トップページ






>VWシロッコ関連

VWシロッコのメンテナンス〜洗車(ストライプもクリーニング)

2015/08/15

p1

梅雨の合間にシロッコを洗車。
割と飛び石傷が増えてきたので、その補修を行いました。
ストライプにも飛び石が結構あり、タッチペンでストライプの飛び石傷も補修しています。
ストライプは「カッティングシート」ですので、カッティングシートの上から直接タッチペンを塗ることになりますが、タッチペンのハケは「大きすぎる」ので、面相筆に塗料を取り、補修しています(面相筆が無ければ、ティッシュペーパーをねじって先を尖らせ、筆状にしたその先に塗料を取ればOK)。
VWエンブレムにも飛び石傷があったので、それもあわせて補修。

p2

ストライプそのものについても、「水垢」がついていますので、きれいに磨きます。
ぼくはもう7年ほど色々な車にストライプを貼っていますが、ストライプはその上からコーティングしていようがいまいが、経験上必ず水垢がつきますので、定期的な手入れが必要です。
ぼくの使用環境では、だいたい年に2回ほど磨く、といった感じです。

p3

ストライプの見た目がきれいでも、実際に磨くとウエスがかなり汚れます。
ストライプは見た目目立って格好良いですが、それ相応のメンテナンスが必要ですね。
汚れはともかく、飛び石があったときの補修が難しく、そのためにメーカー純正では(飛び石傷の目立ちやすい)バンパーまで入るストライプが無いのかもですね。

p4

ストライプのクリーニングに使用するのは、MAXさんでのコーティングの際にいただく「メンテナンスキット」に含まれるクリーナー。
けっこう色々な汚れに対応してくれるので、重宝しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VWシロッコ関連