トップページ






>日産パオ関連

日産パオのルームミラーを交換してみる

2017/08/22

pao-mirror-thumbnail2

ルームミラーを交換しました。初めから付いてきたミラーはステーとの接合部が割れていた為、段差を越えたり衝撃がくわわると簡単に角度が変わってしまって不便でした。

今回、近くの方に格安でパーツを譲っていただくことができ、早速交換しました。ミラー部を支える銀色のステーはビス1本で屋根に固定されているだけなので、交換は非常に簡単です。ついでに清掃も行ったのできれいになりました。

関連投稿:日産パオのフロントウインカーを交換してみる

pao-winker-change-thumbnail2

フロントウインカーを交換しました。購入時に右側のウインカーのみウインカー周辺部の黒いゴムのリングが付属していなかったのですが、ミラーと同様格安にてウインカーを譲っていただけました。

フロントウインカーはフェンダーのツメの切り欠きに沿ってに差込み右に回して固定してあるだけですが、これが相当固く、表から回して外す事が出来ませんでした。やむなくフェンダーの下側からフェンダー裏側に手を入れ、ウインカーASSYを回して外しました。また、ウインカーを元にもどす際も外側から回すのは困難なので同じように裏側から手を入れて回し、固定してあります。

関連投稿:日産パオにフォグランプを取り付けてみる

以前から純正のフォグランプキットを探していましたが、高価なためなかなか購入できません。たまたま純正のフォグランプステーのみを格安で入手できたので、純正以外のフォグランプを使用してフロントフォグランプを取り付けてみました。

入手したそのままではサビが酷くて使い物にならないので、サビや飛び石キズをサンドペーパーで落とします。

pao-fog2-thumbnail2

全体のサビキズやを落とした後にブレーキダストクリーナーで脱脂を行います。
こちらが塗装後です。バンパーよりやや濃い目、日産純正の「ソニックシルバー」で塗装しました。パオのバンパーと質感を合わすために表面に艶消しクリヤーを吹きつけました。

pao-fog3-thumbnail2

フォグランプステーをバンパーに取り付けたところです。バンパーにはボルト4本(左右2本づつ)で取り付けます。

pao-fog-5-thumbnail2

そしてこちらがフォグランプ仮合わせ後。ランクルの純正フォグランプ(中古)なので、かなり大きいですが表情が変わります。ハーネスを手に入れていないので、まだ実際には取り付けてはいません。

pao-fog-6-thumbnail2

関連投稿:日産パオのサイドバイザーを外してみる

pao-visor417-thumbnail2

購入した時点でぼくのパオにはサイドバイザーが付いていました。しかし高速走行時の風切音がうるさく気になっていたので外してしまいました。

バイザーの取り付け、取り外しは室内側のウエザーストリップ(ゴム)を引っ張ってずらし、ドア(の鉄板部分)とウエザーストリップとの間にサイドバイザーの留め具を引っ掛ける、または取り外す形になります。外してしまうと、ずいぶんすっきり見えます。

関連投稿:日産パオのリア/サイドウインドウにフィルムを貼ってみる

pao-film3-thumbnail2

パオのガラスには着色されていません。そこがパオの良いところでもあり、デザイナーがこだわった部分ではあると思うのですが、直射日光を浴びると車内が相当に暑くなります。そこで、リヤ、リヤクオーターウインドウにフィルムを貼ってみました。

パオの雰囲気を損なわないように、と色はあれこれ悩んだ結果、ミラー(シルバー)を選びました。パオのリヤウインドウ、リヤクオーターウインドウは室内側からナットとビスで留められているだけなので簡単に外すことが出来(重いですが)、フィルムを貼るのも簡単です。

pao-rearfilm-thumbnail2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->日産パオ関連