トップページ






>ランボルギーニ・ガヤルド関連 >ランボルギーニ・ガヤルドの仕様/インプレッション/近況 >ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況

ランボルギーニ・ガヤルドとポルシェ911のモデルカーによる比較

2015/08/21

p1

ここで、ガヤルドLP560-4と、997Iとの比較をしてみましょう。カレラが120mm長く、145mm高く、90mm狭いですね。

p2

思ったほど差が無いような、しかし車でそれぞれ10cmほど違うのはかなり大きいような、という印象です。

p3

ガヤルドは、以前に購入を考えていたGT-Rに比べると、かなりコンパクトと言えますね。

p4

ホイールベースについてはガヤルドは(タイヤが車体の4隅にあるという印象から)思っていたよりも短く、これはフロントオーバーハングが意外と長い、ということも関係していますね。

p5

ガヤルドはフロントのマスが小さく、フロントグラスとフロントフードとの位置関係からノーズが短く見えますが、実際はフロントホイール中央からノーズ端まで1メートルちょっとあります。

p6

重量については、両者とも日本法人の公表値をベースにしています。997もそうとう軽い部類ではありますが、ガヤルドはその排気量やレイアウトの割に軽いと言えるでしょう。

p7

圧縮比については、997Iは直噴ではなくLP560-4では直噴、ということもあり設計上の差異もありますが、LP560-4の12.5:1というのはかなり高めですね。

p8

おまけにLP560-4のエンジンはロングストロークなのに高回転型(レッドゾーンは8400から)という極めて特異なエンジンでもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ・ガヤルド関連, >ランボルギーニ・ガヤルドの仕様/インプレッション/近況, >ポルシェ911カレラの仕様/インプレッション/近況