>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 今回はドバイにある「スーパーカーディーラー」を紹介したいと思う。 ドバイといえばスーパーカー、スーパーカーといえばドバイだ。 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 聞けばドバイにはとんでもない数のスーパーカー、そして日頃目にす ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費について述べてみたいと思う。 ボクはこれまで、ポルシェと名のつくクルマを3台、そしてランボルギーニを2台乗りついできた。 はじめてポルシェを購入したのは2002年で、最初のランボルギーニは2009年の納車 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい イタリアにある「ランボルギーニ・ミュージアム」へ行ってきた。 ボクはランボルギーニ・ガヤルドLP560-4、そしてウラカンと乗り継いでいるが、今にいたるまでランボルギーニの工場や、ミュージアムを訪れたことはなかった。 理由は簡単だ。猫で ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた ボクがドバイに行ったときの話をしようと思う。 街なかを走るスーパーカーたち、とんでもない希少車がずらりと並ぶエキゾチックカーディーラー、体育館のように大きなランボルギーニの新しいショールームなど、語りたいことは山のようにあるが、今回ここで触れるの ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を担当することになりました「JUN MASUDA」です。 「はじめまして」以外の方もいらっしゃるかもしれず・・・、というのも、私は「Life in the FAST LANE.(http://intensive911.com ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂魚涌( ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には” ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる中国・上海で ...

ReadMore

>BMW i3

BMW i3の撮影敢行。おなじみナナガン(天保山第七岸壁)にて写真を撮ってみた

2017/6/4

BMW i3の撮影のため大阪の自動車撮影スポットとして有名なナナガン(大阪・天保山、第七岸壁)へ。 ここでは以前にランボルギーニ・ウラカンの撮影を行なっていますが、今回はi3の撮影ということに。 相変わらず多くの人が撮影に訪れており、今日はトヨタ・プリウス、ホンダ・オデッセイの一団が見られたほか、多くのスポーツカーやカスタムカーが集合しています。 関連投稿 ランボルギーニ・ウラカン撮影。ナナガンにて夕暮れ時を狙って写真を撮ってみた こちらもオススメ、関連投稿【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらため ...

ReadMore



>BMW i3

BMW i3について(2015/4~)

更新日:

20036945459_a39a6b229a_o

ポルシェ・ボクスター(981)の後継として購入したBMW i3。
レンジエクステンダー付きでボディカラーはローレル・グレイ。

BMW i3はEVですが、「EVが欲しかった」わけではなく、i3のコンセプトに惹かれて購入した(その中にEVという要素が含まれていた)ということが購入の理由です。
そのために日産リーフや三菱アイミーブは競合せず、むしろメルセデス・ベンツGLA、ミニクーパーS、VWゴルフRなど、毛色の変わったガソリン車とあわせて検討され、結果として購入に至ることに。

i3はぼくのような珍車好きからすると非常に魅力的な車であり、そのなんとも言えないスタイリング、19インチと直径が大きいのに細いタイヤ、カーボンファイバーのパッセンジャー・セル、観音開きのドア、チープシックな内装、という明らかに「既存自動車のヒエラルキー」から脱した車でということで興味をそそられるわけです。

20035519010_1dca293880_o

BMW i3は小さく、そして電気自動車でありますが、別に貧乏臭くもなく、高いのか安いのか高級なのかそうでないのかわからない、というところがあり、まさに腕時計で言うとスウォッチのような立ち位置だと思うのですね(もしくは、スウォッチがやはりスマート・エレクトリック・ドライブだとすると、BMW i3は新しい腕時計の概念とも言えるスマートウォッチのようなものか)。

ぼくは、こういった「よく分からない車、分類ができない車、独自のカテゴリに属する車」というのが非常に好きで、今までに乗ってきた中では日産パオ、ホンダ・エレメント、もしくはミニクーパーSがこれらに該当すると考えています。

i3は構造的に言うと、アルミのシャシーにバッテリーを敷き詰め(ドライブ・モジュール)、その上にカーボンのパッセンジャー・セル(ライフ・モジュール)を載せる、というプラモデルやスロットカーのような構造。
プラモデルで先に板状のシャシーを組み立て、その上に内装を組み立てたバスタブのようなものを載せ、最後にボディを被せる、というあの構造とほぼ同じだと考えるとわかりやすいですね。
そのため玩具が大きくなったのがi3と言えなくもないですが、非常に簡単な構造であり(実際に構造を見るとびっくりするくらい)、しかしプロペラシャフトやトランスミッションが必要なガソリン車には採用できない構造、と言えます(センタートンネルが無いので床はフラット。そのため反対側のドアから降りる、ということも容易)。

20036965299_02d1998ec2_o

パッセンジャー・セルはカーボンファイバー製ですが、これは非常に強度が高いのでBピラーが存在しません。
これによってデザインの自由度が増し、サッシュレス・ドア、しかも観音開き、という非常に珍しい構造を持っています。

このカーボンのセルは繊維の状態で広島の東レ工場からワシントンに運ばれてシートになり、欧州のBMW工場に運ばれて成形され組み立てられる、という工程を経ています。
日本の場合は、さらに欧州から日本へ車体を輸入しているので、まさに「世界一周して戻ってきた」とも言えますね。
欧州の工場では、工場の電力100%を風力発電で担うなど、クリーン・エネルギーに徹底していることも特徴で、BMWの気合いを感じさせるところも。
室内に置いてはケナフなど再生素材を使用したり、レザーのなめしにもオリーブオイルを使用するなどのこだわりが見られ、そのためにいわゆるチープシックで、簡素ながらもデザインがそれを補っていると思います。
いわゆる、自動車らしい「メーター」がなく、かわりに液晶ディスプレイを用いているところも面白いですね。

そのため、イチからEV専用として作られたBMW i3は、既存ガソリン車のプラットフォームを流用して作られた日産リーフに比べて200kgほども軽く仕上がっており、これはバッテリー容量に制限のあるEVにとっては大きなメリットとも言えますね。
i3ほどドラスティックではないですが軽量化において今までにない手法を採用しているのはシトロエンC4で、リアウインドウの昇降を無くしたりシートの分割可倒を無くしたりというところで重量を削っており、しかしそれが「安っぽく」見えないようにしているところはi3とよく似ています。
ぼくはそういった、「何かを根本的に変える」「潔く何かを切り捨てる」手法が採用された車が大好きで、そこが「珍車好き」の面目躍如といったところかもしれません。

20197288356_d7edd6eff3_o

細かいことはBMWのスペシャルサイトで解説していますが、とにかく「けったいな」車がi3であり、「ガソリン車や、従来の車ではできないこと」を技術的・デザイン的に行っていて、そこがぼくの目には魅力的に映ったわけです。
つまり、ガソリン車の代替や、何かを我慢して乗るEVということではなく、まったく新しい乗り物として、今までの自動車に無い価値観を、それなりのコストをかけて提案してみた、というところに惹かれたのですね。

もちろん初期モノとしての不安はありますし、おそらくリセールはかなり低いと想定できますが、きっと何か得るものはあるだろう、とぼくは考えています。

装着・同時購入したオプションは下記のとおりです。

ローレルグレイ 77000円
コネクテッド・ドライブ 57000円
19インチアロイホイール 428デザイン 120000円
フロントシート ヒーティング 47000円
LEDヘッドライト 103000円
ケーブルマネージャー 7452円
12ヶ月法定点検+三年BSI 45000円

なお、追々手を加えてゆく予定ですが、まず考えているものは下記の通り。

・デイライトコーディング
・ボディコーティング
・ウインドウフィルム施工
・ホイールペイント(ツートンカラー)
・スピーカー取り付け

i3関連の記事は試乗から購入、その後までこちらにまとめています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW i3

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.