トップページ






>日産パオ関連

日産パオを車検に出してみる。その費用など

2017/08/22

pao-index-thumbnail2

購入した時にはまだ半年も残っていると思っていた車検ですが、気が付けば車検切れが近づいてきました。ディーラー車検、格安車検など迷いましたが、結局はいつも会社で利用している整備工場へお願いしました。できれば長く乗りたいので、できるかぎり悪い部分は交換したいのできっちり点検してほしいと思う気持ちがあったのですが、ディーラーではやはり基本工賃が高くつくだろうと思い、しかしながら街の整備工場であればそのあたりの融通が利き、しかも安くリビルトパーツを使ってうまく修理してくれるだろうと思いました。

車検に出すときには予めマフラーが破れていて簡単な補修を行っている事、2箇所からエンジンオイル漏れがある事、エアコンを作動させるとベルトもしくはベアリングが鳴く事、その他各部ベルトが鳴く事、ブレーキパッドが残り少ない(ゴリゴリ)と音がする事を伝えました。その整備工場の常連さんの中にはパオに乗っている方が二人、Be-1に乗っている方が一人いらっしゃるので日産パイクカーの泣き所は大体わかっているそうです。それらの不具合項目を事前に伝え、点検に出しました。そして実際に分解・点検してみたところ、

1・リヤのブレーキパッドが残りほとんど無し
2・マフラーはサビて崩れてしまい、修復不可能
3・エアコンはコンプレッサー本体が破損
4・ラジエターのアッパーホースが硬化している
5・ウオーターポンプの交換暦なし
と、なかなかの惨状です。もちろんこれらは修理を行う予定ですが、問題は2・マフラー、3・コンプレッサー です。マフラーは現在日産では入手が不可能、かつパオのマフラーは薄いので溶接が不可能だそうです。現在中古部品を探していますが、もし無ければフランジと鉄パイプで製作することになりそうです。コンプレッサーも同じくリビルトを創作中。

車検から戻ってきました(2003.5.21)
結局、マフラーは中古部品でもそのうち同じようにサビてくることが予想されるので中古部品を探さず、新品を手配しました。ウオーターポンプは分解・洗浄してもらったところまだまだ十分に使えそうであったので交換せずにおきました。オイル漏れは今回はエンジン周りの洗浄のみで済ませ、オイルが漏れる量やペースも全く変わらないので(悪化する気配が無い。新車で購入したBMW Z3の方がよほど漏れている・・・)大したことは無いと思い放置しています。その他気になる部分はすべてチェックしてもらい、とりあえず替えるパーツは替えてしまったので、気分的にもずいぶんすっきりしました。マフラーを交換したために排気漏れが無くなり、アイドリング、走行時ともにとても静かになりました。信号停車時などエンジンが止まっていないか心配になるときがある位です。ある程度の背圧を得られるようになったので低速時のトルクが向上しています。

検査整備費用 28000円
検査登録代行 13500円
重量税 25200円
自賠責(24ヶ月) 27630円
印紙代 1400円
Fドライブシャフトブーツ 1100X2 2200円
バンド160円X2 320円
バンド130円X2 260円
ジョイントグリス 800円X2 1600円
エアーエレメント 1220円
ラジエターアッパーホース 1600円
ラジエターロワーホース 1910円
マフラーASSY 25200円 
マフラー交換工賃4000円
12V10W球 140円
クーラント入れ替え/ラジエターエアー抜き 800円X2 1600円
ラジエター周り工賃 3500円
エンジンオイル・エレメント入れ替え 持込のため無料
エアコンコンプレッサー 35000円
R12クーラーガス 3300円X3 9900円
エアコン周り工賃 3500円
Rブレーキシュー 1070円
カップキット 400円X4 1600円
ブレーキエアー抜き一式 無料
エンジン・シャーシ洗浄 2000円
計202350円
消費税7406円
値引き9756円
合計200000円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->日産パオ関連