その中にEVという要素が含まれていた)ということが購入の理由です。
そのために日産リーフや三菱アイミーブは競合せず、むしろメルセデス・ベンツGLA、ミニクーパーS、VWゴルフRなど、毛色の変わったガソリン車とあわせて検討され、結果として購入に至ることに。



i3はぼくのような珍車好きからすると非常に魅力的な車であり、そのなんとも言えないスタイリング、19インチと直径が大きいのに細いタイヤ、カーボンファイバーのパッセンジャー・セル、観音開きのドア、チープシックな内装、という明らかに「既存自動車のヒエラルキー」から脱した車でということで興味をそそられるわけです。

20035519010_1dca293880_o

BMW i3は小さく、そして電気自動車でありますが、別に貧乏臭くもなく、高いのか安いのか高級なのかそうでないのかわからない、というところがあり、まさに腕時計で言うとスウォッチのような立ち位置だと思うのですね(もしくは、スウォッチがやはりスマート・エレクトリック・ドライブだとすると、BMW i3は新しい腕時計の概念とも言えるスマートウォッチのようなものか)。

ぼくは、こういった「よく分からない車、分類ができない車、独自のカテゴリに属する車」というのが非常に好きで、今までに乗ってきた中では日産パオ、ホンダ・エレメント、もしくはミニクーパーSがこれらに該当すると考えています。

i3は構造的に言うと、アルミのシャシーにバッテリーを敷き詰め(ドライブ・モジュール)、その上にカーボンのパッセンジャー・セル(ライフ・モジュール)を載せる、というプラモデルやスロットカーのような構造。
プラモデルで先に板状のシャシーを組み立て、その上に内装を組み立てたバスタブのようなものを載せ、最後にボディを被せる、というあの構造とほぼ同じだと考えるとわかりやすいですね。
そのため玩具が大きくなったのがi3と言えなくもないですが、非常に簡単な構造であり(実際に構造を見るとびっくりするくらい)、しかしプロペラシャフトやトランスミッションが必要なガソリン車には採用できない構造、と言えます(センタートンネルが無いので床はフラット。そのため反対側のドアから降りる、ということも容易)。

20036965299_02d1998ec2_o

パッセンジャー・セルはカーボンファイバー製ですが、これは非常に強度が高いのでBピラーが存在しません。
これによってデザインの自由度が増し、サッシュレス・ドア、しかも観音開き、という非常に珍しい構造を持っています。

このカーボンのセルは繊維の状態で広島の東レ工場からワシントンに運ばれてシートになり、欧州のBMW工場に運ばれて成形され組み立てられる、という工程を経ています。
日本の場合は、さらに欧州から日本へ車体を輸入しているので、まさに「世界一周して戻ってきた」とも言えますね。
欧州の工場では、工場の電力100%を風力発電で担うなど、クリーン・エネルギーに徹底していることも特徴で、BMWの気合いを感じさせるところも。
室内に置いてはケナフなど再生素材を使用したり、レザーのなめしにもオリーブオイルを使用するなどのこだわりが見られ、そのためにいわゆるチープシックで、簡素ながらもデザインがそれを補っていると思います。
いわゆる、自動車らしい「メーター」がなく、かわりに液晶ディスプレイを用いているところも面白いですね。

そのため、イチからEV専用として作られたBMW i3は、既存ガソリン車のプラットフォームを流用して作られた日産リーフに比べて200kgほども軽く仕上がっており、これはバッテリー容量に制限のあるEVにとっては大きなメリットとも言えますね。
i3ほどドラスティックではないですが軽量化において今までにない手法を採用しているのはシトロエンC4で、リアウインドウの昇降を無くしたりシートの分割可倒を無くしたりというところで重量を削っており、しかしそれが「安っぽく」見えないようにしているところはi3とよく似ています。
ぼくはそういった、「何かを根本的に変える」「潔く何かを切り捨てる」手法が採用された車が大好きで、そこが「珍車好き」の面目躍如といったところかもしれません。

20197288356_d7edd6eff3_o

細かいことはBMWのスペシャルサイトで解説していますが、とにかく「けったいな」車がi3であり、「ガソリン車や、従来の車ではできないこと」を技術的・デザイン的に行っていて、そこがぼくの目には魅力的に映ったわけです。
つまり、ガソリン車の代替や、何かを我慢して乗るEVということではなく、まったく新しい乗り物として、今までの自動車に無い価値観を、それなりのコストをかけて提案してみた、というところに惹かれたのですね。

もちろん初期モノとしての不安はありますし、おそらくリセールはかなり低いと想定できますが、きっと何か得るものはあるだろう、とぼくは考えています。

装着・同時購入したオプションは下記のとおりです。

ローレルグレイ 77000円
コネクテッド・ドライブ 57000円
19インチアロイホイール 428デザイン 120000円
フロントシート ヒーティング 47000円
LEDヘッドライト 103000円
ケーブルマネージャー 7452円
12ヶ月法定点検+三年BSI 45000円

なお、追々手を加えてゆく予定ですが、まず考えているものは下記の通り。

・デイライトコーディング
・ボディコーティング
・ウインドウフィルム施工
・ホイールペイント(ツートンカラー)
・スピーカー取り付け

i3関連の記事は試乗から購入、その後までこちらにまとめています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->BMW i3

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.