トップページ






>アウディTT関連

アウディTTのカスタム〜スピーカーの交換(フォーカル)

2015/08/15

p1

TTのスピーカーを交換。
カーオーディオのプロショップ、REVISEさんでの交換であります。
「サウンドUPプラン」という、105000円ポッキリのプランがありまして、4種のスピーカーから好きなものを選べて、インナーバッフルによる取付、デッドニング、チューニングがセットになったプランであります。

本来であれば今まで通りソースにはCDプレーヤーを選び、デジタルアウトからDAコンバータへ入力、プリアンプ(自作パッシブボリューム)からパワーアンプへ入力し、バッフルとネットワークを自作したスピーカーとホーンツイーターを鳴らす、しかもケーブルも自身で作成という段取りを取るべきではありますが、そこまで分解するとさすがに乗る時間よりもオーディオに掛ける時間が長くなってしまい、いろいろと弊害が出てくるのですね。

そして、最近ぼくが得た人生のひとつの結論として「いつも正しいと思える回答を追求する必要は無い」というものがあり、これで言えば「正しい回答」とは上記のフルコースであり、しかし場合によってはそれを追求することが必ずしも良い結果になるとは限らない、ということですね。
ある方向から見た正しい回答は、別の見地からみると「正しい」とは言えない場合もある、ということに最近やっと気づきまして、すこし人生が楽になったわけであります。

それでも音楽がぼくにとって人生のもっとも重要な要素であることには変わりがありませんが、今はやはり車よりもホーム(オーディオ)ですね。

取り付けてしばらく経ち、エージングも進んできてスピーカーの音もこなれてくると、少し全体に対する印象も変わります。
「エージング中」ということで無理矢理自分を納得させていた、いろいろな「粗」が見えてくるわけですね。

まずはアンプの非力さ。
これはもちろんスピーカーではなくヘッドユニットの問題ではありますが、純正スピーカーではわからなかった力不足がスピーカー交換後にあらわになってきたわけです。
音量を上げるとかなり音が割れてしまいますので、今のところあまり音量を上げることができません。
そのためチューニングも「ほどほどの音量」で聴くことを前提に行うことになりそうです。

ジミ・ヘンドリックスは音量によるアンプのディストーションまで考慮に入れたプレイを行っていたと言われますが、オーディオもそれと同様、「どのボリュームで聴くのか」ということから決めてチューニングしないと、音量が意図した範囲を逸脱した場合に無理が出ますし、そもそも普段聴かないような音量でチューニングを行っても意味が無いわけです。

このスピーカーについては、比較的早い段階から音の変化が見られ、10時間程度でもけっこう音が変わるようです。
エージングに関し、ぼくは自分の使用する環境で、自分の聴く音楽をもって、自分の好むボリュームで行うことを徹底しています。
「鳴らせば良い」というものではなくて、その変化を見ながらじっくり聴くことが重要だと思うのですね。

同様に車の慣らし運転にしても漫然と距離を走れば良い、というものではなくて、その車との対話によって自分が慣れることも含め、しっかりと自分の手で、ちゃんと走り込むことが大切だと考えています。

要は気持ちの問題ですが、そうすることで、きっとモノも応えてくれるだろう、と信じているわけです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディTT関連