トップページ






>アウディTT関連

アウディTTのメンテナンス〜レザーシートの手入れについて

2017/08/22

p1

アウディTTのシート清掃。
ぼくのTTのシートはベージュ革ですが、やはり汚れが気になりますよね。
そんなわけで、年に1回ほどシートを洗うようにしています。
文字通り「洗う」わけですが、スポンジに台所用洗剤と水をしみ込ませてガシガシ洗います。

p2-1

洗ったあとは、グリオズ・ガレージの皮革用ケミカルでメンテナンス終了。
あとは乾燥させておしまいです。
乾燥させることまでを考えると、やはり気温の高い時期で、かつ太陽の出ている日が最適ですね。


関連投稿:アウディTTのメンテナンス〜洗車(微妙に飛び石傷が気になる)

p1

TT洗車。ずいぶん冷えるようになりましたが、TTはブレーキパッドのダストが多く、けっこう車が汚れるので、マメに洗っています。
洗車していてふと気付きましたが、TTはその暗めのレッド、というボディカラーのせいか、洗車中に虫が寄ってこないような気がします。
今までの黄色や緑と言った車であれば洗車中に虫がたかるかのような勢いで寄ってきましたが、TTはほぼ皆無。

気になるのは飛び石傷で、他の車に比べて、傷が付きやすいように思います。今回は2か所ほど傷が見られ、補修しています。バンパーの傷は気になりませんが、ボンネットに点いた飛び石傷を見るとちょっとブルーになります。
TTは正面から見るとボンネット先端が盛り上がっているように見えることもあり、そのぶん飛び石も受けやすいのでしょうね。

関連投稿:アウディTTのメンテナンス〜洗車と雑感

p2-1

TT洗車しました。今年の予定を考えると、おそらく本年最後の洗車になると思われます。
TT購入後、5か月9000kmを走りましたが、今のところ何事もなく過ぎています。

不思議なことに車との相性、というのがあるもので、シロッコの場合は購入してすぐ当てられたり、落下物を踏んだり、売却時まで色々とあったわけですが、ある意味そのような「不運」な車はぼくにとってはじめてでした。
その点TTは「まったく」何事も無いわけです。

ぼくにとってはじめてのアウディ車ですが、シロッコでインターフェースに慣れていたこと、同じグループのガヤルドを保有しているため、とくに違和感なく馴染めています。

TTの全幅は1840ミリとかなり広い部類ですが、長さが4190と短いので、さほど困る場面に遭遇したことはありません。むしろ、購入前に予想していたよりもコンパクトである、という印象があります。

動力性能、快適性など車に関わる評価項目全般についても予想していたのと同じか、それよりも上で、非常に満足度の高い車と言えます。

唯一予想外だったのはブレーキダストの多さ。
シロッコでは「ほとんど」出なかったのに、同じグループであるにもかかわらず、TTでは大量に出てきますね。
先日ホイールを純正のシルバーに(スタッドレスへ交換のため)戻しましたが、あまりにブレーキダストが目立つので、ボディがさほど汚れていなくても、ホイールの汚れが目につくようになるために洗車頻度が上がっています。

関連投稿:アウディTTのレザーシートを洗ってみる

a0013382_7285592

アウディTTのシート清掃。
ぼくのTTのシートはベージュ革ですが、やはり汚れが気になりますよね。
そんなわけで、年に1回ほどシートを洗うようにしています。
文字通り「洗う」わけですが、スポンジに台所用洗剤と水をしみ込ませてガシガシ洗います。

洗ったあとは、グリオズ・ガレージの皮革用ケミカルでメンテナンス終了。
あとは乾燥させておしまいです。
乾燥させることまでを考えると、やはり気温の高い時期で、かつ太陽の出ている日が最適ですね。

a0013382_729520

関連投稿:アウディTTのフロアマットを洗ってみる

a0013382_839078 (1)

TTのマットを洗浄。水を撒いたマットの上に台所用洗剤を垂らし、あとはとにかくタワシで擦るのみ。

かなりきれいになりますが、運転席側の靴のかかとが当たる部分の繊維が潰れてしまっていますね。

a0013382_8395698 (1)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディTT関連