トップページ






>レンジローバー・イヴォーク関連

レンジローバー・イヴォーク洗車。やはりダストには悩まされる

2017/09/29

p1 (1)

イヴォーク洗車。
ボディそのものはまだまだOKという感じでも、ホイールが(ブレーキダストで)かなり汚れてしまい、洗車を余儀なくされるため、今のところこまめに洗車せざるを得ない状況です。

p2

ちなみにこのブレーキダスト、タイヤにも付着してしまい、タイヤもやや赤茶色っぽくなってしまいます。
そのため今回はタイヤにもブラシをかけ、サイドウオールに付いたブレーキダストを除去。
これだけでタイヤが結構黒い色に戻ります。

仕上げはタイヤ用のつや出し剤を使用しますが、やはりサイドウオールのダストを除去しておくと、つや出し剤のノリも違いますね。

注意すべきはつや出し剤の選択で、タイヤの保護を考えずにつや出しのみを狙ったものだと、タイやそのものを傷める可能性があります。
どういった理屈でタイヤが傷むのかはネットにたくさん情報がありますが、ダンロップのサイトには下記の記載がありますね。
「艶出し剤/保護剤はタイヤの表面に染み出して劣化を抑制する成分(老化防止剤)を落としてしまい、ひび割れの原因と成りますので、出来るだけ塗布は控えましょう。」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->レンジローバー・イヴォーク関連