トップページ






>アウディTT関連

27,000個のチョコレートを貼り付けた新型アウディTT。一日3個食べても25年

2017/08/22

ベルギーにて、表面にびっしりとチョコレートを貼り付けたアウディTT(新型、2015年モデル)が作成され、アウディ・ベルギーにて展示中。
チョコレートはJoost Arijsによるものでその数27000個。
もちろん「ベルギーチョコ」ということになりますが、なんとも美味しそうなデコレーションですね。

チョコレートはぼくの大好物なのですが、27000個というと1日に3個食べたとしても25年は持つ計算。
アウディTTよりもチョコレートの方に魅力を感じてしまいそうです。

関連投稿:「第三のアウディTT」はクロスオーバーになる模様

a0013382_915332

アウディTTはバリエーションを拡大し、現在のTTクーペ、TTロードスター以外にも新たなバリエーションが追加される、というのはすでに公言されています。

その「第三のTT」については、シューティングブレーク、もしくは5ドア、もしくはクロスオーバーか、と言われ様々なレンダリングが作成されてきましたが、やはり大方の予想通り、それはTTオフロード・コンセプトのようはクロスオーバーになる見込みだそうです。

TTクロスオーバーは2014年の北京モーターショーで発表されましたが、今のアウディの方向や、メインの市場と目される中国の道路には適しており、TTを拡販してゆくには有効な施策と見られます。

現在、アウディ車の多くは中国マーケットにおいて現地生産が行われていますが、TTやR8、Q7といったスポーツカテゴリ、トップレンジは本国で生産され、中国に輸入されるために関税の関係で比較的高価(約2倍位)になっています。
そのため、中国にてアウディがTTの販売を伸ばそうとすると現地生産を行う必要があり、もしかすると第三のTT、つまりクロスオーバーは中国生産されるのでは、と考えています(ただし中国で販売する分のみ)。

関連投稿:アウディが新サスペンションを公開。ショックアブソーバーの上下運動をエネルギーに変換してモーターを駆動

Electromechanical rotary damper

Electromechanical rotary damper

アウディが新しいサスペンションシステム「eROT」を公開。
電気式リカバリシステムを備えたサスペンションということで、サスペンションのストロークをエネルギーに変換し、ダイレクトにモーターにパワーを送るもしくはバッテリーへ蓄電するシステムのようですね。

同時にサスペンションの制御も行うことができ、いわばアクティブサスとしても機能するのでフラットな乗り心地に貢献。
車高調整や前後左右のレベリングにも使用できるので非常に有用なシステムと言えそうですね。

サスペンションのストロークからどれほどのエネルギーを回収できるのかは現時点で不明ですが、自動車自体は非常にロスの大きな乗り物でもあり、少しでもその動作からエネルギーを回収できるのは効率化という観点からエールを贈りたいところ。

関連投稿:アウディがポリマー+ガラス繊維採用にて1本あたり1.1kg軽いスプリングを開発中

a0051152_7305639

アウディが従来のスチール製スプリングに変わり、ガラス繊維で補強されたポリマー性スプリングを実用化する模様。
スチール製のものよりも太くはなりますが、重量は1本あたり約1.1kg軽量化できるようです。

今年の終わりには上級セダンに採用されるとのことですが、スポーツモデルについては採用の言及が無いので、まだスポーツ性を追求できる段階ではないのかもですね。

しかし1台あたり4.4kgのために相当な投資を行ったと思われますが、同じ重量を削るのであればもっと他にあるのでは?と素人的に考えてしまいます。

採用してゆく台数を考えると投資を行っても割にあうと判断した結果なのだと思いますが、サスペンションについてはスプリング+ダンパーに変わる画期的な構造ができないものか、とも同じように安易に考えてしまいますが、なかなかそれに変わるものがないので、相当に難しいのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディTT関連
-,