トップページ






>VWシロッコ関連

VWシロッコのカスタム〜KWローダウンスプリング(ローダウン前後の比較)

2015/08/20

まずはローダウン前の車高とツライチ度。

p4

p2

p6

p8

p3

p5

こちらはローダウン後。KWスポーツスプリングキットです。シロッコは妙に車高が高く、しかもタイヤとホイールハウスとの隙間が異常に大きいですね。これは許容値を超えている、ということで、ぼくにとっては11年ぶり、BMW Z3以来のローダウン。下げ幅はカタログ値F/-1.5、R/-2.0cm。

p1

H&Rやアイバッハはもっと下がるのですが、シロッコの最低地上高は以外と低く、12cmしか無いために、「下がりすぎた」場合を考慮して安全にKWを選択。

p2

最低地上高について、中央や、車両後部は相当に余裕があるのですが、フロントエンジン下、とくに前タイヤ左右の中間辺りがかなり低くなっており、そこがシロッコの「最低値」である12cmをマークしているわけです。

p3

さて、実際に交換前と交換後の車高を計測したところ(ホイールアーチ端とホイールの中央との距離を測定)、前4cm、後2.5cmダウン。前はカタログ値に比べるとずいぶん下がっていますね。

p4

聞くところではカタログ値の2cmしか下がらない場合もあるようで、これは車やスプリングの個体差によるものでしょうね。

p6

正直もっと下げたいというのがぼくの心情でもありますが、やはり合法的な範囲そして日常どこへでも乗ってゆくことを考えると、このあたりが限界かと思います。
参考までにH&Rは前後とも-3.5cm、アイバッハは前-1.5~2.5、後ろ-1.0~2.0cmダウン、と公式記載があります。

p7

正直もっと下げたいというのがぼくの心情でもありますが、やはり合法的な範囲そして日常どこへでも乗ってゆくことを考えると、このあたりが限界かと思います。

p8

参考までにH&Rは前後とも-3.5cm、アイバッハは前-1.5~2.5、後ろ-1.0~2.0cmダウン、と公式記載があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VWシロッコ関連