>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>ホンダ・エレメント関連

過去ログ:ホンダ・エレメント(メンテナンス、インプレッションなど)

更新日:

ホンダ・エレメントのメンテナンスについて

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202015-07-022021.02.12E381AEE382B3E38394E383BC-thumbnail2

ホンダ・エレメントのインプレッション~フロント

element-2-thumbnail2

前影投影面積に対して、ヘッドライトが小さいです。さらに「意図的に」ヘッドライトを窪ませているので、さらに小さく見えます。樹脂部分が多く、飛び石キズがあまり気にならないのも良いですね。グリル、アンダーガード部はシルバー色となり、微妙なアクセントになっています。
ホイールは16インチサイズのアルミ製が標準です。ホイールの重量は、ホンダのウエブサイトQ&Aによると、1本あたり9.29kgだそうです(PCD114.3、オフセット45、5穴。ちなみに鉄チンは10.8kg)。
フロントのオーバーハングは810mm、リアは915mm。アプローチアングルは26度、デパーチャーアングルは22度、ランプブレークオーバーハングは16度。
エレメントの全幅は1815mm、しかしながらこの数値は箱型ボディの端から端までなので、ドアミラーを含みません。ミラーはかなり大きく、ミラーを入れるとかなりの幅になりそうです。最近はキャビン上部を(上方向に)絞り込んだ車も多く、そういった車たちはドアミラーの付け根がやや内側に入っていますので、ミラーを入れた全幅とボディのみの全幅がそんなに変わらないことがあります。

ホンダ・エレメントの全体的な印象

ele-tail-thumbnail2

全体としては、やはり「クラディング」と呼ばれる新開発樹脂パーツがインパクト大です。この樹脂パーツと塗装されたパネルとの組み合わせが、一種独特の雰囲気を醸し出しています。この部分にはメタリックの粒子のようなものが練りこまれているので、あまり安っぽくもありません(高級感もないですが)。全長はこの手の車としてはやや短く、しかも塗装された面積が少ない為に、見た目の印象としては「意外と小さい」と感じることがあります。実際のサイズは4300X1815X1790mm。車としては他の何にも似ていない、独自の価値観を持った車です。比べられる存在が無い、という意味ではとなりにどのような車が並んでも恥ずかしくはないですし、所有する楽しみがある車だと思います。
現代の流麗なSUV(ムラーノ、ハリアーなど)が増えた環境では、エレメントのスタイルは異彩を放っています。となりにそういった車が並んでも、とても同じようなカテゴリの車とは思えないほどエレメントは浮いています。ムラーノの下位グレードよりもすこし安く、ハリアーの下位グレードよりもすこし高い価格帯に位置するエレメント。しかしながらわざわざエレメントを選ぶだけの理由を持っている車だと思います。

ホンダ・エレメントのキーについて

ele-key5-thumbnail2

キーは割と普通のタイプ。従来の国産車のキーに比べ、少しだけ溝が複雑になっています。キーレスエントリーのリモコンは別体式。ちょっとかさばるので、できればキーとリモコンを一体にまとめてほしかったと思います。キーはある意味その車の象徴でもあり、オーナーの満足心をくすぐるものでなければならないと思います。そういった意味では、国産車(厳密にはエレメントは輸入車)全体に言えることですが、もう少しコストをかけてほしい部分です。

キーは電波式です。受光部に向けてボタンを押さないと反応しない赤外線式とは異なり、リモコンをポケットに入れていても、壁を通してでも作動するので便利です。
ちなみに04年9月にフェイスリフトを受けたCR-Vのキーはリモコン一体式になっていますね。キーヘッドの形も格好良くなっています。車のキーはいろいろありますが、個人的に好きなのはアルファ・ロメオ156のキー(赤いヤツ)でした。メルセデスやアウディ、VWのポップアップ式キーも良いですね。

ホンダ・エレメントのインプレッション~装備について

ele-head-thumbnail2

ディスチャージヘッドランプ、イモビライザー、電動ミラー、キーレスエントリー、などひととおりの装備は揃います。内装は簡素ですが、それは意図されたものであって安っぽさは(あまり)感じません。サイド・リヤウインドウ合計5面は標準でプライバシーガラスとなっています。ちなみにスピーカーは装着されているもののオーディオはレス仕様です。エレメントは1グレードのみ(北米では5MTやFFがある)の展開となります。同価格帯の車から比べると明らかに装備はプアですが、それは輸入車ゆえの問題(輸入コストが上乗せされている)かと思います。ハリアーやムラーノは価格が近いですが、向こうは高級車色が強く、傍から見ると同じくらいの価格とは思えないかもしれませんね。しかしながらエレメントにはエレメントにしかない美点が数多くあり、単純な比較はナンセンスです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ・エレメント関連

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.